すごーく 

2005年11月02日(水) 21時08分
今週は彼の方の「家庭における事情」で
会えない、と諦めていたんだけど
昨夜、突然電話をくれた彼からランチのお誘い!

うれしいぃー
会いたいー
一気にご機嫌になれちゃった、私♪

というのも、、、

先々週くらいから彼との間に距離があって
心近くに感じることができなかったの。

それは彼との間に溝が出来てしまった、とか
もう続けられない、とか
そういったことではなく
お互いをお互いに好きなばかりに
相手を独占したくなる感情に
自らが引いてしまって
しかもそのタイミングが彼も私も同じだったの。

つまり、、、
「これ以上求めすぎると自分が辛くなるし、相手も辛くなる」
みたいなふうに
自分の感情にブレーキをかけてしまうのね。

でもそれは我慢するとか
自分の感情を抑えるとか
そういったこととも違って
求めすぎるとその感情によって相手を苦しめてしまう。
好きで大切にしたいのに心をしめてしまえば
それはやっぱり続けていけなくなるし
苦痛は私の場合はHの時だけでいいんだもの(笑)

彼と私は波動がとても似てるので
そういう感覚的なことがなんとなく読み取れてしまうの。
だからお互いに気になりながら
少し距離をおく、そんな感じだったの。

でもね、ダメなのね。

理屈ではそれがよーくわかっていても
やっぱり彼との心の距離が遠くなると
すごーく不安になって
どうしていいかわからなくなっちゃう。。。

だから彼からのランチのお誘いは
すごーく、うれしかった・・・

だからランチしているとき
目の前の彼に
「会えてすごーく、うれしい♪」って
ニコニコな笑顔でたくさん言ったの。

彼もすごーく、うれしそうだった。

彼も理屈ではそれはわかっていても
私との心の距離を感じて
すごーく不安になって
どうしていいかわからなくなっていたのかな?

男の子の立場としては
それを簡単に(少なくても彼は)言葉に出来ないから
女の子の私より不利かも。

そんなふうにふっと思ったら
彼に抱かれたくなって
抱きしめられたくなって
抱きしめたくなっちゃった・・・

でも、まっ昼間のランチだもん
もちろん、ノータッチ★

でもそのギリギリ感が
たまらない、と思えてさらにいとしくなるの。

相変わらず彼にメロメロな私かな。

うれしいけど溜息 

2005年11月01日(火) 14時44分
そうそう、だから私。
「年下の彼」にすっぽりハマッてます。

年の差5つ。
つきあい1年半。
お互いに既婚モノ。
しかも彼は「S」で私は「M」。
つまりとってもHな関係。
そしてお互いにかえがえのない存在。

彼は5つ下とは思えぬほど
落ち着いていてクール。

そんな彼に引き出されて
色々な自分になれている自分がうれしくて幸せ。

でも彼の生活や未来に
嫉妬したり
せつなくなったり
だから空を見上げて「ふぅ。。。」と溜息。
P R
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lovebluesky
読者になる
Yapme!一覧
読者になる