原因と結果の法則 

2010年05月23日(日) 13時44分
時間が出来たので読めました。
現代風に一言でいってしまえば、 ヤバイ です。

何がヤバイって、人生の考え方を変えてくれたといっても過言じゃないから。
ベストセラーって本当に凄いものですね。
人間なんてものは、何も変わっちゃいないのだと痛感しました。

個人的な原因と結果の法則の解釈

今の自分の周囲の環境は、自分の心の鏡。
それに不満があるのならば、「環境」を不満に思うのはお門違いなのです。
なぜならその環境は、自分がなりたい、ありたいと思って意識・無意識的に行動してきた「結果」なのだから。

だから環境に不満を思っちゃいけません。
環境の前にまず、自分を省みることです。

何故この環境を嫌だと思うのか、そこにはきっと、自分の中に「原因」があるんです。
そしてその原因を素直に捉えて、自分を変えようとするならば、絶対に環境は変化してきます。
これが結果と原因の法則。

転勤が確定して。
仕事の説明を聞けば聞くほど不満ばかりに目がいって、仕事のモチベーションがあがらなくて。
環境に不満を持ってました。
そして環境を変えようとばかり思っていました。

けれどこの本を読んで、まずは自分を変えるべきだと思いました。
そう素直に思えたのは、この今の環境を選んだのは今までの自分の行動の結果だと納得が出来たからです。

欲望の自己犠牲のバランスを忘れてはなりません。
二兎追うものは一兎をも得ず。
今はきっと勉強の時期なんです。

この感覚はずっと忘れてはいけないんだと思います。
自分が変われば、周囲も変わる。
当たり前の事なんだけれど、それのなんと簡単で難しいことか。

新社会人だけでなく、まだ読んでいない方には是非とも出会っていただきたい1冊でした^^
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さくら
読者になる
新社会人の試行錯誤おしごとぶろぐ。

主に自分用に読んだビジネス書をまとめてみたりしちゃう予定。
10年後読み返して、懐かしく思えたらいいなと思う。

2010年05月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる