Just say I love you.

December 13 [Tue], 2016, 1:55
突然の訃報。

L⇔Rギター&リードボーカル黒沢健一さんが12月5日に亡くなりました。

ショックでした。

あまりの事で今も全然実感がわきません。


ネットを開いた時に飛び込んできた「黒沢健一さん死去」と言う文字。
言葉の意味が全く理解できませんでした。

その後何度も何度も確認して、秀樹くんやきーちゃんや貴子さんのコメントも読んだけれど、何を言っているんだろう、としか思えず。

そんな事が起こるわけがない。
健ちゃんが死ぬわけない。

なんだか、ここが現実なのか、よくわからないような感覚でした。

デビュー25周年を迎えて、L⇔RのDVDのリリースも決まって喜んでいた矢先。
そして、いつかきっと再始動して3人のステージを見せてくれる、その時は必ず駆けつけようと思っていました。

こんな事になるなんて、考えてもいなかった。
明るい未来しか考えてなかった。


私がL⇔Rに出逢ったのは中学生の時でした。

何気に聴いた『REMEMBER』が何だかすごくカッコ良くて。
その時はバンド名も知らないままでしたが、その後リリースされた『HELLO IT’S ME』にとても心惹かれて、その時やっとL⇔Rと言うバンド名を知りました。

L⇔Rの音楽は私にとってはとても斬新に感じました。
スタイリッシュでクオリティが高くて、上手く言えないけれど、純度100%の密度の濃い音楽と言う感じでした。

それまでは歌とか声ばかり聴いていたのが、バンドを初めて好きになった事で楽器の音とかアレンジとかコーラスにも注目するようになって、間奏やアウトロまでみっちり1曲を楽しめるようになりました。
恥ずかしながら、ここでやっと初めてベースがどんな楽器かを知りました。

あっという間に夢中になって、お年玉全部つぎ込んでCD揃えてファンクラブに入ったのを良く覚えています。
過去の曲も聴けば聴くほど沁み入ってきて、それぞれの曲でいろんな世界に行けるような、本当に至福の快感を教えてくれました。

「音楽っておもしろい」

何度もそう思わせてくれました。

また、当時はバンドブーム?で周りはミスチルやスピッツ等にハマってたり、どういうわけか私の学年ではB’z好きじゃないと人間じゃないくらいの風潮があって、なかなかL⇔R好きさんには出会えなかったけど、周りに流されたり合わせたりせずに自分が好きな音楽を堂々と好きだと言える勇気や誇りみたいなものが生まれたのもこの頃でした。
(もちろんミスチルやB’zがダメって言うわけではありませんよ。)

彼らに出逢っていなければ、今の私の音楽との向き合い方も変わっていたかもしれません。
間違いなく、原点のひとつ。


L⇔Rで一番好きな曲、はなかなか選びきれないけれど、今でも『REMEMBER』を聴くと鳥肌が立つような感覚になるし、『LAND OF RICHES』を聴くと熱くなるし、『Lazy Girl』を聴くと必死でハモるし、『STAND』を聴くと跳ねたくなるし、『(I WANNA)BE WITH YOU』を聴くと胸がキュッとなるし、『雲』を聴いたら心が軽くなるし、『NORTHTOWN CHRISTMAS』を聴くと嫌いな雪も愛おしくなるし、『Motion Picture』を聴くと「フー♪」って言ってしまうし、『ブルーを撃ち抜いて』を聴くと涙と力が湧くし、アルバムだったら『LACK OF REASON』の完成度の高さとバランスの良さはいつまでもNo.1です。
懐かしくもあるけれど、いつまでも褪せない。

残念なのは、L⇔Rのライブに一度も行けなかった事。
まだ中高生の田舎娘だった私には札幌までライブを観に行くなんて考えられなくて、本当にもったいない事をしてしまったなぁ、と。
札幌に出る前に活動休止してしまったし。

私が大人になってからは別々にメンバーの生の姿を観る事は出来たけど、やっぱり3人揃って観たかった。
今年はデビュー25周年を迎えて、DVDのリリースも決まったので、いよいよ次は活動再開なんじゃないかと思っていた矢先でした。


私が感じていた健ちゃんのイメージは、純粋で真面目でマニアックな天才。
そしてシャイなのにものすっごく人懐こい笑顔の人。
色とりどりのメロディーや、こだわり抜いてるのにどこか遊びがある曲を作り出す。
そして魅力的な、力強さと繊細さの両面があって、優しくて温かい歌声。
自分で歌ったりすると何かしっくり来なくて、やっぱり健ちゃんの声は特別だなって何度も思ったものでした。

私が初めて健ちゃんをこの目で直接観られたのは2001年の春、ソロアルバムの購入特典のライブでした。
健ちゃんのメロディーや歌声は相変わらず心地良くて、「やっと会えた!」って言う思いでいっぱいでした。

その後は時が流れまくって2009年のソロライブ。
この時は健ちゃんがL⇔Rの曲を歌ってくれて、涙が出る程嬉しかった。
特に『EQUINOX』がすごく沁みたなぁって言うのが印象に残っています。

なかなか札幌でのライブがないので、L⇔Rが再始動する時はどこであろうと!なんて思っていたのですが…。


正直今でもどこかこれが現実じゃないような気がしていて、それでもふっと「あぁ、もういないんだ」と思ってどうしようもなく悲しくなる、の繰り返しです。

そんな気持ちの中でこんな文章を書こうと思ったのは、ただ思い出を語りたかったからだけじゃなくて、こんな風に気持ちを表さないとちゃんと健ちゃんを送ってあげられないと思ったから。
とても「ご冥福をお祈りします」の一言では、自分の気持ちがおさまらないように思ったから。


健ちゃん、たくさんの素敵な音楽を、本当にありがとうございました。


悲しくて仕方ないけど、これからも健ちゃんの曲はいつもそばにいてくれる。
今この気持ちで『HELLO IT’S ME』を聴くと、本当に健ちゃんが近くで励ましてくれてるように感じます。
『ALL I WANT IS YOU』のPVを観ると、いつでも健ちゃんが笑いかけてくれているような気がします。

きっとこれからはこんな風に、いつでも心の中で健ちゃんが歌ってくれて、私を支えてくれます。


今までも、これからも、ありがとう。


最近のライブのコト。

December 06 [Tue], 2016, 22:12
このところスポーツの話ばかりで音楽の話書いてない。
て言うかブログ自体書いてない。

…ので、ここ最近私の好きな3大アーティストが続けて来てくれたので、そのライブの事を。

☆11/23 THE STARBEMS@PENNY LANE24☆



この日は昼間ファイターズのファンフェス、夜ライブと言うスケジュール。
移動距離も福住から琴似まで遠かった。

とっても久々のSTARBEMS。
運良く最前列で観られました☆

改めてヒダカさんの声が好きだー!と思ったし、どうしてヒダカさんのメロディはこんなにも胸にグッとくるのでしょう。
なんてな事を改めて感じました。
もう心地良くてたまりませんでした。

次は4月のツアー!しかも札幌ファイナル!
これに関して「縁もゆかりもありません、親戚縁者もおりません、今日からお前達がゆかりの人だ!」と言っていたのが嬉しくて「うおおぉぉぉ!!!」ってなりました!


☆11/26 Northern19@BESSIE HALL☆



1月以来観られなくて気が狂いそうになってて、「このまま年越せなーい!!」ってなっていたところに、バズのツアーゲストで来札と言うお知らせ。
やっとこの日が来た!
こればっかりはNHK杯フィギュアもけって行きましたさ!

お優しい方がノーザンの時だけ最前ゆずってくださったので定位置で!
ずっと足りなかったモノが埋まっていくような快感。
ノーザンの音は私にとってそういう存在。

冬だけど聴けた『SUMMER』が嬉しかった!

早くまた来て欲しいなー。
来年はもっとたくさん観たいなー。

バズのライブも楽しかった♪


☆12/3 SCOOBIE DO@PENNY LANE24☆



チャンプレコード10周年&ジョーくん生誕35周年記念祭☆
お祝いムードいっぱいのなんだかとても幸せなライブでした。

半年振りのスクービー、今日もやっぱり最高!
今回は久しぶりに『ABC☆123』や『ORANGE』聴けたのが嬉し過ぎて泣けた。
特に『ORANGE』なんて好きになった頃のライブで聴いて以来じゃないか?ってなくらい久しぶりで、でも定期的に聴き込んできたから自然に歌えますよ。
こんな風に久々の曲を聴くと、あれもこれもと欲が出てきて困ります。

そして、次の道内ライブも発表になりました!
私がスクービーに完全に落ちた思い出のBESSIE HALL。
私が腰砕け状態になった思い出の函館Club COCOA。

た・の・し・み


☆12/4 SCOOBIE DO@市電☆

スクービー2Days!
2日目は衝撃の市電ライブ!!

果たして何が起きるんだろうとドッキドキしながら乗り場に行きましたらば、メンバーがすでに乗車済みの市電がホームに入ってきて、そこに乗り込めってんだから心臓破り!!



震えながら乗車しましたよ。
もう近過ぎて上手く呼吸できないレベル。
約1時間、生きて帰れるのか??!

と、ドキドキでしたがさすがスクービー、どんな場所でも素敵なダンスホールにしてくれます!
座っているので踊れはしませんが、なんとも極上の贅沢空間でした。

忘れらない瞬間がいーっぱい☆

このライブは撮影OKだったので一人ずつ載せておきましょう。




ものすごい貴重な体験をしてしまいました。
こんななかなかできない体験をさせてもらえて本当に感謝です。


今年はライブの本数激減してしまったけど、やっぱり音楽がないと私の人生楽しくならない!

リオ五輪・テニス。

August 24 [Wed], 2016, 21:09
まずは、

錦織圭選手、
銅メダル獲得!!!


おめでとうございます!
96年振りのメダルですってよ!
歴史変えたよ!
圭くんすげぇよ!!

もう1週間経ってるのに今でも試合映像流れると興奮します。

連日の寝不足なんのその!
圭くんが勝ってくれれば清々しい朝がやって来るのです!

思い起こせば4年前のロンドン、テニスは全く放送されなかったんですよね。
どうにかすれば観れたのかもしれないけど、当時の私の知識ではいろいろ調べてもライブスコアを見つけるのが精一杯でした。
それが今回、圭くんのみとは言えテレビで放送され、アプリを使えば大体の試合を観戦できる事にまず喜びを感じました。
それだけこの4年間で日本人のテニスへの関心が増えたと言う事で、これも圭くんの活躍を始めとする選手達の功績だと思います。

日本から出場した選手は6人、全員が1回戦突破し、太郎ちゃんは3回戦でデルポトロ相手に1セット取るところまでいきました!

そして圭くん。
直前までトロントで試合して疲れや脇腹のケガが心配でしたが、そんなの感じさせずに順調にQF進出。
1回戦、サーブでラケット落としながらもポイント取ったシーンは何回もテレビで放送されました。
圭くん時々これやるんで「あー、やっちゃった」と思ったけど、ちょうど良い所に返って来たとは言えラケット拾った時にはすでにテイクバックしてるって言う反応の速さ何??

QFのモンフィス戦、ファイナルタイブレークで0-4からの巻き返し、3つのマッチポイントを凌ぐ強さ、素晴らしかった!
RSR参戦中だった私は温泉に向かうバスの中でアプリ配信を観ていて、良い所で到着してしまったので大急ぎでお風呂入って上がって結果を確認。
勝利の知らせを確認して温泉の喫煙室で泣きました…。

ここまで試合を観て感じたのが、いつもなら無理して追わないボールにも走りまくって食らいついてるな、と。
多分いつもはツアーのピーキングとかもあるから無駄な体力を使わず必要な時に出せるように無理して追わないって言うのがあるんだろうけど、今大会の圭くんは常に全力で戦っているように感じました。

そこに、圭くんがオリンピックにかける思いの全てが出ていたんだと思います。

正直なところ、ポイントもつかないオリンピックに出る意味あるの?って思ってて、全米の方が大事でしょ、とか去年優勝したワシントンけってまで出るの?とか…。
それでもこの大会に出て日本の代表として全力で戦っている圭くんを観ていたら、やっぱり私も必死で応援してしまうワケで、もうそんな事は言えなくなってしまいました。
(今でもポイントはあって良かったのにと思ってるけどもね、ロンドンではあったんだし)

ベスト4に進んだのは圭くん、マレー、ナダル、デルポトロ。
この中で1勝しないとメダルはない。
「この勢いできっと行ける!」と言う気持ちと「全員負け越してるやん、厳しい…」と言う気持ちが入り混じってました。

準決勝、マレー戦。
まだまだRSR参戦中だった私は友人のテント内で観戦。
良いプレーもあるものの、ゲームを取るまでに至らず1セット目1-6 で取られたところまで観て9mm観に行きました。
でも気になってライブ待つ時間にツイッターとかでチェックしてたんだけどちょいちょい割り込んで入ってくるSMAP解散ニュース(汗)。
結局負けてしまい3位決定戦へ。

相手が気になりナダル×デルポトロ戦の経過を目で追い、耳はサンステのBRAHMANを聴きながら迎えた朝、素晴らしい朝日を拝ませてもらいつつ「圭くんに銅メダルを!」と祈りました。

相手はナダルに決定。

ほぼ寝ずに終わったRSR、てかその前から平均睡眠時間2時間くらいだった私は風呂→飯→寝る、でしっかり鋭気を養い深夜の3位決定戦に備えます。

そして始まった3位決定戦、錦織×ナダル。

ナダルはダブルスも出て疲れもあったとは思いますが、それでも圭くんのプレーがとても良く、あれよと言う間に2ブレークアップで1セット先取!
続く2セット目もサクッと2ブレークアップで「こりゃ勝ったな」と思ったのですが、やはりナダルはそのまま終わる事はなく、連続してゲームを奪いタイブレに持ち込まれ、セットを落としてしまいました。

このままではヤバい...。
と思ったのですが、セット間にしっかり切り替えてきた圭くんは1ブレークをしっかり守って勝利しました!!!

勝利の後、日の丸を掲げる圭くんがとても眩しくて、めちゃくちゃ素敵だった。

インタビューで「日本のために戦うのは楽しかった」と言ってくれたのを観て、そんな風に言ってくれる頼もしい若者がいる国の国民で良かったと心から思いました。

本当に本当に、素晴らしい感動をありがとう圭くん!

この日の喜びは忘れられません。

次は東京五輪。
そこでこの目で圭くんの雄姿が観られたら、幸せだな。


んー、でもやっぱりポイント欲しかった...。

リオ五輪。

August 23 [Tue], 2016, 20:58
リオオリンピックが終わりました。

今回も楽しい約2週間でした。
始まる前は治安とかジカ熱とかマイナスな話題が多くて、「そんな危険なところに大事な選手が行って大丈夫なのか」と心配ばかりでなかなか気分も盛り上がってなかったんですが、始まってみれば夢中になって晩から朝まで寝る時間も惜しんで日本の応援してました。

何と言ってもテニス。
なんだけどテニスについて語ると確実に長くなるので別に書く。

今回特に真剣に見たのはテニス以外だと体操と卓球ですかね。
体操は予選は見逃しちゃったんだけど、団体決勝での念願の金メダル、個人総合での内村選手の圧巻の金メダルは本当に感動しました!
みんな良い笑顔だったなぁ。素敵なチームだった!

それにしても内村選手は本当にすごいですね。
あの個人総合の鉄棒、厳しい点差で、得意とは言え予選でミスしていると言うのに、攻めて完璧にまとめた演技、どんなメンタルやねん!とツッコみたくなります。
間違いなく、正真正銘の絶体王者!!

あと卓球ね、個人戦はかすみちゃんがまさかの初戦敗退、愛ちゃんは悔しい3位決定戦敗退で、そんな中水谷くんの銅メダルをRSRで灼熱の中並んでいる最中に、さらに熱くなって観ておりました。

団体戦は女子が銅メダル、男子銀メダルと言う素晴らしい結果。
どちらもチームワークがすごく素敵だった!この3人が好き−!って何回も思った。
女子は「先輩二人を手ぶらで返すわけにはいかない」と言っていたみまちゃんが銅メダル決めてくれたのがすごく良かった!
ちなみに私、今回の五輪で丹羽くんのファンになりました!
試合中クールなのに笑うとかわいいのめっちゃツボ☆

他にも柔道は準決勝以降はほぼ観たし、水泳も朝の中継はだいたい(職場でテレビつけてたから)観たし、レスリングは女子は全部観た!
あと普段ならあんまり見ないアーチェリーとかカヌーとか、観てみると結構おもしろかったのも発見!

