石津の幸田

August 29 [Mon], 2016, 2:58
インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。その部品の接続構造により、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。
アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。


二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにパーツ同士の結合部の形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、トータルで30万円から40万円と考えてください。

地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。
また歯科医の評判によっても治療費は相当変わってくるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療に取りかかることをすすめます。



忘れないで欲しいのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。
歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。その人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。
陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。美的センスに加えて、熟練したスキルが必要不可欠です。もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、それだけ、セラミックの歯というものは一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:翔大
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる