だる 

2006年06月09日(金) 19時59分
あと二週間でテストですよ!
やだなー。でも、もし今回よければ携帯かってもらう
それがたのしみw
勉強がんばるために道具いっぱい持ってかれってきたよ!
まぁやるかわかんないけどね
まぁ携帯のために初めてまじめに勉強しようと思います!

テストとかやだあああああああああああああああああああああああああああああああ
まぢだるい
部活もだるい。
あーストパーかけたい
でもかけるときっと三年が何か言うな('A`)
なんであたしが目つけられなきゃいけないんだよ
まぢやってらんねぇ・・・

アルエ 

2006年03月25日(土) 12時38分
白いブラウス似合う女の子 何故いつも悲しそうなの
窓ぎわに置いたコスモスも きれいな顔うなだれてる
青いスカート似合う女の子 自分の場所を知らないの
窓際に置いたコスモスも 花びらの色を知らないの

いつか君はブランコに揺られて いたいけな顔を少し伏せて
哀しい顔で俯いた 「私は独りで平気なの」

ハートに巻いた包帯を 僕がゆっくり解くから
日なたの続くブリッジを探しておいで
哀しい時は目の前で 大声だして泣いてよ
そんな寒いトコ今すぐ出ておいで アルエ・・・

僕の大切なアルエ 一人で見ていた夕焼け
僕も一緒に見ていいかい 僕も一緒に居ていいかい
僕の大切なアルエ 本当はとても寂しいんだろう
僕はいつも側にいる 僕がこれから側にいる

君は人より少しだけ 無器用なだけの女の子
「嬉しいときどんな風に 笑えばいいかわかんない」

ハートに巻いた包帯を 僕がゆっくり解くから
笑顔を写すスライドの準備しといて
嬉しいときは目の前で 両手叩いて笑ってよ
そんな寒いトコ今すぐ出ておいで アルエ・・・

ハートに巻いた包帯も もうすぐ全部解けるよ
怖がらないで素顔を見せてごらんよ
嬉しいときに笑えたら 哀しい時に泣けたら
そんな寒いトコ今すぐでて こっちにおいで

ハートに咲いたコスモスが 枯れないように水を遣ろう
青空の下で揺れていてすごく綺麗さ
ブリッジで撮ったスライドは 君が生きているって証拠さ
暖かい日だまりの中で一緒に 手を叩こう

続・くだらない唄 

2006年03月25日(土) 12時07分
湖の見えるタンポポの丘の桜の木の下で
下ろしたてのコートのポケットに手を入れて
数年前にもこの場所で同じポーズしていた事
思い出してやっと実感「僕は帰ってきた」

積もった落ち葉が踏まれて音をたてた あの日と同じ乾いた音
昇った朝日に 手を振り夢を見た
あの日が重なる中

この手は 振れない 大事なモノを落としすぎた
この眼は 余りに 夢の見すぎで悪くなった

あの日と違うのは 僕だけ

電車に乗って 2時間ちょっとの都会に出て来た
小さなプライドを 見せてやろうとした
電車に乗って 2時間ちょっと いつでも帰れると
軽く考えていたのが そもそもの間違いだった

ここで手にした 懐かしいどうのこうの に
それよりも懐かしい あの日が
見事に壊されていくようで 怖く って
何度も確かめてみる

この手に 今まで 掴ませた願いのカケラも
この眼に 今まで 睨ませた明日の行方も

壊されちまうのか?
間違っていたのか?

湖の見える たんぽぽの丘の 桜の木の下で
手頃なヒモと 手頃な台を 都合よく見つけた
半分ジョーグでセッティングして そこに立ってみたとき
マンガみたいな量の 涙が 溢れてきた
数年前にもこの場所で よく こっそり泣いたっけ
あのコに振られた だとか 可愛いもんだったけど
数年前と同じ気持ちで 朝日を待ってんだ
あの やたらとくだらない唄も唄いながら

原因不明の涙を流しながら あの日の気持ちで 朝日を待つ
また手を振れるかな 夢が見えるかな
景色に色がつく

この手が ゆっくり 僕の右上で弧を書いた
この眼が 辛うじて 飛んでいく綿毛を見送った
この手が 今でも 落としたモノは拾えるかな
この眼が 今でも ぎりぎりで見えていてよかった

あの日と違うのは
ヒゲの生えた顔ぐらいさ
2006年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
http://yaplog.jp/loveandstar/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:loveandstar
読者になる
Yapme!一覧
読者になる