あとテスト一個ですよ 

January 20 [Fri], 2006, 23:15
大学での一年がなんとか終わろうとしてます。
不安だった英語はすこしだけカンを取り戻してきました。
といっても基礎が全然ないんで、本当にカン頼りなのですが(汗)
心理学はとてもたのしいです。
でも発達心理は眠たいです。
講演会がすきです。
政治学の先生がだいすきです。プリント見たらキュン。
フランスにいってみたいです。
世界がキラキラしてます。
でもゼミが地獄でした。終わってホッとした。終わってよかった。
先生はわりとすきだった。
メンバーは今でも、苦手です。

相変わらず、まぶしいなぁと思ってるものはまぶしいままで、それに慣れることもないし、わたしはやっぱりわたしのままだし、だけどなんとなく、こうして生きていけるのかもしれないと思います。調子がいいときは。死ぬ程調子が悪いときもやっぱりあります。生きてるだけで辛いです。でもやっぱ生きてます。不思議ですね。
自分という存在はくだらないと思っています。わたしより優先されるべき人が沢山いる。わたしは埋もれてしまってかまわない人間だと思っている。本当はさみしくてこわいし、いつまた死ぬ程苦しくなるかわからないし、とてもとても怖い。
けれど、わたしより優先されるべき人のために、わたしが居座っているこの場所を、空けるべきなのかも知れないと思いました。
これ以上、わたしがいては、申し訳ない気がしてしまう。

治療開始から二年とちょっと。
病院は繁盛してきました。
わたしの居場所はもうなさそうです。

それも才能と言われたが 

December 01 [Thu], 2005, 17:22
現実に対し、己を殺すことで容易く適応出来る、というのは一つの才能ではないかしらと言われたけれど、完全にそれが出来ない場合は、ただ苦しいだけのものではないかと思うこの頃です。
社会の望む人格を演じることは、それほど難しくはない。けれど、楽なわけでもない。演じていることにさえ気づかずに生きていられたらきっと、楽とかしんどいとか、そんなことも考えずに済むのでしょうけれど。
何も演じない素の「私」は社会と馴染まないから、外の社会に適応するなら、それに応じた仮面を作り上げなくてはならない。
何十にも張り巡らしたペルソナの奧に、自分というモノを押し殺すことは難しくないけれど、時々
「じゃあ、“私”はいなくてもいいよなぁ」
と思ったりもします。
むしろ、私というものがあれば、邪魔でしかない。
しかし、邪魔ですよと言って、完全に殺してしまうのはあまりに哀しい。

不思議なモノですね。
いっそ死にたいと思うくせに、心を殺すのは嫌だ、なんて。

身体が死ぬのは怖くない。
でも、心が死ぬのは怖い。
心が死んだまま生きるのは、嫌。

それは、ものすごい我が儘なのかも知れない。
その我が儘さえなければ、私は、きっと完全に現実に適応していられたものを。周囲の望む人格を演じきって、何の疑問も抱かず生きられたものを。

中途半端な能力は、才能ではなく欠陥ではないかと思います。

決戦は金曜日 

November 17 [Thu], 2005, 21:54
自分の中で一番キツイ金曜日が目の前です。
まともに行くのは一月ぶりかしら。
いつも木曜には行こう行こうと思うのだけど、金曜の朝になるとその気力がすっ飛んでしまうんですよね。学校行くどころではなく死線彷徨って、自責の念で一日を終えてた。
土日も、自分を責め続けて、心休まる暇もないまま、次の週に。
そういう悪循環を、そろそろ断ち切らないと、本気、出席ヤバイです。
まだ最悪の状況には至ってないから、なんとかなる。多分。
今は単位さえ取れればそれでいいから、きっと。
自分の中で決着がつかなくても、問題を後回しにしただけだとしても、でも私は現実を生きていかなきゃならないのだから、出来ることをするしかない。
死ねないんだ、生きるしかない。
努力だって、人並みじゃ足らない。
他の人が当たり前にもってる経験や知識が私には圧倒的に不足しているのだから、その分だけ余計に努力しなきゃならないのは、当然のこと。
むしろ、たったこれだけの知識で、今の場所にかろうじてぶら下がってる、そのことの方が不自然に思えます。マジですか、私英語なんて本気で中一の前半しかやってないんですけど。This is a penより難しいことは分からないよ!文法?食べられますかそれ、っていう状態なんですけど。この大学で良かった……と思う部分なのかしら、これは。
ま、そういう部分とか、色々明らかにヤバイ部分が大量にあるので、ちょっとばかりしんどいのは当たり前のことですよね。どんな状況であったにしろ、勉強をしなかったのは私の怠慢です。そのしわ寄せがきてるだけの、ことです。

お腹痛いー 

November 13 [Sun], 2005, 21:51
もうここ一ヶ月くらい風邪引きっぱなしのような気がします。
その一ヶ月の間に、何回医者に掛かったか分からないのですが、風邪の治療は一度も受けていないというミステリーです。

自分で逃げ場を潰したので、しばらく逃げるまいと思っていたのですが、やっぱりもう色々限界なので、吐き出します。この感情はもう私の腕では持ちきれないよ。
てわけで後えんえんちょっと病的な感じ続くので、そういうのに興味抜群っていう奇特な方以外読まない方が良いです。私も誰かに読まれることを前提として書いているわけではないので。
今どこかに残しておかないと、きっとこの感情さえ、私は忘れてしまう。

生きてますよ。 

November 08 [Tue], 2005, 12:51
相変わらず病みながらですが生きてます。
一日一日なんとか生き延びてます。
が。
大学に行けるのが二日に一回ってどうなのこれ。
一回行くと、次の日には疲れが出ちゃって潰れるというパターンが続いています。
このままだと単位ヤバイです。
なんでこんなことになったのかっていう理由は沢山あるけれど、もういちいちあげたって仕方ないので、なんか溜息ばかり。あーあ、もう。

でも、ま、生きてます。
不本意ながらも呼吸は続きます。

なんで生きてるんだか。
P R
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/lovehate/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lovehate
読者になる
Yapme!一覧
読者になる