ひこうきぐも 〜小説〜 

March 22 [Sat], 2008, 21:11
  1.たとえば


もしも君と、

つながることが出来るなら、

あたしは君と、

手をつなぎたい。

君のごつごつとしたあったかい手を、

握りたい。

その大きな手で、

あたしの手を包んでほしい。。。

そんな大きな夢、叶いっこないけどね。

もしも・・・・たとえばの話。

ひこうきぐも 

March 25 [Tue], 2008, 13:08
    2.春


―――君は・・・・覚えてますか?


季節は桜が舞う頃。

私は今日、中学生になる。


「紗弥~!!」

と校門の前で私に駆け寄って来たのは、

小学校からの友達、美緒だった。

「おっはよ〜」

「それよりこれ見てよ!」

と渡されたのは、新クラス表。

そういえば、まだもらってなかった。

「ここ!」

1年3組を指さす美緒。

そこには、美緒と私の名前が書いてあった。

「あ〜!!!」

「同じクラスだねっ」

「よかった〜他に知ってる人は・・・・・・あぁっ!!」

「何!?」

「優斗が・・・・同じクラス。。。」

優斗は、小学校5・6年生と同じクラスだった。

モテルみたいだけど、あたしは友達としか見てなかった。

一回だけ・・・・好きになったことはあるけど・・・・。

「あっ、そろそろ式始まるみたいよ!」

私達は体育館の中へ入っていった。


ねぇ・・・・・

このときから、君とああなる運命だったのかな・・・・?





                  続く

あいぷち 

November 08 [Sun], 2009, 20:02
 
 
あいぷち買った
 
 
 
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さほ
読者になる
もうすぐ中Aの陸上部です(v_v)このブログでわ、恋愛小説を書いたり、あたしの恋愛話を書きたいと思ってます(>_<)
2008年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE