カンボジア トゥールスレンの傷跡 

January 10 [Thu], 2008, 23:12
前回の日記にも書いた続きですが、トゥールスレン博物館というものに行ってきました。

ここは、、、  知らない人も知ってる人も多いと思いますが、今から約30年前に終焉したポルポト政権の時代に、数え切れないほどの拷問が行われた場所です。

もともとは小学校だったこの場所をルームメイトのプランが案内してくれました。

一見には整理されてきれいな場所でした。



でも、そこにはそこでなくなった方たちの慰霊碑や、実際にそこで監禁されていた人の写真が無数に展示されていました。

実際に拷問に使われた部屋もほぼそのままの形で残されていました。



部屋に入った瞬間重苦しさを感じました。

今からほんの30年前、実際に同じアジアであった出来事。

そして、その政権が終わったあと、たくさんの難民が存在していたことをニュースで聞いたことを覚えています。

その時の僕は何の関心も持っていなかった。ニュースのことも記憶の片隅に残っていたことで、事実を知ったのは今回がほとんど初めてだった。

カンボジアの人々の心に深い傷跡を残した出来事です。

そして今も尚、この当時埋められた何百万といわれる地雷が、毎年1000人近い犠牲者を作っています。



地雷を埋めるためにかかるお金はごくわずかだったそうです。でもそれを撤去するためにかかる費用と、危険と隣り合わせになるこの作業はお金には変えられないものです。

今もその傷跡を残しているポルポト。人が、しかも同じ民族でどうしてそんな酷い事ができるのか!
展示された写真の中には赤ちゃんもいました。許せない。

きっと、みんないつも笑顔だけど、カンボジアの人々は深い悲しみに包まれているんだと思う。。。


現実の一つです。


でも、今日は暗い話ばかりではありません

同じ日、学校の生徒でもあり先生もしている大学生のナリーが誘ってくれて、ナリー友達のカンボジア人の結婚式に行って来ました しかも一日に2組

こちらの結婚式は本当にざっくばらんというか、まったく顔も知らない僕が普通の出席しちゃいました。 一組はカンボジア人同士の結婚式でしたが、ホテルのプール沿いでのお食事で、カンボジア料理を堪能しました〜



普段の食事もおいしいけれどさすがにホテルのご飯はさらにおいしい

しかし、数日前におなかを壊したばかりなので少し控えめに食べました。

もう一組は日本人男性とカンボジア人女性の結婚式でした

二人とも国際機関で働いていて出会われたのだそう。まったく関係のない僕ですが、会場内うろうろと写真をいっぱい取らせて頂きました

そしてここでもおいしいお食事をたらふく召し上がってしまいました

おなか壊さないかと心配もしながら、いい日? 充実した日?
なんと言っていいのかわからないけれど、いろんな事を見て知ることができた日でした。

これも30日の出来事です。

翌日にはカンボジアでも有名なリゾートビーチ的存在のシアヌークビルへ生徒大勢と一緒に行ってきましたよ! この写真なんかはまた追って掲載いたします。

ご結婚おめでとうございます。

そして、、戦時中戦後になくなられた方へはただご冥福を祈るばかりです。

そして、、もっと世界のことに関心を持たなくてはと改めて思いました。

カンボジア日記 ゴミ山について 

January 01 [Tue], 2008, 0:28
新年明けましたおめでとうございます!
今年もみんなよろしくね!

さて、少し前の話ですが、30日、カンボジアではとても有名な地、ゴミ山とトゥールスレン博物館へ行ってきました。
ルームメイトのプランにガイドしてもらったのでいろいろと話を聞くこともできました。

まず最初に行ったゴミ山とは。知ってる人もいるかもしれませんね。 スモーキーマウンテンとも呼ばれているところです。



その名の通り、ゴミ捨て場です。 プノンペンのゴミの集積場です。

そして今回どうしてそこに行ったのかというと、以前見た映像を確かめる意味もありました。



その映像では、ありとあらゆるゴミが捨てられたその場所に人が住んでいる。たくさんの子供もいる。そんな人たちが生活の糧に、ゴミを拾って生きている。そんな姿が描写されていました。

確かめてきました。

文字通りのゴミの場所でした。

行ってその日は少し雲はありましたが晴れの日でした。

でもその場所は煙がいっぱいでした。ゴミを燃やしていました。

そして、そこで、たくさんの人が働いていました。たくさんの子供たちも含めて。

その人たちはゴミの中にある売れるもの、鉄やプラスチックをみんなで選別していました。



プランに聞くと、たくさんの収穫があったときは1日10000リエル(日本円で270円位)位の収入になり、なんとかその収入で暮らしの糧を得ているそうでした。

確かに劣悪な環境、でも、子供たちは笑っていました。

ゴミを燃やしていたのは、選別をした後、ゴミが増えすぎるから燃やしているとのことでした。

体に悪影響を及ぼすガスもたくさん出ているかもしれないのに、ほとんどの人はマスクすらしていませんでした。

もちろん子供も。

でも、子供たちは冗談言い合ったり、時折、自分と目が合ったときはものめずらしそうに僕を見て、にっこりと笑いかけてくれる子もいました。

澄んだ瞳でした。

これは、多くの発展途上国にある貧富の差から起こる問題だと思います。
国の政策による問題と言えると思います。
誰もゴミを拾って生きたいとは思わない。

でも、貧しい農村から都市部へ集まってきた人はなんに教養も技術も持たず、生活を支える定職も見つけられず、住むところも時にままならず、そうした時に行く場所はこうしたところ。

ここだけでなく行くさまざまな場所で子供が、プラスチック(ペットボトルなど)や鉄を拾い集めていました。

みんな生きることに、日々を暮らすことに一生懸命でした。

日本の戦後もこんな光景だったのだろうかと、何度も思い起こされました。

今の日本と比べればまるで別の世界です。

でも、同じ人間が、子供たちが、同じアジアの人々がそうした暮らしの中にいることは紛れもない現実です。

何かこうした人たちにできることはあるか? 何が本当によいのかわかりません。 でもできることがあることはわかりました。

先日見た日本の番組の中で、ある研究グループの人が言っていました。

『温暖化が進む地球において、われわれ先進国はこれまで多くの化石燃料を燃やし二酸化炭素を無尽蔵に排出し、今の環境破壊を作ってきた。 今こそ、私たち先進国にはこの温暖化を食い止め、私たちが暮らす地球を守る責任がある』と。

日本はアジアで唯一の先進国。ならば自分たち日本人には同じアジアの人たちを援助する責任があるのかな。

日本にももちろんたくさん問題はあると思う。だけど、ほとんど人は、ものや食べる物に不自由もせず暮らしていける。雨風にさらされない安全な家がある。豪華ではなくても清潔な服を毎日来ていられる。
病気になれば薬も飲めるし医者にもいける。



大変な人はたくさん世界にいます。

日本はまだまだいい国ですよ。そう思いました。

少しずつですが、また違った世界をみています。


そして、少しずつ英語を忘れそうなので今日英語の本を買いました。2.2ドルでした。

カンボジア日記 体調絶不調 

December 25 [Tue], 2007, 16:54
メリークリスマス
だね。

しかし、カンボジアでは、少なくとも俺には一片のクリスマスなし
間違いない!

実は数日間*2−3日間、体調激悪に陥っていました。病院にも行ってきました。海外で初めてです。

原因はいろいろあると思いますが、この暑さと、なれない食べ物となれない飲み物でしょうか?
思えばきてすぐに、美味しいカンボジア料理に惚れて毎日三食刺激的な食べ物をほおばっていたことが災いしたのかもしれません。



もともと風邪気味だったのに加え、

腹痛、下痢、嘔吐、頭痛、咳、微熱、倦怠感、などなど、いろんな症状が駆け巡ってました。
病院ではカンボジア人の(英語は話せます)先生に診てもらいました。
久しぶりに検○もしました。
体中の関節が痛くて夜もあまり眠れませんでした。


そして今現在。 完璧ではないけどかなりよくなってきています。
食欲も少し筒ですが出てきました。

友達にベジマイトをもらっていたので健康のために今日から食べるつもりです。このものすごい匂いの強さはカンボジアの暑さにも勝てそうだ!早速パンを買いました。

*ベジマイトとはオーストラリア人が大好きな納豆のようなもので、みんなこれをパンに塗って食べます。匂いはすさまじいですがとっても健康的な食品です。

来て早々ですが、いろんなことを経験しています。 いろんな意味でたくましくなれそう


そんな中ですが、昨日は急遽1クラス(1時間)を一人で仕切りました。冷や汗を流しつつ。
いつもそのクラスで教えているカンボジア人の日本語の先生が、他の用事で来れなくなったための代打です。

初めてでもあったので自己紹介をみんなで考えて、一人づつスピーチしてもらいました。

すべての生徒が日本語がうまいわけではないので、時には英語で説明もしたり他の子に説明してもらったり、でもまあ楽しくできたかなぁ自分的には

そして今日は、広島の中学生とその先生方が日本語の授業を見学に来ます。
なぜ一度もまともに授業やってない俺が先生?とも思いながら、まあなんとかなるでしょう。


日本はクリスマス一色ですか?

オーストラリアはパーティとバーゲンですか?

カナダのクリスマスはきれいですか?

メキシコのクリスマスも暑そうですね?

みなさん、楽しむことも大切ですが、くれぐれも健康に気をつけましょう。予防第一です 僕のようにならないように



カンボジア日記 はじまり〜 

December 21 [Fri], 2007, 17:16
ハロー皆さん!お元気ですか?

18日に無事カンボジアに到着し始めてインターネットをしてます。

こっちはね、熱い! まだ今から夏に向けていくらしいけど、既に32度

くらい??

夏には40度にまで達するらしいから、ともかく南国です。

必ず真っ黒になって帰ってきます!

到着の日から日本人学校の校舎内にある部屋?に住んでいますが、ま

だ、授業には本格的に参加しておらず、日本人で参加してるボランティ

ア先生やカンボジア人で日本語を教えてる先生のアシスタント、という

か見学かな、みたいな感じで授業に入ってるだけです。

しかし、待ってても何も変わらないので来週月曜日からやってみます。

今日それをマネージャーに言って土日で用意して、やってみる。

できるかなぁ。。。そんな感じ。

今現在ボランティアで来ている先生は佐野さんという山梨からこられて

いる人だけで、他はカンボジアの人が数クラス日本語のクラスを教えて

います。 そして今回もオーストラリアに引き続きルームメイトがまたも

やいて、もちろんカンボジア人。カンボジア人も人それぞれですね。

今のところまだ街の喧騒をボーっと眺めているだけでも面白いです。



でも普通の街中では英語もあまり通じません。でも以外にマーケットな

んかで値段交渉の英語は通じました通じたのかなあれは?

ともかく今のところ何とかなってます。 

レストランで注文するときが難点だなぁ。今日はこっちに来て3日目で

銀行に行ってTCを現金化したり、マーケットに行って買おうとしたが吹

っかけられて、逆に値切ってやったけど、多分それでもカンボジアの人

が普通に買う値段よりは高いんだろうなと思いつつ。

そうそう、昨日王宮に早速行ってきましたよ!



クメール建築がふんだんに使われているそうで、感じ的にはタイっぽい

気がしましたが、ともかく素敵な場所でした。

しかし、風邪がまだちゃんと治ってないので、ともかく大変です。

街を歩くときは、埃がいっぱい舞ってるのでマスクは外国人にとって必

須アイテムです。

ご飯は安くておいしいです。



本当に安くて普通に朝ごはんなんかも1ド

ル少しくらい。 普通にカンボジアのお店で食べていればお金はあまりか

かりません。日本食に行って食事をしても、5ドル位です。

まあ、今のところそんな感じだぁ。 本当にまだまだこれからといった感

じだね!

また、次回のチャンスには写真もアップしたいと思います!

お楽しみください。


ひであき
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:love2-smile
読者になる
2008年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる