時間の長さ 

2007年11月30日(金) 18時15分

それでも もう知っている
あの日すべてが変わったこと・・
あんなに長い時間関わっていたのに
終わるときは本当に一瞬なんだ
一緒にいた時間はお互い同じなのに
きっと僕の方が長く感じている
不思議だけど、そう思う

白い君 

2007年11月30日(金) 17時54分

そばにいたらこんなに明確なのに
少しでも離れると
何も見えなくなる・・・
これは全部夢?
ねぇ、ねぇ・・見えない君を
ただ呼んでみる
僕は多分君の名前を
誰よりも優しく呼べるよ

行き先 

2007年10月22日(月) 18時26分


どこへ行くの?
そっちは危ないから
こっちへ来てほしい。
声に出したいのに
心で呼ぶ。
もう泣いてしまいそう・・・
今、すごく近くにいる。
でも触れることができない。
それをしたら何もかも
崩れてしまう。
いっそのこと両手を広げて
迎えてほしい。
たとえずっと眠ることになっても・・・
答えを見つけに行くのではなく
二人で永遠に考えればいいよ。
ここじゃない所へ行こう。

天使の仕事 4 

2007年10月17日(水) 12時29分
神様は雪になった天使の羽を集めてタンポポに
届けるように言ったのです。
タンポポさんは白い羽を見て、いつもそよいでいてくれた風が
初めて天使だということを知りました。
そして、天使の優しさが痛いほどわかってしまったのです。
わかりすぎて、タンポポさんはとても悲しみ、もうこのまま
咲いてはいられないほど天使を失った大きさに気づいたのです。

そして次の日、タンポポさんは白い綿毛になりました。
神様が天使とタンポポを一緒にしてくれたのです。
タンポポの白い綿毛は天使の羽からできていたのです。

そして・・・タンポポの綿毛は雪のように、
風にのって色んな場所に暖かく降っていくのです。

おしまい。

天使の仕事 3 

2007年10月17日(水) 12時21分
そんな冬の朝、神様が天使に言いました。
「最近、雪を降らせてなかったな。よし、今日は
雪を降らそう」

天使は困ってしまいました。ただでさえ寒い中、
必死で咲いているタンポポさん。
雪なんて降らしたら凍え死んでしまう。
どうしよう・・・
神様の信頼も裏切りたくない。

天使は考えました。考えて、考えて、そして・・・

その日、雪が降りました。
でも、冷たくありません。
どこか暖かささえ感じる雪です。
街がすべて白くなったとき、
優しい天使はもういませんでした。

天使は雪の代わりに自分の白い羽を
一本一本抜いて降らせていたのです。
こうするしか天使にはできなかったのです。
神様は悲しみました。
せめてタンポポさんのそばに優しい天使を
行かせてあげたいと思い、
ある天使にお仕事を頼みました。

天使の仕事 2 

2007年10月17日(水) 12時08分
そんな優しい天使でしたが、最近気になって仕方ない
ことがあります。
それは、ある所にポツンと一つ小さく咲いているタンポポです。

天使は「こんなに寒くてお花はみんな春が来るまで咲くのを
待っているのに、あのタンポポさんはどうして一人で
咲いているのかな?」
と不思議に思って毎日タンポポさんを見ていました。

ある日ある時、天使はこっそり風に姿を変えて
タンポポのそばに行きました。
そして、話しかけてみることにしたのです。
そよそよそよ・・・心地よくタンポポさんに吹きかけます。
「こんにちは、タンポポさん」
タンポポさんは答えます。
「誰?」
「僕は風です。ねぇ、タンポポさん。
どうして、一人で頑張って咲いているの?」
タンポポさんは恥ずかしそうに答えます。
「それはね、間違っちゃったの・・・ふふっ」

天使はそんなタンポポさんが可愛くなってしまいました。
天使は言います。
「ずっと気になって見ていたんだ。」
タンポポさんは嬉しそうに答えます。
「一人で咲いていてずって寂しかった。ときどきお話相手になって
くれる?」
「もちろんだよ。」
天使は大喜びです。
それからというもの、毎日毎日天使は
風になり、タンポポさんのそばに行きました。
二人はとても幸せだったのです。

天使の仕事 1 

2007年10月17日(水) 11時48分
天使にはたくさんの仕事があります。
恋のキューピットになったり(二月はバレンタインデーがありとても忙しい)、
寿命をまっとうした人を空に連れて行ったり、
困っている人に手を差し伸べたり・・・などなど。
さまざまな仕事があり、そしてどれもとても大変な仕事なのです。

天使はどんな姿をしていると思いますか?
赤ちゃんみたいな姿で金髪の巻き毛って思う人が
多いかもしれません。
実は天使は自由自在に姿を変えてあらゆる場所に存在しているのです。

天使はみんな優しいのですが(中にはたまにひねくれものも天使もいるけれど)
ある一人の天使はとてもとても優しい天使でした。
その天使は雪を降らす仕事をしていました。
神様が「今日は雪を降らす」と言えば、天使の出番です。
雪を降らす仕事はとても難しいのです。
子供が喜ぶような、街中がきれいに白くなるような、
すべって転ぶ人がいないような、
そんな雪を降らすのです。
そこまで気を使って雪を降らすのは
優しい優しい天使ならではなのです。
だから、神様はその天使をとても信頼していました。
天使に任せておけば安心だったのです。

運命 

2007年10月06日(土) 8時56分

見つけた
やっと
たぶん めぐり合えない運命だったのに
今までのすれ違いもほんの少しの
時間かせぎだったね
君が道を作ってくれたから
歩いていくよ
そして あの太陽が隠れた雲のふちに
何があるのか
探しに行こうよ 二人で
ねぇ いつか

違う世界 

2007年09月28日(金) 22時09分

生きている世界がちがうと
最初から知っていたけど
わかりあえば同じ場所にいられると
思った
霧に包まれたようにわからない君
少し 晴れてはまた見えなくなる
何も変わらないようで
少しずつ
違っていたと僕は思う
そして、凍りついたあの日
どんなに手を伸ばしても
僕には触れない世界があると
痛いほどわかった

お別れ 

2007年09月27日(木) 21時40分

今日までここにいたのに
明日はもういないなんて
少しも実感わかないよ
最後に一目会いたかった
ちゃんとバイバイ言いたかった
さようならを言わないと
いつまでも想い続けてるよ
私の中で終われない
ねえ、だから ずっとここにいるよ
ずっとずっと大好きだよ
最新コメント
アイコン画像よしらっくま
» 眉毛 (2007年04月06日)
アイコン画像よしらっくま
» 眉毛 (2007年03月31日)
アイコン画像よしらっくま
» 東京タワー (2007年03月29日)
アイコン画像お猿♪
» 冬の朝は (2007年02月12日)
アイコン画像ぷにゅにゅ
» 冬の朝は (2007年02月11日)
アイコン画像お猿♪
» 今日はディズニーシーに行きました♪ (2007年02月11日)
アイコン画像ぷにゅにゅ
» 今日はディズニーシーに行きました♪ (2007年02月10日)
アイコン画像ぷにゅにゅ
» 今日はめでたい日♪ (2007年02月09日)
アイコン画像ぷにゅにゅ
» 美容師さんから教えてもらった♪ (2007年02月09日)
アイコン画像ぷにゅにゅ
» バレンタインが近い・・・ (2007年02月07日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:love_hina
読者になる
Yapme!一覧
読者になる