【 更新情報 】

スポンサード リンク

アスパラの育て方

アスパラガス、ユリ科の仲間で原産地は中央アジア・南ヨーロッパ・ロシア南部である。
高さが80cmから高いもので2m近くにも成長するらしい、アスパラガスは寒さや暑さにも強い特に寒さに強いので
日本では東北や中部地方の高冷地でも育つ。一度植えたら3年目から収穫でき7〜10年長期にわたり収穫できる。植えつける場所は屋外の直射日光が当たる場所がよい
植え付けは2月中旬から3月下旬がベスト、アスパラの種子は吸水性に乏しく種を撒く4〜5日
前から水につけておくとよい、水は毎日とりかえること。畑の準備はアスパラの多肉根は深さ1〜2Mまで伸びるので耕土の
深い排水性の良い畑を選び酸性に弱いので石灰質の肥料で土の中の酸度を整えます。
株間30cm〜60cmに植える株元が1〜2cm埋まる程度に植え十分にかん水する。肥料は鶏糞や堆肥を畑全体にやります、
アスパラは背丈が高くなるので支柱をたてて倒れるのを防ぎます茎枯病やウィルスに感染しやすいので清潔な土壌で育てることが望ましい
3年の4月から6月上旬まで収穫ができるようになる出てきた新芽を刈り取ります刈り取った新芽は鮮度が急激に落ちるのではやめに食しましょう。
晩秋になるころ地上部分が枯れてくるのですべて刈り取りましょう。アスパラを長く栽培するには肥料を年3回施肥します、はじめは茎葉を刈り取った後
次は収穫を終えた直後、最後に8月〜9月に秋肥としてあげます。ちなみにグリーンアスパラを遮光して育てると缶詰で有名なホワイトアスパラができる
アスパラには「グリーンアスパラ」と「紫アスパラ」はあるが「ホワイトアスパラ」というものはない。

簡単でおいしいアスパラのレシピ

アスパラの簡単でおいしいレシピは星の数ほどあるアスパラは焼いても炒めても生でも美味しく
調理できる。代表的なレシピはやっぱりベーコン巻きアスパラじゃないですかね?簡単で美味しく
野菜嫌いなお子様でも安心して食べれます、そこにひと手間加えてアスパラを下茹でしてベーコンを巻き
グラタン皿に並べ上からとろけるチーズアスパラを巻いたベーコンの上にのせパン粉を少々かけ
オーブンでパン粉がきつね色になるまで加熱してアスパラベーコンのチーズのせのできあがり
あつあつをいただきます。次はサラダの紹介ですごまの香り食欲を誘う一品です、
すりごま、酢、オリーブオイル、しょうゆ、パセリ、こしょうを合わせドレッシングをつくります。
アスパラを塩をくわえた熱湯でゆでます。ゆであがったら冷水にとります芯までよく冷やし
たべやすい大きさに切りドレッシングを上からかけてできあがり。ごまの香ばしい香りとアスパラの
香りがサラダの苦手な方でもいけると思います次はスープの紹介です簡単で栄養豊富な体が温まる
アスパラと牛乳、小麦粉、だしの素、水、塩、こしょう、アスパラは柔らかくゆで細かく刻み
他の具材と一緒になめらかになるまでミキサーにかける、鍋に移し水を加えながら煮る
スープにトロみがついたら塩とこしょうで味を調える簡単にしておいしいアスパラのスープのできあがり。

ホワイトアスパラとアスパラの栽培の違い

ホワイトアスパラは古代ギリシャ時代から食されていたものらしい
滋養強壮にすぐれ薬用としてあのルイ14世も愛用していた。
ベルサイユ宮殿にホワイトアスパラを栽培して誰よりも先に収穫して食していたらしい
栄養分としてビタミンA、B1、B2、カルシウム、鉄分、ニコチン酸などを含有している。
アスパラギン酸や、ムチン・亜鉛なども豊富に含んでいます。
ビタミンAは抵抗力をサポート。アスパラギン酸は新陳代謝を促す効果や、タンパク質合成を高める効果もあるので、
滋養強壮や疲労回復、ダイエットに効果的です。穂先部分にはムチンと亜鉛が豊富に含まれており、血管を丈夫にし、
高血圧や動脈硬化の予防に効果が期待できるとしています
日本のホワイトアスパラの主要産地は長野県や北海道が有名である
アスパラとホワイトアスパラの違いは栽培方法にある、アスパラは日光にあてて栽培する
ホワイトアスパラは苗に土をかぶせて植え新芽が地上に出で来る前に収穫するらしい
調理方法としてホワイトアスパラのおいしい食べ方は缶詰はサラダにするのがベスト
生アスパラは表面に焼き色が付くまで焼きそのままか塩を付けるのが野菜本来のおいしさが
ひきだされる食べ方だと私は思います。