吉田選手の銀メダルは残念だったけど、銀だって充分すごいのに勝つのが当たり前になってしまって「ごめんなさい」って言わなきゃならないのかと、いろいろ考えさせられました。
どれだけのプレッシャー背負って200何連勝して来たんだろうと思ったら、強ければ強い程苦しんで、それでもさらに強くなるために練習して、スポーツ選手って本当に尊敬します。

あと寝落ちしてライブで観られなかったけど、シンクロがすごい良かった!
最後の足技なんて「ちょっと!息継ぎしなくて大丈夫なの?!!」と観てるこっちも苦しくなるくらい見事でした!
金メダルのロシアのまさに一糸乱れぬ演技もすごかった。

どの競技にしても、日本の“技術”が光っていたと思います。
どうしても体型面で不利な部分があったりするけども、それを技術でカバーする事でその競技の本来の素晴らしさ、美しさみたいなモノを見せてもらえたように思います。

あと今回すごく興奮したのが、劇的な逆転勝利の多さ。
テニスで言えば圭くんのモンフィス戦ファイナルのタイブレで3−6の大ピンチからの連続5ポイント。
バドミントン女子ダブルス決勝でも最終セットでリードされ厳しい所を連続ポイントで逆転。
卓球男子決勝では水谷くんが勝った事のない中国選手相手にマッチポイント取られながらも5連取して逆転初勝利。
レスリング決勝では残り数秒で逆転と言うのがたくさんありました。
日本人の「最後まであきらめない」強い気持ちが世界中に伝わったのではないかと思ったと同時に見習わなければならないなぁとも感じました。

今回のメダル数が41個、ロンドン越えしたのもすごいし、東京に益々期待!
でも、メダルが取れても取れなくても、このオリンピックに出るまでにも過酷な選考会を勝ち抜いて辿り着いた選手達それぞれにドラマがあって、たくさんの感動をもらった事に感謝です。

やっぱりスポーツ観戦は楽しい!

4年後、ウチの母なんかはもう観に行く気になってます(特に野球)が、どうなる事やら。
でも、観に行けるならテニス観たいぞ!

SCOOBIE DO道内ツアー2016.

June 11 [Sat], 2016, 18:56
2年振りのスクービー道内ツアー!

1日目は札幌、cube garden。
cubeでのスクービーは5年半振りです。
今回はとにかく番号が悪くて辛いなぁって思ってたんだけど、先月の青森ライブも楽しかったし、どこで観ても楽しめるくらい観る側のライブチャンプになってやるぜってくらいの意気込みで参戦。

最初はゲストのフレデリック。
最近若い子の曲は大体同じに聴こえちゃうおばちゃんですけども、踊れるバンドだなって事はしっかり伝わって参りました。
『真夜中のダンスホール』のカバーやってましたね〜♪

そしてスクービー!
もうとにかく踊りまくって全力で楽しんだー!
ちょうど見える位置に立てたし、踊るスペース確保できたし。
どこで観たってスクービーは楽しいんだな♪
…と言ってもできれば前で観たいけど。

そして、12月の札幌ライブが発表されました!
チャンプレコード設立10周年&ジョーくん生誕35周年記念ライブ☆
その場でチケ売りのシステムだったのでダッシュで行ったらお仲間がすでに並んで買ってくれました、感謝!!
「今言える事は以上です」って言ってたのは、後からRSRの発表はあると取って良いのでしょうか?

2日後には旭川へ!
途中深川の道の駅でお気に入りの銀シャリ定食を食べたのですが、いつもご飯のお供に頼んでいる納豆が取り扱いをやめたらしく、泣く泣くたらこにしました。
たらこも美味しかったから良いんだけども…。
旭川でお泊りなのでホテルにチェックイン。
なんとツインルームのシングル使用だったのでお部屋が広い♪

準備を整えCASINO DRIVEへ!
この日は3列目くらいまで行けまして、前の人もそんなに大きくなかったのでステージが良く見えました!
セトリが札幌とは一部変わっていて、『What's Goin’ On』や『やっぱ音楽は素晴らしい』が聴けたのが嬉しかった♪

ライブの中で「CASINO DRIVEで初めてやったのは移転前にビークルと来た時。ビークルに連れて来てもらって道内ツアー良いなってなって自分達もbonobosとかRidim Saunterと一緒に来て今回は全員一致でフレデリックになった」って言う話をしていました。
私がスクービーに出逢ったのがまさにそのビークルとのツアーの旭川でした。
あの日があったから今ここにいるんだなぁって。

大好きなビークル観たさに行ったライブでスクービーを知って大好きになって、そしてそのスクービーが連れて来てくれたからRidim知って好きになったし今回のフレデリックも楽しいし、こういう連鎖がずっと続いて行ったら良いなって思いました。
好きなバンドが「こいつらカッコ良いんだよ」って連れて来てくれるバンドって間違いないもんね!信頼性抜群!

ライブ後は打ち上げに旭川ラーメン食べて、私の部屋で二次会して、ぐっすり気持ち良く眠って翌朝を迎えました。

昨日は雨だったけどこの日はとても良いお天気。
帯広までの道中も澄んだ青と緑の景色に癒されながらのドライビング♪
富良野で食べたアスパラのジェラートが激ウマで、帯広では初めて行く豚丼屋さんがこれまた激ウマで、途中で漬物屋さんとかパン屋さんとかでもお買物してすっかりグルメツアー(笑)。

そしてスクービー3日目、MEGA STONE。
番号的に2列目行ければ良いかなぁ、くらいで中に入ったら1列目一人分空いてんの!!
3日目にしてミラクル!嫌な事にも耐えたからご褒美??!
おかげさまでもう夢のような時間でした☆

フレデリックは毎日『真夜中のダンスホール』をアレンジ替えてカバーしてたんだけど、私は帯広バージョンが一番好きかな♪

そしてスクービー。
すっごい楽しくて幸せな時間でした。
フレデリックがリクエストしてくれたおかげで聴けた『Rock’n Roll』とか、北海道でも聴きたいと願っていた『太陽と女の子』とか、セトリが最高!
トキメキポイントが多くてもうもうもう、心臓ヤバかったです☆

大満足で会場を後にし、いろいろあってもニヤニヤしちゃいながら打ち上げして札幌へ帰りました。

スクービー→アイスショー→スクービー→スクービーって言う何とも濃ゆい4日間、体力的にはキツイかと思ったけども目標以上に全力で駆け抜けられた事が本当に良かった。

どんなにキツくても苦しくても、「楽しい事は全力で!」って言う大好きな人にもらった言葉のおかげで頑張れたー!!

案の定翌日から地獄のように大変な事が続いたけど、楽しい思い出があってまた逢いに行く楽しみがあるから何としてでも乗り越えてやろうって思える。
今もいろいろ辛いけど頑張ろう、うん。

東京遠征4日目最終日〜楽天ジャパンオープンテニス〜

October 12 [Mon], 2015, 23:52
さあ!今日もテニスでございますよ〜!!

今日の席はコートエンド席。
昨日より距離的にはちょっと遠いけど、ボールの動きは見やすい。

センターコート1試合目
マルコス・バグダティスvsフェルナンド・ベルダスコ


...濁点多いな(笑)。
パワフルでテンポの良いテニス、とても見応えがありました!

この戦いはバグダディスの勝利!

途中で西岡くんのサイン会があると言うので、ヨネックスブースに行ってみる事に。
昨日はずーっとセンターコートにいたので、こんなにいっぱいブースが出てるなんて知らなかった!
いろいろ見るだけでも楽しいなぁ♪

で、西岡良仁選手のトーク&サイン会!



昨日の試合ですっかり気に入ってしまった...!!
こんな近くで観れてサインまでいただけるなんて幸せだね☆

さて、センターコートに戻ります。

センターコート2試合目
スタン・ワウリンカvsラデク・ステパネク


目の前に!ワウリンカ!全仏王者!!
もうすごい感動です。

そしてもうとにかくカッコいいバックハンド!!



↑この写真が撮りたいがためにスタンが向こうサイドでバック側に走ろうもんならシャッター押しまくって、スマホのフォルダがこういう写真ばっかりに...(笑)。

本当に興奮しまくりで釘付けでした。
途中二人が延々スライスでラリーしてた時には客席ザワついた!

結果はワウリンカの勝利!

続いては
センターコート3試合目
グリゴール・ディミトロフvsブノワ・ペール


全米1回戦で圭くんに勝った憎き(ごめんなさい)ペール!
これはもうディミトロフ応援!って思ってたんだけど1セット目取られちゃった。

※後日、準決勝でまたも圭くんを負かし「こんにゃろー」って思いましたが決勝後のインタビューや振る舞いが思ってたよりおちゃめだったので、今は悔しさは変わらないけど「憎き」とまではいかないかな。

ふとスマホチェックすると、なんと圭くんがトークショーやってるって言うツイートを見つけてダッシュで言ってみたものの、時すでに遅し...。
ガッカリしてたら今度は日清ブースに登場!!
人がすごくてほんの一瞬しか観れなかったけど、同じ空間に入れただけで良し!

その後は外のコートの試合を観てみる事に。
シモンとユーズニー観ようと思ったら人いっぱいで、側で雰囲気だけ感じてみる(笑)。

で、時間的にフェリロペさんのダブルスが始まりそうだったので、一目観たくて行ってみる。
こちらも席はいっぱいだったけど、隙間から見えるのでそこから中覗いて観戦。

か、カッコ良い...☆



あ、写真が盗撮風になってしまった(汗)。

それにしても、あちこちで試合やってて合間にトークショーやらサイン会があって、それを自分好みにスケジューリングして楽しめちゃう辺りがすっごくフェスっぽいな♪って思いました。

センターコートに戻りがてらいろいろブース覗いて、ニューバランスのブースでラオニッチ(注:出てない)のクリアファイルもらったり、サロンパスのブースでエアサロンパスのサンプルもらったりしてきた。

センターコート4試合目
ロベルト・バウティスタ アグートvsリシャール・ガスケ


これがなかなかおもしろい試合でした!
結構ガスケファンが多かったみたいで、終始「リシャール!」って言う声援が飛び交っていました。

結果はバウティスタ アグートの勝利だったのですか、勝利インタビューの鍋島さんのテンションの高さと知識の豊富さに軽い感動を覚えました。


さて、もっともっと明日以降も観たいけど、これにて私の初楽天オープンは終了。

ホテルで荷物受け取って、羽田空港へ向かいます。
楽しかった4日間を振り返りながら、次いつ来れるかわからない東京の夜景を眺めて…。

こんなに長く完全連休をもらったのは久々で、嬉しさのあまり詰め込めるだけ詰め込んだ4日間。
最初はスクービー野音のみの1泊2日程度の予定だったのが、「あれ、翌日から楽天オープンじゃん!」「あら、真央ちゃんの復帰戦て前の日じゃない!」「野音の翌日もスクービーのライブが!!」と、まさかの好きな物全部集中してくれたおかげで全部楽しめちゃった!
こんなに楽しくていいのかな?ってくらい、どれもこれもが楽しくて、どこを切り取っても素敵な思い出♪

幸せだな〜!!

空港についてまずは自分の乗る便が欠航してない事を確認(重要)。
頼まれてたお土産もしっかりゲットし、早めに検査場に入るとさすがに平日夜の空港はガランとしてる。

意外と時間にも余裕があったので、いつも食べたくても食べれずにいた、ねんりん屋のホットバームクーヘンを食べて旅を締めくくってみました。



ホカホカのバームクーヘンに甘さ控えめの生クリームをつけて食べると、じんわりと甘さと温かさが広がって旅の疲れも癒されますよ☆

それにしても、良く動いたなぁ。
普段歩くの大っ嫌いなんだけど、旅に出ると全然平気なのが不思議。
観た事ない景色や雰囲気を感じながら歩くのが好き。
知らない街を事前に頭に入れた地図を頼りに歩いて目的地に着けた時の感動が好き。

今回は歩くか立ちっぱなしの踊りっぱなし(ライブ)か座りっぱなし(フィギュアとテニス)で極端だったので、足腰がバンバン!
そして服とグッズの大量購入で荷物はパンパン!

そして心の中は幸せでいーっぱい!


またいつか、旅に出る日まで、頑張るぞ!

東京遠征3日目A〜SCOOBIE DO@CLUB Que〜

October 12 [Mon], 2015, 22:39
すっかり初テニス&初圭くんで大興奮でしたが、残る力を振り絞って支度しなおして下北沢へ向かいます。

次なる目的は
SCOOBIE DO ダンスホールCLUB Que

オープンに間に合わないのは確定で、スタートも微妙...。
と思っていたのですが、ギリギリセーフ!!



入場して5分で始まりました!

後ろの方だったけどメンバーさん達の姿は大体見えた。

そして昨日とはまったく違うセトリ!
しかも1曲目が『BOOGIE DOWN』で、全く予想外過ぎてひっくり返りそうになった!
アルバム『SPARKLE』の頃にスクービー熱に猛烈な火が付いた私としては、もう歓喜の極みです♪

それにしても、2日続けてライブして曲もかぶりなしで、開場の規模全然違っても同じように盛り上げてくれて、こんなに働き者で愛に溢れたバンドいますかい??!

「DOロス」に応えてくれる「プラワンロス」のSCOOBIE DO(笑)、最高!
この“求め合ってる感”がたまらなく幸せですね☆

そして『45回転の夜』→『笑う女』→『Private Lover』の流れのなんと妖艶な事...!

この日はMCも多くていっぱい笑ったなぁ。
来年はチャンプレコードの10周年だったり、MOBYの生誕40年だったり、って言う話の中で「MOBYまだ39歳」って言うワードがコヤマ氏のツボに入っちゃったらしく、ややしばらく笑ってて次の曲入るギリギリまで引きずってたのがおもしろかった(笑)。

「これくらいのハコがちょうど良い」と言う言葉を聴いて、今日来て良かったしこれからもいっぱい楽しめるな、ってものすごく確信できたのが嬉しかった!
野音ももちろん楽しかったし、次札幌で観れるホールライブも楽しみだけど、何と言ってもライブハウスでギューギューにされてもわやくちゃになって楽しめるスクービーが最高に楽しいから☆

恐らくこれが今年最後のスクービーですが、また来年もその先も楽しみいっぱいだから思ったほど寂しくはならなかった。
それでも結局すぐDOロスにはなっちゃうんだけどね...。

でもこの2日間で何度も「ずっと一緒にやろうな!」と言ってくれた事が、自分の中でパワーの源になります!

楽しい時間はあっという間に終わり、ライブ終了。
お仲間と途中まで一緒に帰路に着き、みんなは今日や明日から仕事なんだなー、と。

でもでもごめんなさい!
私、明日も遊びつくします!!!

ただ、今日のアンコールの曲の歌詞の中に仕事を思い出させるワードが出て来たので、そろそろ仕事の頭にも切り替えなきゃな...(汗)。

と思いつつ、ホテルに帰って一人打ち上げ♪
今回泊まった有明のホテルは部屋が広いしデスクもベッドも大き目で超快適!



飲みながら書き物とかしてたら一気に夜が更けたー。


明日は遠征最終日。
ここまでは正直、何もかもパーフェクト!

特に今日はテニスかライブどちらかを選ぶ事になるだろうとずっと覚悟してたけど、結局圭くんの試合もライブも全部観れちゃったのは、本当に奇跡!!

最後に落とし穴に落っこちるような事になりませんように!!
飛行機ちゃんと飛びますように!!!

東京遠征3日目@〜楽天ジャパンオープン〜

October 12 [Mon], 2015, 21:01
3日目。

あの、すでにスーツケースがパンパンなんですけど…。
昨日服買い過ぎましたね…、そしてグッズを買い過ぎましたね…。

そんな重い荷物を抱え、ゆりかもめに乗って有明へ出発!
海を眺めながら電車に揺られるのって良い気分♪

ホテルに荷物を預け、そのまま有明コロシアムへ。
待ちに待った、初めてのテニス観戦!
楽天ジャパンオープン2015


今日から明日の夕方まではテニス三昧。
なんとか圭くんの試合観られますように…、って思ってたら今日が試合になったので観れます☆

今回はコートサイド前方席を取ったのですが、思ってたよりも近い!
ただ、わかってはいたけどコートサイドはボール追ってると首が疲れます…(笑)。
それでも人生初の生テニスに興奮しまくりであります!

センターコート1試合目
伊藤竜馬vs西岡良仁

記念すべき1試合目は日本人対決!

