Repetto 70th。パリジェンヌ気分の夜。

October 13 [Fri], 2017, 0:31

repetto 70th anniversary?



長い歴史を持つrepetto。


エレガントなイメージは、大人になっても女心をくすぐられる永遠の憧れ。



今日は定番となっているrepettoのバレエシューズにフレアスカートでフレンチガール気分に


バレエシューズは、スウェードのBriggite ballerina。


パテントと悩んだのですが、スウェードに。カラーもレッドと悩んだのですがブラックに、、、




どっちにしろ気に入ってたんでしょうねw




バレエシューズに合わせたのは、SACAIのフレアスカート


履いている時には褒められることも多いお気に入りの一枚です。




ペタンコの時はフレアでボリューム出すとバランス取りやすいですよ。



プリーツが波打つようにベルトで調節出来るようになっていて、気分によってドレープを変化させています。




ベーシックな黒を選んだのも長く使うことを考えて




長く使えるアイテムなら値段が高くても買う意味があるように思えるから




トップスをタートルのリブニットに変えれば秋冬用にシフト。買ってよかったなと思うアイテムの1つになりました




来日していたJean氏のスピーチでは、これまでの歴史を聞けることが出来ました。



repettoは、シューズだけじゃなくかわいいウェアにもいつも注目しています。




レッスンの時もモチベーションを上げてくれるエレガントで素敵なデザインがたくさんあるんです




そろそろ、レオタードが色あせて着たので合わせてレッグウォーマーとかもチェックしてみようかなって思ってます。


Jean氏に、ご挨拶した時に去年パリに行ったことを話すと、自分に会いに来たの?と冗談交じりに話してくれて、すごく気さくな人柄が印象的でした



私のつたない英語にもキュートな笑顔で答えてくれてすっかりファンになってしまいました。



パーティでふるまわれていた、ティエリーマルクス氏のビストロ・マルクスの限定スイーツもおいしかった



流石フランスの2つ星シェフ。


repettoの雰囲気にぴったりの見た目の可愛さはもちろん、中にマカロンみたいな濃厚なプラリネのクリームが入っていて好みでした


repetto70周年おめでとうございました


これこらも伝統のあるパリの老舗としてエスプリなパリの風を届けてもらいたいです。

p.s


パーティの後、今日は英語へ。


場違いな格好で行ったから、なんで今日は違うの?ってみんなに聞かれちゃいました。


今日は定年退職や年金の話。一気に現実に引き戻された〜w











  • URL:http://yaplog.jp/lp-k-coco/archive/424