旧暦大みそか、花火・爆竹でケガした人は26人―北京同仁医院

February 04 [Fri], 2011, 13:59

[PR]







旧暦大みそか、花火・爆竹でケガした人は26人―北京同仁医院(Record China)

北京晨報や北京同仁医院はなんだかとても面白そうですね。
だが、河北省在住にとても惹かれました。
また気になったこととしては、旧正月については、とてもびっくりしました。
そして、新社屋は非常に素晴らしいと思います。
しかし実は、開会式と開会式について、もっと掘り下げて調べてみたいですね。

以下、記事より引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110204-00000006-rcdc-cn" target="_blank">


">http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/cn/rcdc/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110204-00000006-rcdc-cn




2011年2月3日、旧暦の大みそかを迎えた2日、花火や爆竹でケガをして北京市内の病院で治療を受けた人の数は26人に上った。北京晨報が伝えた。


【その他の写真】


大みそかの当番医を引き受けた北京同仁医院の眼科では、2日午後11時50分(現地時間、以下同じ)時点で花火や爆竹で目をケガした患者の数が26人に上った。その大半は子どもだった。患者の数が最も多かった時間帯は午後9時45分〜10時15分。



河北省在住の9歳の男の子は爆竹の破片が目に入り、地元の病院では手に負えず北京までやって来た。右目に巻かれた包帯には血がにじんでいる。検査の結果、目に入った異物を取り除くために全身麻酔の手術が必要と診断された。



最も重傷だったのはやはり河北省から来た12歳の男の子。左手は黒く焼け焦げ、左目には包帯が巻かれている。検査の結果、目の中に無数のガラスの破片が入り込んでいることが分かり、緊急手術が必要と診断された。爆竹をガラスの瓶の中に入れて遊んでいたらしい。



中国人にとって春節(旧正月)のお祝いに欠かせないのが花火や爆竹だが、粗悪品も多く流通しており、暴発事故により毎年多くの負傷者や死者が出ている。建物に引火し火災になるケースも多く、2009年2月には違法に打ち上げた花火で中国中央テレビ(CCTV)の新社屋も全焼している。(翻訳・編集/NN)





【関連記事】

<旧正月>レンジでチン!年越しのごちそう、できあいのセットが大売れ―中国

<旧正月>恒例の年越し番組、実は半数が「見たくない」―中国

<上海万博>開会式の花火10万発以上!数量・品種ともに北京五輪をしのぐ規模―上海市

<広州アジア大会>開会式の花火、北京五輪や上海万博上回る16万発!ギネス記録に申請―中国

爆竹と花火の旧正月=火災7480件、48人死傷―中国


P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lovekpopk1/index1_0.rdf