んー、どっち応援しよう??まぁ、どっちも頑張れ!なんて思って観てたのですが、試合が進むにつれなんとなーく西岡君寄りに。
左利きである事(自分もそうだから)、プレースタイルが独特でなんか好みで観てて楽しい♪

接戦でファイナルセットまで行く熱い戦いの末、伊藤君の勝利となりました〜!

試合の合間には松岡修造さんが登場して熱く語ったり熱く客いじりしたり(笑)。
「みんな会社や学校はどうしたんだ!休んだのか!!」と。


センターコート2試合目
アレクサンドル・ドルゴポロフvsサム・クエリー


ドルゴ応援しながら観てました〜!サーブがカッコ良いんだもん☆

なんかもう迫力がすげえぇぇぇ!!!音の響きとかすごかった。
テレビで観るのとはやっぱり違いますね。

結果はクエリーの勝利でした!

センターコート3試合目
錦織圭vsポルナ・コリッチ

きーーーーたーーーーー!!!
圭くーーーーーーーーーーーーーん!!!!!

もうコートに登場した瞬間に感極まりまくり。

あの圭くんが目の前に!!!同じ空間に!!!同じ空気を吸ってますよ!!!
今までたくさんの感動をくれた圭くんをこの目で生で観ている奇跡に感動。涙。


が、試合が始まると圭くんの調子がなかなか上がらず、早々にブレークされてしまいました…。
「初めての圭くんの試合が敗戦なんて絶対嫌だー!」って言う気持ちもあり、もちろん連覇を祈っているので、また違った意味で涙目。
ドキドキしまくって多分プレー中はほぼ息止まってたと思います。
1ゲーム終わるごとに深呼吸を要する状態で酸欠寸前でした。
何で1回戦からこの人こんなに死にそうなの??と思われたかもしれません。

家で一人で観てても結構声出すタイプのため、さすがに現地では我慢してたんですけどやっぱり思わず「あっ!」とか「おっ!」とか「しゃっ!!」とか漏れまして、サーブ打つ時は「入れ入れ入れ入れ入れ…」ってブツブツ言っちゃってるしブレークチャンスでも「行け、やれ、やっちまえ」と呪文を唱えておりまして、まわりの方にはご迷惑を…(汗)。

結局1セット目は取られてしまいました。
テレビだとピンチの時に観れなくてチャンネル変えたりしちゃうんだけど、生観戦ではもちろんそんな事できず、もうただひたすら祈って見守るしかありません。
もはや私にとっては修行のような時間でした。

それでも圭くんは調子を取り戻し、数々のスーパープレーで追い上げ!
202キロサーブ、パッシングショットにドロップショット、リターンエースにダウンザライン。
テレビで観て何度も興奮した技を目の当たりにして、もう本当に夢の様でした!
圭くんのテニスは本当に楽しい♪

あ、大事なお着替えタイムも観れたよ☆

そして!ついに圭くんが2セット連取して勝利!!!
やったぁぁぁ!!!


1セットダウンからの勝利、観てる間はホント心臓に悪かったけど、結果的にはとっても私好みの展開でした☆
最高の時間でした、本当に幸せでした、ありがとう圭くん!!

圭くんを日本で観られるチャンスなんて年に数える程しかないし、それが土日ともなればチケットは争奪戦だし、そんな数少ないチャンスと私が休みを取れて金銭的に余裕のある数少ない機会が合致する事なんてそうそうないから、ホントに今日観られて嬉しかったです!

忘れられないテニス観戦デビューになりました!

勝利インタビューまで観てヘロヘロの状態で会場を出る。
すっごい体力消耗した感じが...。
テレビで観ても試合後グッタリしちゃうんだもん、生で観たらそりゃこうなるよなぁ。

ホテルに着いてどうにか急いで着替えて今度は下北沢へ向かうのです!
私の1日はまだまだ終わらない...。


東京遠征2日目〜SCOOBIE DO野音〜

October 11 [Sun], 2015, 20:42
2日目。
朝起きて昨日の真央ちゃんや圭くんのニュース観てニヤニヤしつつ準備開始。

まず向かったのは日比谷神社。


今日のメインはスクービーの野音なので、どうしても今日の日付でここの御朱印が欲しかったのですよ。
日本列島の絵がついた旅行御守りもゲット!これ持ってまたいろんなとこ行きたいな♪

次は昨日行く予定だった浅草のショップへ。
東京来たらここで服を買うのが恒例で、また今回も仕入れか?ってくらい大量に買ってしまいました...(汗)。
大好きな和柄アイテムも増えた〜!
約1年振りだったんだけど、スタッフさんが覚えててくれてたの嬉しかった♪

ホテルに戻ってライブの準備。
本日のメインイベント会場、日比谷野外音楽堂へ!


お仲間と合流し、プレミアムチケット特典のTシャツとパンフレットをいただいてオープンまで待機。
途中リハが聴こえてドキドキと笑いが止まらなくなる(壊)。

と、入場口に飾られたお祝いの花の数々を眺めると、怒髪天やフラカンなどお馴染みのバンドさんの花があったり、道民にお馴染み夢チカの花があったりする中になんとラグビーの五郎丸選手の花が!
ちなみにこの日サモワ戦勝利の翌日ですし、今最も旬な人ですよ!
五郎丸選手から花贈られるバンドなんてスクービーしかいないよね、すごい!!

さて、入場時間となりいよいよ人生初の野音へ。
まずは席についてプレミアムの人だけメンバーと集合写真の撮影。
メンバーが登場すると一気にテンションアップ♪
撮影後はグッズ買ったり顔ハメ看板で記念撮影したりしてました。

そして!ついについに!
SCOOBIE DO 20周年記念ライヴ ダンスホール野音、スタート!!

1曲目が『バンドワゴン・ア・ゴーゴー』。
「ときめいたらそこへ行け」ですよ、ここにいるみーんなときめいたらかここにいるんですよ!
そう思ったらもうなんて幸せな空間なんだここは!と言う実感が全身にこみ上げてきました。

途中『月光』『最終列車』と来て『イキガイ』になった時はもう「この流れはずるいぞ!どんだけ泣かせんだ!!」と心の中で思いながらも号泣でした。
どんなに辛い時も楽しい時も、生きがいと思える存在がいつも支えてくれるから生きていけて、その生きがいの大部分を占めるのが音楽です。
スクービーの音楽をこうして感じられる事は、私にとって必要不可欠な大切なモノなんだと改めて思い知らされたのでした。

明るかった空がすっかり暗くなり、『真夜中のダンスホール』でミラーボールがまわりだしてめちゃくちゃ綺麗だった!
スクービーでないと作り出せない最高で本物のダンスホール♪

年明けにはリリースがある事が発表になり、新曲も披露してくれました!

もう大興奮で大感動な、最高の初野音となりました!
スクービーに出逢えて、ここまで連れて来てもらえて本当に良かったなって思いました。
出逢ってから今日までいろんな場面で支えてもらって、励ましてもらって、生かしてもらってきたので、これからも精一杯応援して力もらって行きたいなぁ!

私にとって、なくてはならない存在です!!
ずっとずっとずっと、ついていく!!

スクービーさんは明日もライブ!
なんて働き者なの(笑)。

私もスケジュール繰りがうまく行けば参戦しまーす♪

ライブ後はみんなで打ち上げして、ホテル戻ってからも一人打ち上がりして。
ここで旅は折り返し、半分でももう溢れる程楽しんでますが、残り2日も思いっきり楽しんで遊び倒して帰ります!

いろんな事あったけど、ライブ始まったら吹っ切れた。
無我夢中で踊りまくったせいか、足にダメージが...(汗)。

東京遠征1日目A〜カーニバルオンアイス〜

October 11 [Sun], 2015, 18:39
さて、本来の予定では東京に戻ってお気に入りのショップめぐり、だったのですが...。

会場の外に出ると「リピーターズチケット」なるモノが売られているのを発見。
夜のカーニバルオンアイスが6000円引きで観れる!!
これは…、観るしかないでしょ!町田くんみたいもん♪とあっさり購入。

観たかったけどアイスショーは高くて諦めてたんですが、こんな事があるなんて〜!

と言うワケで再びさいたまスーパーアリーナに入場。
昼間より端だけど前の席でした。

まず全出場スケーターが順に登場。
町田くん、出てきた瞬間立ち姿でわかる!素敵だ!もう涙目ですけど!
オープニングの振付は佐藤有香さんで、最後は真央ちゃん、町田くん、さとこちゃん、しょーまくん、ダイスの5人が寝転がる(星を観てるって演出らしい)のがすごい感動的でした♪

とりあえず出演順と演目(わかるものだけ)↓

宇野昌磨『Legends』
佐藤有香
ジェレミー・アボット
グレイシー・ゴールド
村上大介『Dance With Me Tonight』
アシュリー・ワグナー
町田樹『継ぐ者』
荒川静香
宮原知子『Pennies From Heaven』
ブライアン・ジュベール
アデリナ・ソトニコワ『ある恋の物語』
メリル・デービス&チャーリー・ホワイト
ハビエル・フェルナンデス
エリザベータ・トゥクタミシェワ『I Put A Spell On You』
パトリック・チャン『メス・イズ・マイン』
浅田真央『踊るリッツの夜』

私的にはすっかり町田くん祭でした…。
昨シーズン一番胸を熱くしてくれて、突然の引退で内地のアイスショーなんて行けない私はきっと二度と観れないかもしれないし、今回も諸事情(主に金銭面)で観れない、と思ってた町田くんを思いがけず観られる事になったので、もうドキドキしっぱなしでした。

噂に聞いてた『継ぐ者』はこのショーが最終公演だと言う事で。
率直な感想としては
「やっぱり町田樹はいつだって町田樹なのね」

ものすごい完成度のプログラムで、町田くんの完璧主義って言うか、こだわりって言うか、とてつもない世界を見せつけられて圧巻でございました。
唯一無二のものすごい人だなと改めて思わされ、こんな素晴らしいスケーターに出逢えて本当に良かったなと思いました。

エンディングの時、Tシャツの袖捲り上げてたのは反則です!
ぎゃあぁぁぁぁぁ☆ってなりました。

真央ちゃんはアンコールでSP『素敵なあなた』を披露してくれました!
全日本で観れたら良いな〜♪


もうめいっぱいフィギュア漬けで、なんとも幸せな1日になりました!
どっちも観て大正解だった!!

大好きな日本人スケーターと世界のトップスケーターをこの目で観られた事は、最高の経験となりかけがえのない思い出になりました。
競技会とアイスショーの両方観た事で、スケーターの魅力何倍にも楽しめたって思うし。

そして何としても全日本選手権のチケット取ってやる!と闘志を燃やしております。

ホテルに帰り、素敵な演技を思い出しながら寝落ちして1日目終了...。
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:メグミ
  • アイコン画像 誕生日:8月25日
  • アイコン画像 現住所:北海道
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-ライブに行くのが大好きです♪
    ・旅行-国内を旅するのが大好きです☆
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
P R
管理人に物申す

TITLE


MESSAGE