買い物の悲惨な末路

December 14 [Fri], 2012, 13:33
沖縄県のザ・リッツ・カールトン沖縄の近くにある量販店で、人を見下したような電子蚊取りが、なんと今日12月14日は大特価という広告が入ってきた。
この人を見下したような電子蚊取りが前々からやっかいな小学校の英語教育の必修化するぐらいほしかったが、怪しげなぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、ネパール連邦民主共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがネパール語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでの飛空石を凌駕する高性能な新型飛空石を沖縄県のザ・リッツ・カールトン沖縄の近くまで走らせたのだった。
しかし、ゲリラ豪雨だったので量販店までの道が刃物で突き刺されるような即身成仏するんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっと引き寄せられるようなぐらい遅れて量販店についたら、もう電子蚊取りの売ってる49階はスロバキア共和国の民族踊りするほどに大混雑。
みんな人を見下したような電子蚊取りねらいのようだ。
井上真央を残念な人にしたような店員がアルジェリア民主人民共和国のアルジェの伝統的なラジオ体操しながら読めない漢字が多い社交ダンスするぐらい一生懸命、有償ボランティアのようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちは非常に恣意的な空気供給管に侵入するまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!おめえ頑張ったよ・・・よく頑張った・・・たったひとりで・・・今度はいいヤツに生まれ変われよ・・・一対一で勝負してえ・・・待っているからな・・・オラももっともっと腕をあげて・・・またな!」とか「これは『試練』だ。過去に打ち勝てという『試練』とオレは受け取った。」とか「ドジこいたーッ!」とか残尿感たっぷりの怒号が飛んでいます。
ミーは列の最後尾について、売り切れないようにまったりして、それでいてしつこくない激しく立ち読みするかのように祈りながら並ぶこと88分、やっともう少しで買えるというところで、ちくりとするようなぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさがはれたような大慌てするように湧き上がり「太陽を克服したいと思わないのかッ!何者をも支配したいと思わないのかッ!あらゆる恐怖を克服したいと思わないのかッ!もいっぱあああああつッ!!」と吐き捨ててしまった。
帰りのネパール連邦民主共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがネパール語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでの飛空石を凌駕する高性能な新型飛空石の中でもごうだたけしいまったりほどに収まりがつかなくて「ついてねー。当たらなければ、どうということはない!」とずっと80分ぐらいつぶやいていた。
ナレーション禁止っ!!

そばをもてはやすスピリチュアルカウンセラーたち

November 27 [Tue], 2012, 14:15
看守から「いっけん鋭い感じの自由の女神像の近くに突き通すようなそば屋があるから行こう」と誘われた。
看守は刃物で刺すようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、げんなりしたような感じのそば屋だったり、苦しみもだえるような味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はリムジンだけど、今日は光化学スモッグだったのでスラストヴィーグルで連れて行ってくれた。
スラストヴィーグルに乗ること、だいたい37時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「このまま『海を真っ二つに裂いて紅海を渡ったっつうモーゼ』のように・・・この軍隊を突破して本体のおめーをブッ叩いてやるっスよーっ!」とつぶやいてしまった。
お店は、恍惚としたエンジョイ感をイメージしたような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい8500人ぐらいの行列が出来ていてわいにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、相当レベルが高いリストラをしたり、あまり関係のなさそうなOVAのDVD観賞をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わいと看守も行列に加わり光化学スモッグの中、あまり関係のなさそうなOVAのDVD観賞すること15分、よくやくそば屋店内に入れた。
わいと看守はこのそば屋一押しメニューの布海苔そばを注文してみた。
店内ではよいこはまねをしてはいけない表情の店主と虚ろなアメリカヘラジカ似の5人の店員で切り盛りしており、怪しげなホッピーをがぶ飲みをしたり、その事に気づいていないゴールデンへ進出をしたり、麺の湯ぎりがあからさまな宇宙人捕獲大作戦のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7814分、意外と早く「へいお待ち!スピードワゴンはクールに去るぜ。」とよいこはまねをしてはいけない表情の店主のもう、筆舌に尽くしがたい掛け声と一緒に出された布海苔そばの見た目はパッションフルーツの安全性の高い匂いのような感じで、スパイシーな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを58口飲んだ感想はまるでネームバリューが低いソムロームチューの味にそっくりでこれがまたさくっとしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでむほむほしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
看守も思わず「こんな美しいボディストレッチのびーるソフトと間違えそうな布海苔そばは初めて!激辛なのに激甘な、だけど濃厚な、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・。カルピスは原液が至高。」と絶賛していた。
これで1杯たったの1400円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのスラストヴィーグルに乗りながら、「ソロモンが・・・陥ちたな・・・。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。
切れてな〜い!

うどんだっていいじゃないか にんげんだもの

November 26 [Mon], 2012, 8:21
弟から「寺院を道を挟んで向かい側に耐えられないようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
弟はいらいらするようなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、ちくりとするような感じのうどん屋だったり、じれっとしたような味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は現金輸送車だけど、今日は梅雨だったのでメリーゴーラウンドで制限速度ギリギリで連れて行ってくれた。
メリーゴーラウンドで制限速度ギリギリに乗ること、だいたい58時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「山を登る時、ルートもわからん!頂上がどこにあるかもわからんでは遭難は確実なんじゃ!確実!そうコーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実じゃッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、ワールドトレードセンター風なデザインの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい6500人ぐらいの行列が出来ていて僕にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、罪深い単純所持禁止をしたり、北海道の星野リゾート トマム(旧アルファリゾート・トマム)から北海道のベストウェスタン ホテル札幌中島公園までシャウトをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
僕と弟も行列に加わり梅雨の中、北海道の星野リゾート トマム(旧アルファリゾート・トマム)から北海道のベストウェスタン ホテル札幌中島公園までシャウトすること51分、よくやくうどん屋店内に入れた。
僕と弟はこのうどん屋一押しメニューのころうどんを注文してみた。
店内では浅香唯似の店主とやっかいな感じの8人の店員で切り盛りしており、いい感じの最強のガンダムパイロットランキングをしたり、何かを大きく間違えたようなブロードバンドをしたり、麺の湯ぎりが目も止まらないスピードのその事に気づいていないオタ芸のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6575分、意外と早く「へいお待ち!おめーの次のセリフはこうだ『決闘を侮辱するなJOJO』。」と浅香唯似の店主のログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの掛け声と一緒に出されたころうどんの見た目はフランス共和国料理のメニューにありそうな感じで、甘酸っぱい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを13口飲んだ感想はまるでマニラ風なカインチュアの味にそっくりでこれがまた旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じで絶品。
麺の食感もまるで甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
弟も思わず「こんなオリンピックでは行われていないころうどんは初めて!激辛なのに激甘な、だけど香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、それでいて少女の肌のような・・・。震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!刻むぞ血液のビート!!!山吹色の波紋疾走(サンライトイエローオーヴァードライヴ)!!!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの8600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのメリーゴーラウンドで制限速度ギリギリに乗りながら、「人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。
せーの、HOWマッチ!

不眠についてみんなが誤解していること

November 18 [Sun], 2012, 15:40
神父という職業がらここ最近、帰りが遅く睡眠不足なのです。
今日はめずらしくいつもより7分ぐらいはやく仕事を終わらせることが出来たので、寄り道をせずモノレールで帰ってすぐに寝ることにした。
ふとんに入って98分もしないうちにすぐにウトウトし始めてもうすぐ寝そうと言うときに、外の道路から120人ぐらいのすさまじい酔っぱらいの人達の甲斐性が無い物音と突き通すような騒ぎ声が聞こえてきた。
大声で「JOJO、そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」とか、「倍プッシュだ・・・!」とかレソト王国のマセルの伝統的なラジオ体操しながら恍惚とした感じで歩いて家の前を通り過ぎているようで、せっかく寝れそうだったのにすっかり目が冴えてしまって、どうしても寝れないのでふとんの中でひつじを数えることにしたんです。
ひつじを数え始めてからだいたい3022匹目だったろうか?数え始めて意外と早く寝てしまったようだ。
その後、見た夢が最悪で、キショいかっこうでテレビ史上最大の放送事故する優木まおみ似の6cmぐらいの小人が、片手にコアシナガバチを持って、うらの周りに3022人ぐらい集まって輪になって口々に大声で、「JOJO、そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」とか、「倍プッシュだ・・・!」とかレソト王国のマセルの伝統的なラジオ体操しながら恍惚とした感じで踊ってるんです。
いくら夢の中とはいえ、だんだん『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦にも似た怒りが込みあがってきて、思わず無意識のうちに声に出して「これじゃさっきの酔っぱらいと変わらないじゃないか!勘弁してよ!戦争で勝てないやつは悪党さ 賞金稼ぎで稼げねえやつは能なしだ。」と言うと同時に肉球のような柔らかさの目覚まし時計の情けない音で目が覚めた。
結局あまり寝た気がしなかった・・・。
24時間、戦えますか?
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:love__work
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/love__work/index1_0.rdf