「September」 

2007年05月23日(水) 22時09分
「September」(aiko「夏服」)

タレントの優香さんがaikoのファンなのは知ってますか?
なんかの番組でaikoと優香さんが共演した時、優香さんが、
「私「September」が特に大好きなんです!」って言ったのね。
そしたらaiko、この曲をアカペラで歌い始めて。
それを聞いて優香さん感動…そして涙
そりゃ泣きもするよね。
大好きなアーティストさんが、目の前で自分の好きな歌を…。
とっても羨ましく感じたシーンでした

「いつも元気だなんて決して思ったりしないでね」
というフレーズがこの曲の歌詞の中にあるんですが、
aikoはいつも明るく振る舞ってるから「いつも元気な子」と思われがちやけど、
ホントはいつもいつも元気なわけじゃないねんで!
という気持ちを込めて書いたそうな。
そりゃそうやんなー。いっつも元気なわけがないやん!
でも、いつも元気に振る舞うaikoはやっぱり偉い!と思うのでした

「雨の日」 

2007年05月18日(金) 23時29分
「雨の日」(aiko「蝶々結び」)

私が好きなaikoのカップリング曲ベスト10ぐらいには入るかも?
歌詞、メロディーともに寂しい感じの曲。

aikoはほっといたら暗い歌ばかり書いてしまうらしい。
この「雨の日」もそんな曲たちのうちの1曲。
ある番組で、パーソナリティの人に「aikoが書く暗い歌は真実味がある」
なんて言われてましたが、なんかこの言い方は失礼なような気がします(笑)

「街」 

2007年05月13日(日) 21時37分
「街」(堂本剛「街」)

剛くんのソロシングル第1弾…だったと思います。
剛くんのキャラの方向性って、このあたりから変化してる気がします。

朝のニュースかなにかでこの曲を聴いて、
剛くんの甘い声と切ないメロディにやられてしまいました
PVも、物悲しい感じで素敵ですよ

「僕のキモチ」 

2007年05月08日(火) 22時41分
「僕のキモチ」(WaT「僕のキモチ」)

WaTのデビュー曲。
なんでこのCDを買ったのか思い出せません(笑)
でも、ウエンツ君も徹平くんも好きなコトだけは確かです。

20歳前後の男の子が作る曲にしてはピュアすぎる気もします。
悪いことではないけど

この曲をMステで歌ったとき、徹平くんが泣いたのは有名な話だよね。
aikoがこのコトをメールで話題にしていて、
「徹平くんをみて、初心を忘れないようにしようと思った」
と語っていました
徹平くん、嬉しくて嬉しくて仕方なかったんだろうね

「桃色」 

2007年05月03日(木) 23時01分
「桃色」(aiko「カブトムシ」)

「カブトムシ」のカップリング。
めちゃかわゆい曲で、アンチaikoの友達タナカちゃんでさえ、
「桃色って曲はいいと思う。可愛い。」と言っていました

歌詞の中に「桃色の汗」という言葉が出てくるんですが、
どういう汗かというと、そーいうことをした時の汗だそうな
というわけで、一聴するとポップですごく可愛らしいけど、
実はちょっとアダルティな曲なのです。

この曲は初めてディレクターに持っていった時、
「コード進行が気持ち悪い」と言われて却下されたそうな。
aikoの譲れない部分を残しつつ改良を重ねた結果、
今のCDに入っている形になったそうですよ

「サボテン」 

2007年04月30日(月) 20時45分
「サボテン」(ポルノグラフィティ「サボテン」)

この歌はインディーズ時代に作られたらしいですね。
インディーズの頃作った歌をちょっとアレンジしてシングル化したらしい。
ずっと暖めていた、大切な曲ってコトだろうね

PVのアキヒトがめちゃめちゃ可愛いと思うのは私だけですか?(笑)
ちょっと顔が疲れてる感じもするけど、目がパッチリで女の子みたい
白のセーターも、大きなマフラーもよく似合ってる(笑)
しかもこのPVのアキヒト、衣装の着方が3パターンぐらいあるんよ
セーターだけ、セーター+マフラー、セーター+コートなど…。
どれも可愛くて、とってもお気に入りのPVです

「クリスチーナ」 

2007年04月28日(土) 20時19分
「クリスチーナ」(ポルノグラフィティ「雲をも摑む民」)

高校の時のクラスメイトに、私と同じく熱狂的ポルノファンの
ヒトミちゃんという女の子がいました。
2人でよくポルノの特定の曲について語り合ったりしていたんですが、
この曲についてもヒトミちゃんと少し意見交換をしました(笑)
ヒトミちゃんは、アルバム「雲をも摑む民」を聴いて一番ビビッと来たのが
この「クリスチーナ」だったらしいです
私的には、最初聴いたときは「なんだこの曲…」と思ったので、
この曲に関してはヒトミちゃんと意見が分かれてしまいました(笑)

「クリスチーナ」というのは、この曲の主人公が愛車につけた名前。
アキヒト自身が自分の愛車に、実際に「クリスチーナ」という名前を
つけたのかどうかは知りません。
でも私は、いつか自分の車を買ったら、
きっと「クリスチーナ」という名前をつけるんだろうと思います(笑)

「クローゼット」 

2007年04月23日(月) 22時22分
「クローゼット」(aiko「秋 そばにいるよ」)

歌詞ノートの隅に書かれた「忘れないで」というフレーズを見て、
それを書いた時のコトを思い出しながら一気に書き上げた曲…
というのはaiko本からの抜粋であって、裏情報でもなんでもないです
この曲に関しては、私の中で存在感がちょっと薄め。
けど、「忘れないで」というフレーズはなんとなく印象に残っていて、
このエピソードを読んだ時、「やっぱりな」って思いました。
この曲はこのフレーズから生まれたんだね。

歌詞ノートという言葉が出てきましたが、
aikoは歌詞が先にあって、それにメロディーをつけていくタイプの
シンガーソングライターなんです。
思ったことや感じたことを歌詞ノートにメモっておいて、
それをパラパラっとめくって、そこから想像を広げて書いていくんだって
そのノートを、ちょうどこの曲がリリースされた頃、「情熱大陸」という番組に
aikoが出演した時、TV画面を通して見ました。
ごく普通のノートに、aikoの字やイラストがぎっしり詰まってました。
aikoの素敵な曲を生み出す、大切な大切なノートたち。
いつかこの目で実物を見てみたいな

「星物語」 

2007年04月18日(水) 21時03分
「星物語」(aiko「夢の中のまっすぐな道」)

アルバムの最後を飾るにふさわしい、しっとりとしたバラード。
この曲は、このアルバムのレコーディング中にできたらしい
夜中まで制作してて、帰るんがいっつも朝方になるらしいんやけど、
家に入る前にふと見上げた星空が綺麗で、そんで生まれた曲なんやって。

この曲の歌詞、歌詞カードには載ってないんです…。
私は初回盤しか持ってないので、通常盤についてはわからないんですが。
初回盤の「星物語」の歌詞を見つけられない人!
今から手順を書くので、是非見つけてあげてください

まず、ケースのカラートレイをパカッと外してください。
そして、裏ジャケのカードを取り出してくださいな。
そのカードの下端を、慎重にペリッとめくってみてください(笑)
すると…紺地に白抜きの、aiko手書きの歌詞ページが姿を現します
私は破るトコロを間違えて、カードに傷をつけてしまいました

手書きの歌詞っていうのはやっぱり趣がありますよね。
aikoはお父さんに「いつまでそんなふざけた字を書いてるんだ
と、怒られているらしいのですが、可愛い字で私は好きです(笑)

「ウェンディの薄い文字」 

2007年04月13日(金) 21時24分
「ウェンディの薄い文字」(ポルノグラフィティ「Winding Road」)

衝撃でしたね。ハルイチがボーカルと勤めると聞いたときは(笑)
どういう心境の変化だったんでしょうか…?

そう。
この曲はボーカルのアキヒトではなく、ギターのハルイチが歌ってるんです。
歌は上手いかと聞かれれば、まぁ…うまくはないと答えざるをえないかな(笑)
もっともこの曲は、難易度はかなり低めだと思うんですが。
声量もいらないし、音の高低差もほとんどないからね。

でも、この曲をファン以外の人が聴くと、
ボーカルがいつもと違う人だということすら気付かないこともあるみたいです。
私が聴くと全然違うようにしか聞こえないんだけど、
確かにアキヒトとハルイチの声って似ていると思います
その昔、メンバー3人でオールナイトニッポンのパーソナリティをしていた頃、
2人の声があまりに似てるので、聞いてて戸惑いました(笑)

ハルイチの声がとても照れくさそうに聴こえるのは私だけですか?(笑)
そもそもこの曲をアキヒトではなくハルイチが歌っているのは、
「アキヒトが歌ったのではインパクトがなさすぎるから」
だ、と雑誌のインタビュー記事で読みました。
確かに、インパクトはたっぷりです。衝撃です。
もはやアキヒトの歌う「ウェンディ」は想像すらできません(笑)
ファン以外の人も、一聴してみる価値はアリだと思いますよ

プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:hina
読者になる
*love*
(artist)
aiko
ポルノグラフィティ
コブクロ
(fashion)
Zucca
Ebony ivory

*me*
社会人1年生の23歳。
2007年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる