独りよがり。 

2007年01月03日(水) 5時11分
準備、できなかった
笑顔、つくれなかった

やっぱりそばにいたいよ
まだ君が必要だよ


迷惑かけてごめんなさい
重荷になってごめんなさい
君の邪魔をして

愛してしまってごめんなさい







君のつらさを分かってあげられなくて
あたしは自分のことばかり
君のためを思っての行動や言動は
けっきょく自分のためばかり

独りよがりの勘違い

あたしは君をしあわせにはできないみたいで
あたしばかりしあわせになってしまって

ごめんね ごめんね愛しいあなた

カラダの一部。 

2006年12月16日(土) 4時59分
君のからだの一部になれた

それだけでしあわせです

君が「もう二度と離さない」といってくれた

それだけでもう十分です


君はあたしから離れていく
そのまえにたくさんの幸せを、ありがとう



本当に
どうしてこんなに、好きになっちゃったのかな
どうしてこんなに、なくてはならないものになっちゃったのかな

なんで人間は
誰かを愛してしまうのかな

なんであたしは
君を愛してしまったのかな


寂しいとか逢いたいとか、気持ちをおさえるよりも

愛してるって、隠すほうが何倍も苦しい

忘れることなんてできないよ

一線。 

2006年11月28日(火) 23時43分
1週間前、別れをきりだされました

あたしのどうしようもない不安の謎がとけました

君のその想いを感じていたのだなと

滑稽さに笑えました

あたしは重荷になっていたのですね

君の人生を邪魔してしまっていたのですね

君の人生には本当は、いらないものだったのですね


大切だから別れるだなんて

もっといい人生を歩んで欲しいだなんて

本当にあたしを見つめてくれているなら、出てはこないでしょう





また近いうちに、君は言うだろう
そんな気がする


君から離れる準備をしておこう
こんどは笑って頷けるよう
君を悩ませないように
めんどくさいおんなにはなりたくない


あいしてるだなんて そんな気持ち
表に出しちゃうからいけないんだ

嘘をつくのは得意よ
笑って「だいきらい」って言ってあげなきゃ

アイシテル。 

2006年11月12日(日) 21時38分
ただ君を愛してる
ただ君を必要としている

君もそう思ってくれている
そう思って、くれている?


何で不安なんだろう
何でこんなに怖いんだろう
何がこんなにあたしに、警戒させているの


こわい
潰れてしまいそう

君が愛してくれているのはわかるのに
どうしてそれが不安なの
どうして信じきれないの

ぐちゃぐちゃ
なにかが噛みあわない
なにかがおかしいよ


どうしたらいいのかわからない

すれちがい。 

2006年10月29日(日) 4時26分
強がりでうそつきのあたしは
いつでも笑顔でいようと思ってたのに

どうしても涙があふれちゃって
心配ばっかかけさせて
どうしてかな、泣きたくないのに止まらないの



ほんとはね、分かってた
涙の理由

でもそれを言葉にしてしまうと、こわくて
認めたくなくて
でも心は悲鳴をあげていた



今日君は
あやまってくれた
考えてくれた
うっとおしいって・思わないでくれた


真剣にかんがえてくれる?
これから
本当にあたしと一緒にいたいって、想ってくれる?

なくしちゃってもしょうがないとか
いなくなっても当たり前とか
そう思わないで、本当に大切に、してくれる?


心から、向き合ってくれる?

繰り返し。 

2006年10月18日(水) 23時03分
また聞いちゃった
逢えるかなんて

答えは分かってるのに
どうして馬鹿みたいに繰り返しちゃうかな

聞かなければまだラクなのに
君を困らせないで済むのに



君に1分逢えるのならば
電車にのって2時間なんて全然苦じゃないのに
あたしの気持ちおおきすぎるのかな
わかってもらえてないのかな

他人に応えてもらうことを期待してるあたしが馬鹿なんだ
期待する自分が馬鹿なだけ

もしかしたら、なんて あるはずないのに
馬鹿だな本当





うそ
本当は君だって逢いたいって思ってくれてる
分かってる 分かってるの

なのに不安でどうしようもなくて 自分ばっかって考えちゃうの
最低の大馬鹿者



あたしは今日も笑顔で 大丈夫だよ って言うだけ
まだ笑えてる
まだ大丈夫
まだ泣かない

せめて君の前でくらい最高にいい女でいたい

君の前で笑えなくなるときがくるまで
あたしはずっと、大丈夫

逢いたい。 

2006年10月17日(火) 23時57分
逢いたい逢いたい逢いたい

 だめ もう
 こんなのやだ
 こんな自分やだやだ

おさまれ
わすれちゃえばいい
すきな気持ちなんて
わすれちゃえば苦しくない
大切じゃない
逢いたいなんて思わない

誰かあたしに強力な催眠術をかけてください

名前も忘れちゃうぐらい
逢いたいなんて気持ちなくなっちゃえばいい

いただきます。 

2006年10月14日(土) 1時41分
「いただきます」

その言葉をこの先ずっと聞いていたいとおもう
向き合って命の糧を取り込む
その大切な場面に居合わせたいとおもう

食事をして一緒に生きる
その始まりの言葉をこの先ずっとずっと、君と声を揃えたいとおもう

満たされてまた一緒に「ごちそうさま」と
感謝の言葉を笑顔でまたひとたび、揃えることができたのなら
あたしは幸福でさらに溢れてしまうだろうか



苦手なタマネギを一生懸命よける君の姿をみていたら
ボンヤリとそんなこと、考えてしまった


なに笑ってるのって
バツが悪そうにこっちをみた君

ごめんね
タマネギの事笑ったんじゃないよ

どうしたのって
顔を寄せて覗き込む君の瞳に

幸せそうな顔をしたあたしが映っていた

嘘吐き。 

2006年10月12日(木) 23時47分
強がっちゃって 一人で泣いて馬鹿みたい

会えなくてもあたしは大丈夫なんて、本当は思ってない
本当は毎日でも少しでもいいから顔をみたい


あたしのせいで君を困らせるのだけは嫌
嫌なのに

どうしてわがままみたいに
     会いたい なんて言っちゃうのかな


会えるか分からないとき、あやふやなことを言えない君
考えてる声を聞いてものすごく後悔する

だめもとで聞いてみただけだから なんて 明るくふるまって

電話を切ったあとは、泣きつかれて寝てしまうまで
まるで子どもみたいにただ、声を抑えて目を腫らす


本当は 寛大なんかじゃない
本当は 会いたくてたまらない

本当の本当は さみしくて潰れてしまいそう

潰れるときはせめて君に気付かれないよう
しずかに消えてしまいたい

唯、好き。 

2006年10月03日(火) 22時43分
唯、ただ
好きなだけ


貴方と一緒にいたい声を聞きたい体温を感じたい

それ以前に唯、ただ。好きなだけ




なのに好きなだけでは、だめみたいで
好きなだけでは、涙を流すことになるみたいで

唯、ただ、好きなだけなのに
2007年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:love_toxicosis
読者になる
Yapme!一覧
読者になる