@セクシャルハラスメントについて 

2013年07月05日(金) 23時14分
 まず、このブログを立ち上げた根本的な部分です。

 パワーハラスメントをご存知ですか?
 セクシャルハラスメントもその1つと認識されているようですね。

 厚生労働省の「こころの耳」というサイトには、パワーハラスメントについてわかりやすく掲載されています。
 http://kokoro.mhlw.go.jp/power-harassment/
 ウィキペディアの「パワーハラスメントとの境界線」項目もご覧ください。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88
 ※ウィキペディアは情報の正確性100%ではありませんので、参考までに。詳細を知りたい方は一般検索や専門書籍、または専門家にご確認下さい。
 セクハラ110番様でセルフチェックも行えます。被害者、加害者、両方試してみてはいかがでしょう。
 http://110sekuhara.com/index.html


 私達独身女子が気を付けなければならないのは、自分が被害者であると訴える以上、これらを行ってはならないことです。けして加害者にならないよう、自身の言動に注意しなければなりません。
 実は自分が加害者でした、なんて恥ずかしいじゃありませんか。

 また、よく軽視されがちなのは、同性同士の場合です。
 同じ女子なら冗談で済むでしょ?ただの雑談でしょ?というのは、イジメを遊びだという人と同じです。

 こんなこと、うっかり発言していませんか?

 「結婚しないの?」「子供いないの?」
 「太った?」「痩せた?」
 「胸大きいね」「胸小さいね」

 友達同士でありがちな話題ですが、実はセクハラです。
 プライベートな時間に、気を許し合っている友人や親子間は当事者の心理問題ですが、親しくない知人、社内、同僚へ発言した場合、セクハラと取られかねません。というかセクハラですよ。 
 「親しき仲にも礼儀あり」と言いますし、まして会社内は小学校や家とは違うのです。友達と遊ぶ場所でもありません。ビジネスマナーとモラルを考えれば、自然と発言内容には気を遣うものです。

 特に、当ブログでは軽視され続ける「結婚」発言のセクシャルハラスメントについて糾弾しています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まりおん
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる