稽古81   木刀による基本技稽古法 

December 18 [Wed], 2013, 20:37
一年以上も放置していたが、その間(大体この夏から冬にかけて)剣道にはまってしまったので剣道の稽古のことも記録していこう。


これまた最近放置気味のわたしのメインブログの剣道カテゴリーにもちょこちょこ書いていたが、こちらでは自分用の稽古のメモを取っていくことにした。

わたしが通う稽古は土日に小学校の体育館でやっている「剣友会」と時たま行く夜の武道館の大人の稽古会「道場」と昼間S先生にみっちり教えていただく「塾」が主な3つ(塾はまるで塾のようなのでそう呼んでいるだけ)。

今日で今年通算81回目の稽古。4月〜7月までは15年ぶりに再開し、剣友会で月に2回程度やっていたが、8月から急に稽古数を増やした。


今日は塾の稽古で「木刀による基本技稽古法」と基本技の打ち方を教わった。

着替える時更衣室で膝が痛くて蹲踞が出来なかったので片膝を床につける方法でやっていたと話していた方がいた。
その後の木刀の稽古で蹲踞の時に転倒しそうになった先生がいらしてその時にS先生が蹲踞が出来なければ心持ぐっと腰を落として構えるだけでもいいし、女性はなぎなたでやる「折敷:おりしき」でもいいと話していた。

あの膝をつける方法は折敷って言うんだ・・・


ずっと前は女子は蹲踞でなくて折敷をする道場もあったようで、わたしが子どもの頃も特に足が痛いとかではなく折敷で構える女の子がいたっけな。


昇段審査の稽古で礼から蹲踞の立ち居振る舞いも大切にするよう先生方にも教わってきた。
大人になってから剣道を再開したことでそういったことの意味をまた学べるというのはとてもいいことだと思った。

人と比べるとへっぽこ剣道でしかないかもしれないが、自分の中で剣道があるってことがこんなに支えになるというか誇りを持てるということが今年得たいい事だった。

とは言え・・・・


右手が利きすぎて前傾姿勢で左足の引き付けが弱い悪癖を治すのに四苦八苦。

今日は昨日に続いて「木刀による基本技稽古法」を行った。
平成15年に制定されたそうで、わたしが子どもの頃にはなかった。

今は級の審査でも行われ、小学生や初心者が稽古するもののイメージがあるが、大人同士でやってみると、右手が利きすぎていると剣先が立ちすぎて打ちがブレるなどその人の癖が出る。
わたしも毎回指摘される。
また、丁度良い間合いを取ることや元立ちがしっかり打たせる引き立て方などはやってみるとかなり難しい。


審査のために、同じ木刀を使う日本剣道形をちょっと前に集中して稽古していたが、左の小指、薬指がゆるんでいると指摘され稽古の時ぐっと持つようにしていたらその2本の指の曲げ伸ばしの際に痛くなり、今でも皿洗いなど難儀する。

S先生はほとんど毎日稽古をされるが指が変形して曲がっているとおっしゃっていた。

稽古は薄皮一枚を重ねるもの。
たったの薄皮一枚であるが、今日も重ねることができたと感謝。今年の稽古はあと数回。

陰ヨガ体験

July 14 [Sat], 2012, 12:18
昨日は近くのヨガスタジオで陰ヨガクラスの体験。
陰ヨガって聞いたことなかった。

身体能力が高くないわたしにはパワーヨガのように動きがあるものは敷居が高いが、この陰ヨガは一つのポーズを5〜10分くらい保持する動かないヨガなので・・・と言われ行ってみることにした。

表面の筋肉を鍛えるより物質的というか肉体的なヨガ(パワーヨガ・アシュタンガヨガなどのイメージ)を陽ヨガとすると、陰ヨガとは筋肉の力を使わずに、骨や筋肉を繋ぐ結合組織を特に骨盤、股関節の周りを中心に、ゆっくりと自分の体重と時間をかけて伸ばして行き、自分のからだ、内面と向き合って行くヨガで、「動きながらの瞑想」ともいわれいるそうだ。ヨガで言うプラーナ(気)の通り道、東洋的には経絡に働きかける。

陰と陽

太極図

陰と陽は互い森羅万象、宇宙のありとあらゆる物は、相反する陰と陽の二気によって消長盛衰し、陰と陽の二気が調和して初めて自然の秩序が保たれる。

例えば陽は遠心力・拡散、陰は求心力・収束



梅雨時のシークエンスをして、最後は屍のポーズで暗くしたスタジオで数分間・・・・
静かな瞑想的なヨガと言われているのがわかった。静止している間に深く体の中まで効いてきて、意識はまどろみよりもう少し脳が起きている半覚醒状態で自分の内側の空洞がどんどん広がりその中にいるような不思議な感覚。



痛みが出てきたらそれを感じる(あまりに不自然な力がかかるための一点だけの鋭い痛みは我慢しないこと)
頑張らない



例えば右足を伸ばして左足の裏を右足の付け根につけて半分は胡坐のように座り上体を倒していくポーズでは、初めの数十秒は腰やひざをかばっているのか腹筋で支えようとする。
しかし「力を抜いて」と言われ「頑張らない」と言われて数分間すると上体の重みで腰がのばされ、体の奥のほうまで効いてくる感覚。


とても気持ちいい。面白おかしい娯楽としての気持ちよさとは違う、内に向かっていく気持ちよさ。



夜になると眠くて眠くて、10時には起きていられなくなった。
今朝起きたら筋肉痛もなく、深く眠った感じがした。
肉体というより脳の疲れが取れたように思った。

ごあいさつ

July 12 [Thu], 2012, 20:48
今日からこのブログを立ち上げました。

もともと何でも日常のことを書いているブログの中にアナザーワールドというカテゴリをつくり、その中に旅行やヨガに関してのことなど非日常として入れてきました。

この春に転居とともに生活のペースが大きく変わり、今はエアポケットのような日々を送っていて、子供を産んでそこそこ大きくなったし、なんとなく自分の役割は終わったんだな・・とか思って過ごしていました。

しかし、まだ一人では生きていけない子供たちが、もう少し大きくなるまで頑張ろう、健康にわたしらしく残りの時間を過ごしていきたいと思いました。

そうでも考えてないととてもじゃないけどこの虚無感とは暮らせないように思えてしまって。
以前のように忙しければ乱雑になっていく生活にイライラし、今のように暇になれば堕落してゆるむ力に抗えない。

日常とさらなる高みを結び付けるワークとしてこれからヨガなどを実践していきたいと思います。

しかし運動不足で体も固く、体のねじれ偏りが心の偏りとも関連しているように思います。
中医では未病と言いますがわたしはまさに今未病の状態にあると思います。


少しずつマイペースに人と比べることなくやっていきたいと思います。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:抹茶左右衛門
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1971年
読者になる
子育ても落ち着いた40代。残りの時間を健康に自分らしく過ごしたい。
日常に一区切りをつけてもう一つの世界の扉を開けよう。

日常のブログは
燃える主婦魂
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる