想いの丈 

August 25 [Fri], 2006, 3:08
…一緒に居るときよりも、独りの時のほうがより一層想いが募る。

貴方を好きだと自覚させられる。


貴方を好きで、好きで、愛しくて。



どうしようもないほど好きで困る。







きっと困らせているのだろうから。


…だから、困る。



困らせたくないのに…、迷惑をかけたくないのにかけてしまっている自分が嫌だ。





でも…、それでも好きなの。



素直に、大人しく引けないところにいるらしい。




何が・・・と問われればどう答えていいのかわからないのだけれど、貴方が好きで、どうしようもないほどに好きなんだ。





…だから、訊かなくてはいけない。



貴方は、『碧さんが何を考えているのかわからない…。』そう言ったそうね?



いったい…、何がわからない?





私の気持ち?

あの日の行動?




そんなもの…、好きだから。




それ以外にいったいどんな理由が必要なの?




好きだからこそ、貴方になら何をされてもいいと思ったんだ。



だから、あの時私は動じていなかったんだ。



まったく怖くなんて無かった。


こんな形であっても貴方の傍に居られるなら…。


そう思って私は応えたの。




…でも、貴方にはそれがわからないんでしょう……?





伝えなきゃ…。



うまく伝わらないかもしれないけれど…。



自分なりの言葉で、想いを伝えなくては。

本音 

August 19 [Sat], 2006, 20:29
彼は今何を思っているでしょうね?


私にはわからない。





貴方は私をわからないと言ったそうね。



私は、何がわからないのかがわからない。

貴方こそ、いったい何を思っているのかがわからない。



私が貴方に会いたがるのは当然でしょう?




好きだから。


だから…会いたいし、触れたい。




好き、以外に何の理由が必要?




好きだから…、貴方が好きだから。



本当に、ただそれだけなの…。




お願い…。


迷惑なら迷惑ってはっきり言って……。





貴方の口からはっきり言われたら、もう二度とこんな気持ちを押し出したりしないから。




…だから、何を思ってるのか教えてよ…。



ぶつけてよ…。




ありのままを受け止めるから…。




私にとっていいことも悪いことも全部受け止めるから……っ。

意気消沈 

August 15 [Tue], 2006, 10:22
正直、ショックかな…。


ああ書いたら、何かしら言って来ると思ってたから。






直接言えないのがあたしの悪いところなんだろうけれど…。








怖くて話せない…なんて、ただ逃げてるだけ…?



迷惑になるだろうから…と言いながら、傷付くことから逃げてるだけなのかな…?















もう一度…、せめてもう一度くらいはきちんとした形で面と向かって気持ちを伝えたい。






あんな微妙な告白ではなく、文章でもなく。


はっきりと、貴方の前で、言葉にして伝えたい。










貴方を好きだと言う気持ちを…。

訂正 

August 13 [Sun], 2006, 20:21
やっぱり嫉妬してるわ。


…あの娘に。



あの二人が仲良いことくらい知ってるのにね。





こんな自分が嫌になる。



嫉妬なんてしたってしょうがないのに。




分かっててもしてしまうのだけれど。








嗚呼…、愛しいあの人と話をしたいと望んでしまう…。













あまりにも、愚かだ。

嫌悪 

August 12 [Sat], 2006, 14:57
女の嫉妬ほど醜いものはない。






…まったく。


こんなことで嫉妬なんかしても仕方ないでしょうに。







しかも、彼女達に嫉妬してるんじゃないって言うのがなんか可笑しいね。




大して仲の良くない彼女達よりも、仲の良い彼らに嫉妬してる…なんてさ。






あー、もう嫌だ。


何でこんなことで…。



嫉妬…って言うか、羨望…なのかな。



多分羨ましいんだ。



しかも宿泊が、じゃない。



カラオケが、なんだ。






まったく、可笑しな話だね。


普通とは違うところに嫉妬してるよ。




…まぁ、一緒に居られるってだけで羨ましいんだけどね。







…会いたいなあ…。









あの人に会いたい。


…会えなくてもいいから、せめて連絡だけは…。






…とは言っても、今のあたしにはメッセしか手段がないからどうしようもないんだけどね…。






メッセ…入ってきてくれるかなあ…?



きてくれたら…、嬉しいな…。

人間不信 

August 11 [Fri], 2006, 23:28
不信なんじゃない。


誰も疑わない代わりに全てを諦めてるんだ。


だから、何も追いかけようとしない。





それでも、何かにしがみつこうとする。


なんか、矛盾してるね。





それが、今のあたし。





矛盾の塊みたいなの。


諦めてるくせに、信じたいんだ。





心の底から、信じさせてほしいと渇望してるんだ…。



矛盾が肥大し過ぎたこの心。


それを知る人々は皆私から離れた後で。




今更遅いのかもしれない。


失った人は、多い。



私のこの性格が元で、だ。




もう少し、彼らを手元に置く為の行動をとって居れば。


あるいはまだ近くに居てくれたのかもしれない。





それを出来ないのが私の悪い癖なんだ。





2006年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lovers-snow
読者になる
Yapme!一覧
読者になる