モクズガニはズガニといわれることがあります

November 27 [Fri], 2015, 14:27
モクズガニはズガニといわれることがあります。


正式名称はモクズガニの方です。


モクズガニというと思い当たる人も多いかも知れません。


この蟹は河川で生息しており、毛の生えた鋏がトレードマークです。


手のひらより一回り小さな甲羅を持ちますが、にもか変らず、脚が長いことが特徴です。


専らお味噌汁や炊き込み食事として、たくさんの人に愛されています。


蟹通販を利用すれば、自宅にいながらにして各種のタイプの蟹を取り寄せることが可能です。


蟹通販は大変便利なので私もよく利用しています。


ですが、便利になった反面、蟹通販の業者もネットで検索すれば沢山出てくるようになったので、気を付けて選ばないと「ハズレ」を引いてしまいます。


何より大切な「新鮮さ」を外さないためには、キーワードは「産地直送」。


産地直送の業者を選んで利用しましょう。


蟹通販のカナメは業者の選定に尽きます。


業者によって、味わいは大きくちがうものになるのですから。


蟹通販にもデメリット(人は時に目を反らしたがるものですが、後悔しないためにもしっかりと目を向けた方がいいですね)があります。


それは何かというと、購入時の事前情報が写真や文章しかないことが真っ先に挙げられます。


店頭販売なら、身が詰まっていることも確認でき、店頭で味見ができる場合もよくあります。


それに、蟹を茹でる際の塩加減などは人によって好みが分かれますから、自分や家族にとって一番美味しいおみせを「行き付け」にすることも可能です。


通販にはない利点です。


蟹通販は確かに手軽で安価ですが、一方では沿うしたデメリット(人は時に目を反らしたがるものですが、後悔しないためにもしっかりと目を向けた方がいいですね)もあり、一長一短と言えます。


メスの間人ガニは別名セコガニです。


ある場所では、セイコガニ、香箱ガニといった呼び方もされています。


オスの場合は、カニ味噌部分も好まれますが、通常脚の身が好まれることが多く、ゆでガニにしたり、焼ガニにしたり、鍋に入れて食します。


逆に、雄より小さいセコガニは脚の身も当然少ないのですが、味噌と内子、外子のバランスがとれているため、大方は、これらの部位をボイルしたものを珍味として楽し向ことが多いです。


かには国産と外国産で、味に違いがあるのでしょうか。


タラバガニで比較すると、味はどこで獲れたものでも変わらないと認識されています。


ズワイガニは対照的です。


国産と外国産ははっきり味が異なるというのが常識になっています。


国内でも間人ガニは産地の名がブランドになるわけで、そのブランドが味を表しているのです。


そのあたりを考慮すると、当然、外国産は相当味がちがうのでしょう。


蟹は旬の贈り物としてもポピュラーです。


お知り合いや家族に、蟹をお歳暮(何を贈るのかでセンスが問われますね。


ある程度は相手のことも知っておかないと、選びづらいものです)で贈るケースも多いでしょう。


でも、気をつけてください。


水揚げの瞬間から鮮度の劣化は始まっています。


時間が経つと美味しさも損なわれてしまいますし、場合によっては、お腹を壊してしまうケースも考えられるのです。


沿うしたリスクを回避するには、通販では信用できる業者を吟味して選ぶようにしましょう。


また、相手のご家族が在宅している時間に届くように送ることが、相手に対する思いやりでもあります。


蟹通販はお得な一面が強いですが、多くの方が気にされるのは新鮮さが心配だという部分ではないでしょうか。


「通販」を誤解している人の場合、鮮度が悪いという先入観を持っている場合が多いのかも。


しかし、実際の場合、通販の蟹の鮮度が悪いということはありません。


何知ろ蟹通販の蟹は漁港からダイレクトに送られてくるのですから、スーパーなどに陳列されるまでの時間、それが売れるまでの時間を考えると、新鮮である確率(宝くじに当るよりも交通事故に遭う方が高いらしいです)はかなり高いと言えます。


ご馳走の代表格である蟹。


しかし、蟹を美味しく頂くには、正しい手順を押さえ、ちゃんとした調理をすることが大切です。


皆さんも経験があるでしょうが、蟹は基本的にゆでて食します。


そのため、蟹をうまく茹でるための方法が分かっているかどうかで全てが決まると言ってもよいでしょう。


蟹を茹でる際に、まず押さえるべきポイントは、鍋のサイズを妥協しないことです。


大きめの鍋を使い、たっぷりのお湯に蟹がまるまる浸かるようにするのです。


そのやり方ならご家庭でも失敗はないでしょう。


ちょっとでもかにに関係あり沿うな映像や写真を見るとかにを注文したくなるのは困りものです。


かに屋さんにもさまざまあってかにの種類も専門店だけあって、季節ごとに多くの取りあつかいがあります。


たくさんのおみせの中で1番いいおみせがどこで、選ぶべきかにの種類は今の季節ならどれかなど思わず頭を抱えてしまうこともあるかも知れませんね。


そもそもエラーのない選び出し方はと言うと何のことはない、キーワードは人気です。


おみせも、種類も、供に人気を集めるものが指し当たってのいいものと信じることです。


一見当たり前のことを言っているだけのようですが、真理とはいつもそんなものかも知れません。


売れ筋や人気などが一目で分かるランキングを見るのが近道です。


何度かいろんなかにを楽しむうちには舌もそれなりに肥え、ランキングに無関係な自分なりの基準が見つかったりするなど、順位にとらわれない選び方が見つかるはずです。


かに通販の中に、お得価格のポーションが多いのに気づいた方もいるでしょう。


殻をむき、中身を取り出したとして販売されています。


早い話が、むき身のかにです。


むき身の方が手軽に調理できるのは大きいですし、殻が割れたり、傷がついたりというわけあり品を加工することが多く、加工してあるのに比較的安いといった隠れた利点もあるのです。


かに購入おすすめ店ランキング
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:はやと
読者になる
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lpjdivz87165/index1_0.rdf