プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lphreymihgaerc
読者になる
2010年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
アップル「iPhone 4の受信障害は握り方の問題」 / 2010年06月26日(土)
(CNN) 24日に発売された米アップルのスマートフォン新モデル「iPhone 4」の購入者から電話機の金属部分を握ると電波の受信感度が低下するとの苦情が多数寄せられている問題で、アップルがコメントを発表した。

アップルの回答は、一言で言えばユーザーの持ち方が悪いということだ。

同社のスティーブ・ジョブズCEO(最高経営責任者)は、電子メールで「その持ち方をやめるといい」と断言しており、25日には文面がウェブ上に出回っている。

同社は公式に発表した声明文は柔和なトーンだが、「どの携帯電話でも、手で握ればアンテナの受信感度はある程度低下する」と述べたうえで、「アンテナの配置により、ある部分を握ると別の場所を握った場合よりも受信感度が落ちる場合がある」と説明している。

iPhone 4の大きな特徴の1つはそのスマートなデザインだ。本体は1つ前のモデルに比べ約25パーセント薄くなっている。この薄さを可能にした工夫のひとつが、アンテナを電話機側面の金属部分に組み込むことだった。

アップルは、受信障害の解決策として専用ケースの使用を勧めている。

アンテナの感度が低下した場合は、「端末左下の金属部分の黒い帯の両面を覆うような握り方を避けるか、あるいは多数販売されているケースのいずれかを使用」するよう推奨している。

iPhone 4は発売以来、2つのカメラ機能、高解像度ディスプレー、ガラス張りのデザインなどが高評価を得る一方、ハイテク関連のブログやウェブサイトには24日の晩までに受信感度に関する多くの苦情が寄せられた。

受信感度以外にも、ガラス製パネルに傷がつきやすいという声や、業界で最も感度が高いとされる「網膜ディスプレー」もわずか数日使用しただけで傷が付いた、などの報告がある。


【6月26日11時15分配信 CNN.co.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100626-00000006-cnn-int
 
   
Posted at 11:49/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!