優斗第二章6話〜8話

September 09 [Sun], 2012, 23:37


くるっくー!ヽ(・◇・)ノ



今日も始まります三十路はつらいよ〜優斗編〜



さぶいギャグは置いといて大分ヒーローは好きになってきました第二章6話いっきます!




<優斗〜第二章6話〜>




場面は棗の職場。
雑誌の締め切りが近く皆大忙し!!
棗も覚えれたことは少なくても山のように仕事があるそーな(◎-◎;)
あまりの多忙に2日お風呂にはいってないだと!!?o(T△T=T△T)o
オネムな棗は半ボケ状態(笑)
レイコさんに起こされます
Zz(-_-)\(゜o゜)オキロー!




ここで選択肢です( *・ω・)ノ




[もぉ無理………]


[布団ラブ]


[ブラック会社だー!]




んー
もぉ無理…なんてことは言いたくないので




布団が恋しいよ〜
寝るなー!!とヘッドロックされました
(((((((○д○;)ギャァァァァ
ぉお……胸が当たりまするな……
三上もまんざらじゃないするわけだ、で終わっちゃいます(笑)


あってるかあってないか、信じるのはあなた次第です!!





レイコのお陰で就けたけど、やりたかった仕事な訳ではなかったから、どうやらやりがいを見つけられずにいるようです……(・ω・`=)

なんとなしにカレンダーを見るとなんと今日は木曜日!!
癒し君に会える日だ!\(^o^)/ヤッホーイ
でも棗風呂はいってないよな……(`ロ´;)
と思って進めると棗が自分から会えないな今日は……と言ってました(;_;)

まさかアタシを待ってたりなんかしないよね?木曜日に練習することには変わりないんだし、と思いつつ優斗の顔を思い出そうとしますがどうやら出てこないっ!!

夜だったからかな?
とも思いますが、どうやらギラリと光る眼や、生意気な発言ばかりが印象に残るそうです……(´д⊂)
夜に現れる、綺麗な男の子。友達でも家族でもなく、恋人でもない不思議な存在にまでなった模様(^ー゜)


レイコにぼーっとすんな!と怒られたらチケット消費しますo(^o^)o




<優斗〜第二章7話〜>



嵐のような一週間から解放されて気が緩んでいたらしく……今まで小さなミスを沢山してきたけれどとうとう最大級のミスを……!!救いようがねぇ…(-_-)

今日は特集を組む藤山直春(攻略キャラのあの人(笑))の撮影が!!
何となく予想がつくけど進めます(笑)
人気俳優であり、読者からの支持もすごいらしい(○▽○)ヘー
棗は会社で電話対応やらメール対応やらの為、留守番(σ*´・人・`)
見たかったなーとショゲているとレイコから一点衣装が足りないから届いたら持って来てちょ!\(^o^)/と言われラッキ!!(*≧∀≦*)

自分の仕事をこなし、いざスタジオへ!!


but……最後の電話に気をとられ、衣装を忘れてスタジオへ……( ̄へ ̄;)
着いてから気付いたので取りに往復して帰ってきたら1時間押しに……。



……イヤイヤちょっと待て( →_→)
ゲームとはいえコレはないでしょf(^^;)
普段からミスするんだから大事なイベントのときくらい神経尖らせなさいよ(*`Д´)ノ!!!
いくら締め切りを無事終えたあとだからって……スタジオへ行くってなったのにまだ緩んでる、とかはおかしい。
電話のせいにしちゃダメやろ( ̄へ ̄)
ただの自分の確認不足、管理不足ですよ(ーー;)
てかもぅ芸能人に会えるからって、うかれてるようにしかとれない……
多分これから恋愛と仕事と両立しながら成長していくって感じなんだろうな?とは思いますが。ぅーん(´Д`)

はっΣ(○д○)
説教くさくなってしまった!!


そろそろもどります



マネージャーもプンプンι(`ロ´)ノ
雑誌の信用問題に発展しかねない状態になりそうにまで……。
そんな大ピンチを藤山さんが助けてくれました!!



ここでチケット消費しますo(^o^)o
まだまだ行きます!q(^-^q)




<優斗〜第二章8話〜>


お礼を言うと、またどこかで会いましょう!それまで頑張って仕事を続けてくださいと励まされます。
助けてくれただけでなく優しい励ましの言葉までくれるなんてかっこいいー!!(*≧∀≦*)とおもうのも束の間……ミスの大きさはもち変わりまへん。
三上に衣装を届けに来たのにその衣装を忘れる人がいますか!!と怒鳴られます。ι(`ロ´)
レイコにもこんなことは普通ない、とおこられ……今回は大目に見る、といってくれます(__||)
三上には「いくら編集長の知り合いだからと言ってヤル気の感じられないあなたに職場にいられると皆の志気が下がります!!」と怒鳴られます( ̄^ ̄)ソノトーリ


こんな私がいちゃレイコまで悪く思われちゃう……


レイコ「この仕事好き?続けられそう?」
すぐに返事はできず……藤山さんにはああいったけど、本当に続けられるかは………┐('〜`;)┌


どうやらレイコは、棗に向いてる、と思い、職を無くした棗に声を掛けた模様。
しかし実際は、勝手が違う仕事ばかりでミスをし、正直しんどく……「多分向いてない」、とレイコに言います。


レイコ「今回の事で辞めてもらうつもりはないけどヤル気のない人は正直要らないから、考えてみて」と言われ、
はいと返事をし、最終的に会社を出たのは九時過ぎ……今日は木曜日で、優斗に会える日………無償に会いたくてしかたがなくなったところでチケット消費します(  ̄▽ ̄)





今回はあまり面白いところがなかったですがヒロインの好感度が下がっちゃったよアタシ(´・ω・`)


次は特別話!!
何か好感度の数値が達していたそうです。
乙女ゲーム必須のスチルが見れるそうです(*≧∀≦*)キャー

てことは選択肢間違ってなかったってことかっ!?



とりま、それはまた明日!!






プロフィール
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/loveapris/index1_0.rdf