森美術館 万華鏡の視覚 

June 28 [Sun], 2009, 16:06
森美術館 万華鏡の視覚

永遠に続く道、無限の電球、規則的な動き
3本の道が交差する


カールステン・フラー
《Y》
2003年
960個の電球、アルミニウム、木、鏡
Installation view: Thyssen-Bornemisza Art Contemporary. Collection as Aleph, Kunsthaus Graz, 2008
Photo: Jen Fong Photography / T-B A21, 2008


破壊
建造物の破壊、空間の破壊、精神の破壊、概念の破壊・・・


ロス・カルピンテロス
《凍結した惨事の習作》
2005年
コンクリートブロック、コンクリート、テグス
Courtesy: Sean Kelly Gallery, New York



揺れる、重なる、変化する
黄色、紫、青、橙

オラファー・エリアソン
《投影される君の歓迎》
2003年
赤と青のガラス、ワイヤーロープ、モーター、スポットライト、三脚
Installation view: Futuresystems: Rare Momente, Lentos Kunstmuseum, Linz, 2007
Photo: machekS / Lentos Kunstmuseum, Linz, 2007


目を奪う、心揺さぶる、アートに出会う
光、色、音、言語、概念、コミュニケーション。視覚だけでなく、聴覚や触覚など、人間のさまざまな感覚をあらゆる方向から刺激する作品と出会い、現代アートの醍醐味を体感してみませんか。本展は、優れた現代美術の所蔵で名高いティッセン・ボルネミッサ現代美術財団と森美術館が協働して、ダイナミックなインスタレーションを中心とした国際的に活躍するアーティストの作品で構成されます。
本展出品のアーティストたちは、人間の感覚や認知のシステムに関して独創的な視点をもっています。彼らが提示する世界に対面する時、私たちが慣らされた感覚は試され、普遍的だと信じてきた「常識」は覆されます。「現実(リアリティー)」とは何か。私たちが生きている世界とはどこか。人間の存在と認識に関するこの根源的な問いに対して、あらゆる可能性を探ります。万華鏡が多様で魅惑的な視覚を映し出すように、決して一つではない視点があることに気づくとき、世界の見え方が変わってくることでしょう。



連鎖
自然が広がる平和な地に、人が侵入する
人が培ってきた平和な地に、鉄の塊が侵入する
平和は破壊され、築かれる


マシュー・リッチー
《家庭農園》
2001年
ミクスト・メディア・インスタレーション
Courtesy: Stephan White / Andrea Rosen Gallery, New York / White Cube, London



映り込む天井、柱、壁、床、自分
見慣れぬ風景
遠ざかれば、近づいてみる、
近づいてくれば、遠ざかる。


http://www.mori.art.museum/contents/kaleidoscopic/index.html
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ai
  • アイコン画像 趣味:
    ・ファッション
    ・旅行
    ・アート
読者になる
my favorite brand
jill stuart banner barret
blondy GREED
2009年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
アイコン画像ai
» 気になる場所 (2009年06月28日)
アイコン画像m.k
» 気になる場所 (2009年06月27日)
Yapme!一覧
読者になる