悲しい恋なんてしたくない!!〜1〜 

January 16 [Tue], 2007, 21:32
―これは、私の運命が崩れていくきっかけだったんだよね・・・

毎日あなたが隣にいるだけで幸せだった・・・

だから私は、後悔なんてしてないよ。―




『ねぇ愛莉栖って好きな人いるの??』



『え??』




『え?! 美紅しらないのぉ〜〜愛莉栖の好きな人はね・・・渉・・・』



『ちょっと香奈!! やめてよぉぉお・・・』



『え?! 渉・・・あ分かった!!5組の渉佑でしょ!! ね?!でしょ?! そうでしょ!!!!!!!』


『あぁ〜もう!! バレちゃったじゃん・・・ そうだよ渉佑だよ・・・』


『えぇ〜なんか意外!! こんな純粋な愛莉栖があの阿呆な渉佑に思いを寄せるだなんて・・・』


―美紅、香奈違うよ・・・ 渉佑は阿呆なんかじゃない

   渉佑は私のヒーローなんだよ、もうあの時からずっと―


私はそっと目をつぶって思い出した。




幼稚園、背も低くて泣き虫な私。


友達も出来なくて、いっつも泣いてたの。

『ひっく・・・ひっくぅう・・・ママァ・・・・』

『うわっっ!!コイツまた泣いてるよ!! 『ママー』だって!! ダッセェ!!!』

『チービチィイービ!!!!!!!』


そう、完璧に私は彼等のイジメの対象になっていた。


『やめろよ!!!』


そう・・・この言葉を言ってくれたのが、渉佑だったんだ。

私の小さな心に刻み付けられたこの言葉。

もう、このときからずっと好きなの。 大好きになったの。

渉佑は忘れちゃったかな?? 覚えてるわけないよね??

けどね、私はこの一瞬の出来事がいつまでも忘れられないまま、もう何年もたっていた・・・

時間だけがすぎ気持ちだけが大きくなっていった。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lovev0u0vlove
読者になる
2007年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる