実写版美少女戦士セーラームーン ActZero 

2005年12月06日(火) 16時28分
本編のAct1の前の話で、セーラーVの誕生秘話です。この話しから直接Act1へと続くという。

ちなみにこの話でもダークキングダム四天王が別役で出ています。
クンツァイト役の窪寺さんは黒井
ゾイサイト役の遠藤さんは白井
ネフライト役の松本さんは赤井
ジェダイト役の増尾君は花子
一人女性役がいますが、それぞれ四天王の名残りを残しながら演じています。警察官役です。

赤井(ネフ)「離せー何故我々が一般市民にあんな侮辱を受けなければならないのだー

黒井(クン)「赤井落ち着け

赤井(ネフ)「税金泥棒まで言われて黙っていられるかー

黒井(クン)「警察官が一般市民に手を出したら終わりだぞー

赤井(ネフ)「おのれぇー

白井(ゾイ)「よせ・・・」

花子(ジェダ)「白井さん無理しないで体が弱いのに・・・」

白井(ゾイ)「赤井・・・思い出せ・・我ら十番派出所四天王常に市民と共に・・・あることを・・・」

花子(ジェダ)「白井さん!白井さん!うぅ

黒井(クン)「ただの貧血だ

赤井(ネフ)「ぬわぁ

黒井(クン)「いつものやつだこれ飲んで落ち着け」

赤井(ネフ)「不味い・・・不味い・・・不味い

黒井(クン)「ほら、カマ子泣くな」

花子(ジェダ)「花子ですそれってセクハラです

(黒井がうさぎたちに気が付く)

黒井(クン)「あ〜あ・・・何か用かな遠慮しないで、我々は四天王と呼ばれているおまわりさんだよ。」

花子(ジェダ)「あんな子たちにまで嫌われてる」

黒井(クン)「これもあの宝石泥棒が好き勝手に荒らしまわってるせいだ。こうなったら絶対に」

花子(ジェダ)「逮捕しましょう

黒井(クン)「復讐だ。私は全てに対して復讐する。」

赤井(ネフ)「この人が一番怖いな・・」

実写版美少女戦士セーラームーン SpecailAct 

2005年12月05日(月) 12時36分
偽四天王不良歩き受けます

本編終了から4年後の話。
というか、4年間の空白ミオは何をしていたんですかと言いたいですが。妖気を感じレイが感じる方向へ、しかし返り討ちにあい入院する羽目に。

マスター「遅いぞお前たち」

クンツァイト「さすが偽者だと気付いていましたか」

マスター「いくらお前でもあそこまでマヌケじゃないからな」

ゾイサイト「マスター、ご冗談を」

ネフリン「もう少し上等な偽者にしてほしかった」

クンツァイトのマントがマスターの頭にぶつかって痛そうなんだけども・・・・。

ネフリン「マスター、久し振りに暴れますか」

マスター「ああ」

クンツァイト「行くぞ」

戦闘では、ネフリンが馬鹿力を出していて、ゾイサイトが戦ってるのは以外!!マスターは仮面ライダーに出てきそうな二つの妖魔と戦います。で、勝ちます。しかし勝利した途端・・・。

クンツァイト「お見事

ジェダイト「やった〜いえ〜い

ネフリン「もう終わりか手ごたえのない」

(ネフリン、ジェダイトにひざかっくんやられ怒り出す)

ジェダイト、あんたは何やってんだネフライトにひざかっくんって・・・。マスターに忠実なジェダイトもしかして呪縛が解けた本性はやんちゃな小僧ってことかw

実写版美少女戦士セーラームーン FinalAct 

2005年12月04日(日) 13時36分
はじめっからいきます。
今日のネフライト(DVD特典映像・未公開シーン)
どうやらネフライトはクラウンで生きていくことを決意した様子。そして買出しに行ってくると。変わったな〜と元碁。買出しと行っておきながら以前クッキーもらったときの借りを返すこととなり牛の角を持ち出すネフリン。

ジェダイト「ベリル様危険です

ベリル「たかが小娘と思っていた・・・」

ジェダイト「ベリル様

(共にテレポート)

ジェダイト「ベリル様ダークキングダムが崩れます

ベリル「逃げたければ逃げればよい。わららはこの城から離れぬ」

ジェダイト「ではわたしも」

ベリル「もう良い。女王様遊びは終わりだ

ジェダイト「

ベリル「何をしておる術はといたはず」

ジェダイト「私はベリル様を主と決めております。」

ベリル「何

ジェダイト「絶対におそばを離れません」

ベリル「お前は愚か者だな・・・

ジェダイト「っは

もう本当に愚かだよジェダイト。最後の手をとりあった瞬間に二人の上に崩れ落ちるダークキングダム。その後二人はどうなったか知る由もありません。
しかし、Pムーンの出したアラビア風のPムーン親衛隊ふざけているようにしか思えないですが

んで、最後。生き返るとき。

ジェダイト「マスター。あなたの命です。」

クンツァイト「われわれのためにも生きてください。今を。」

ゾイサイト「我はずっとマスターとともに」

ネフリン「何かあれば必ず駆けつけます」

ジェダイト「(うなづく)」

ちょっと待てジェダイトはさっきベリルを主と決めていたはず

実写版美少女戦士セーラームーン Act48 

2005年12月03日(土) 13時52分
ダークネスエンディミオン登場。

マスターはメタリアを体に取り込みます。。

マスター「クンツァイト、お前を変えたのは俺だ。前世で一番星を救えなかった俺が

クンツァイト「今のは、まさかメタリアを。マスター封じ込めたメタリアともども死ぬつもりか」

マスター「そこまで覚悟したわけじゃない。ただ、最悪の場合はそれもありだ。」

クンツァイト「変わらんな。ならば望みどおりに。」

(刺される)

ジェダイト「・・・何故」

マスター「ジェダイト、お前

ジェダイト「・・・

マスター「クンツァイトしっかりしろどうして俺を」

クンツァイト「かつて、プリンセスのために星を捨てた男が星のために命を捨てるか・・・。メタリアを道連れに・・・。ジェダイト、お前の主はベリルではない。我らの主は・・・目の前に・・・いる・・・。

ジェダイトはクンツァイトを刺しておいてそのまま逃走してしまいます。まぁ逃げて正解だったかも知れないけど。あのままいたらミオと一緒に葬られていたかも知れないですね。
はいミオ瞬殺

他の戦士が助けに来ますが到底かなうはずもなく。
ムーンはエンディミオンを助けようとします。
衛はこうなることを知っていた様子で、ムーンは衛の持っていた剣でダークエンディミオンを刺してしまいます。

実写版美少女戦士セーラームーン Act47 

2005年12月02日(金) 12時45分
ヴィーナス死んでしまう話しです。話的には、当日→二日前→当日という順番に話しが流れています。

メタリア「ホシノハカイ

ベリル「メタリアが自らの意思で星を滅ぼそうとしている。まさか此処までの力で目覚めるとは。」

ジェダイト「やはりプリンセスの影響が」

ベリル「クインメタリアを我が力として取り込めば地上の支配などたやすいもの。この強さでは逆にわらわが支配されてしまう。ジェダイト、我が妖魔を使え。この地にたまったメタリアの気を放て。力を発散させるのだ。

ジェダイト「しかし地上に影響が

ベリル「滅ぶよりましであろう。」

ジェダイト「っは

自ら妖魔を出すのはこれが最後で雑魚妖魔じたいもこの話で最後になります。しかもダークキングダムに残っているのはジェダイトのみ。ネフライトは人間のまま、ゾイサイトは殉職、クンツァイトは森を彷徨っている。なので残っているのはジェダイトのみ。

今日のネフライト
まだ2000円を見ながら悩み中で元碁に亜美ちゃんのこと好きかとからかわれてます。

ところでジェダイトあんたぼーっとして何をムーンとの対決相変わらずなお子様でもできるような戦いを挑んでいましたが

マーズ「嘘よ・・・嘘よ・・・嘘よ・・・嘘よー

実写版美少女戦士セーラームーン Act46 

2005年12月01日(木) 14時31分
祝・美奈子覚醒

美奈子が「たとえ命を捨てても前世の使命は果たす」

レイ「地場・・・衛・・・」

マスター「お前は」

ミオ「驚いた

マスター「何の真似だ」

ミオ「何か最近つまんないからお客さん連れてきちゃった。本当はうさぎちゃんが良かったんだけどそれはまずいでしょ。この子結構力持ってるから此処まで飛びやすかったし。」

マスター「うさぎはどうしてる

レイ「あなたに言われたとおり笑ってる。笑おうとしている。うさぎのためにも此処から出ましょう。」

ミオ「うっわ〜大胆〜あたしのこと無視だぁ〜」

マスター「いや、俺はここに居る」

レイ「こんな前世のお化け屋敷いつまでも居る必要はないわ」

ミオ「前世のお化け屋敷って酷くな〜ぁい?自分だってそうなのに」

レイ「私は違うわ。前世なんか無視することに決めたの」

マスター「前世は無視して消えるものじゃない。俺たちは確かに前世を背負っている。」

レイ「あなたも前世にとらわれているってわけ」

ジェダイト「何故此処にセーラー戦士がいる

マスター「俺は背負った前世に決着をつける。前世にとらわれているからじゃない。今を生きていくためだ」

レイ「・・・・

ジェダイト「マスターどけぇ

マスター「うさぎを頼む

って・・・ジェダイトあんた何しに来たんですか相当セーラー戦士を目の敵にしているようで・・・。
そしてヴィーナス覚醒。しかしそれは、たったの一回で終わる

実写版美少女戦士セーラームーン Act45 

2005年11月30日(水) 12時52分
まこちゃん自爆しようとする話でもあり、ヴィーナスが命があとわずかということで変身できなくなる話です。
まこちゃんはメガンテもどきをしようと・・・。しかし、あえなく失敗

ジェダイト「・・・・。」

マスター「・・・・。」

ジェダイト「マスター」

マスター「ゾイサイト・・・。ジェダイト、お前もゾイサイトの最後の声を聞いたのか。」

ジェダイト「でも俺は・・・。」

マスター「わかっている。ネフライトは記憶が戻っていないしクンツァイトは・・・ベリルの手から離れるために。辛いのは・・・お前たちの方なんだな。

はっきりしないジェダイトだなぁ「でも俺は」って何だよー。その後ベリル様って言うつもりだったんだろうけど。相変わらずベリルにくっついている小僧。
そして、とうとうこの男もメタリア妖魔の餌食に・・・山本ひこえもんあんたも倒れたのか
どうやら、メタリア妖魔の影響で倒れるのは大人・一部の中高生らしく、子供たちは何の影響もないみたい。

今日のネフライト
元基に2000円を渡されどうしようか悩んでいます。そして「この間の不味いものの借りを返す」と言い、
牛の角をプレゼントしようと。ていうか2000円じゃ買えません

実写版美少女戦士セーラームーン Act44 

2005年11月29日(火) 13時12分
今日のネフライト
力が戻っているネフリンは力を出して店の中を滅茶苦茶にしてしまいます。そして亜美からもらったクッキーは「不味い不味い」言いながら食うそしてそこに愛野美奈子がーー

ゾイサイト「マスター何故形だけでもベリルに従わなかった。このままでは命が・・・。」

ベリル「どうたってもエンディミオンの心は手に入らぬ。やはり命を・・・。ジェダイト別に用はない」

ジェダイト「ベリル様をお慰めしたくただ、わたしにはおそばにいることくらいしか出来ません。お目ざわりなら消えます。」

ベリル「構わぬ」

ジェダイト「ゾイサイト」

ゾイサイト「クインベリル・・・どうかマスターを助けていただきたい。私の命など代わりになるはずもない。もし聞き届けてもらえるならば」

ベリル「死んでもよいと申すか」

ゾイサイト「それで済むなら、喜んで」

ベリル「わらわにはその忠誠心一度も見せたことがないお前が」

ゾイサイト「クインベリル

ベリル「プリンセスの命、それと引き換えなら考えても良い」

自ら御前に出てきたのは初めてですよね。前回ジェダイトとゾイサイト変な関係になったのか知らないけど、ジェダイトの呼びかけに明らかに不愉快そうな顔をするゾイサイト。しかし、ベリルの愛の奪い方は間違えておりますぞ
しかし、マスターの部屋へ二度もやってきたゾイサイト。大切なものに順番はないと聞かされたゾイサイトは最強妖魔から身を徹してうさぎを守ります。

ゾイサイト「プリンセス許してほしい、あなたの命を狙ったことを。マスターへの裏切りだ。忘れてはいけなかったのだ。私の何者にもかえがたい思い。いかなる時もマスターと共に。クンツァイト・・・ネフライト・・・ジェダイト・・・もう一度マスターのもとへ・・・。マスター・・・」

              ゾイサイトー

実写版美少女戦士セーラームーン Act43 

2005年11月28日(月) 13時05分
今回はうさぎと衛の最後のデートです。
プリンセスが力を出すとメタリアが共鳴し力が強くなってしまいます。ベリルはこのままでは自分たちがとりつかれてしまうと感じ出します。そこに衛が現れます。
「俺がプリンセスのもとへ行き力を抑えさせる」と。しかしベリルは逃げると思い衛を部屋へ強制的に戻させました。

ゾイサイト「待てジェダイト

ジェダイト「ゾイサイト・・・。お前と話すことはない」

ゾイサイト「自分のしたことがわかっているのかマスターはお前の主だぞ

ジェダイト「今は違う俺の主はベリル様だそう決めた

一瞬名前呼ばれてドキっとした表情のジェダイトだったんですがすぐに元に戻り「お前と話すことはない」と。あんたがなくてもゾイサイトはあんたと喋りたいんだよゾイサイトそんなに怒ると貧血起こしちゃいますよ

ベリルが衛に外出許可をOKとしました。しかし条件が・・・
「必ず陽が沈むまでに何があっても戻ってくること。戻ってきたら埋め込んだ石を取り除く」というもの。しかし石の存在はAct44で忘れ去られる・・・・
うさぎと衛は思い出の海へと来ます。うさぎは「メタリアの力を強めているのはおまえ自身」と言われます。しかし、日が沈み始めています。衛は条件をおもいだしました。
そんな二人を怒りをこめて見ている二人がいます。

ゾイサイト「マスター

クンツァイト「二度目だな、プリンセスのために命を捨てるのは。何も変わってない。次に奴は星を捨てる。

この時のゾイサイトの表情が切ないよーーーーー

実写版美少女戦士セーラームーン Act42 

2005年11月27日(日) 16時54分
マスターがジェダイトによって石を埋め込まれてしまう話しです。

クンツァイト「何だ

ゾイサイト「ジェダイトが結局ベリルについた」

クンツァイト「奴は素直だからな。ベリルの呪縛にも面白いようにかかる」

ゾイサイト「お前もその呪縛をとくつもりはないのか私一人でマスターを守るのは無理だ。」

クンツァイト「私の呪縛だと

ゾイサイト「マスターと星と滅ぼしたものへの復讐の呪縛だ」

クンツァイト「呪縛ではない。私の意思だ

ゾイサイト「ならば何故マスターの命を今すぐ奪わない。お前の中に本当のお前が目覚めているからではないのか。」

Act17に続き、素振りの練習をしているクンツァイト。というか、ゾイサイトの言ってる呪縛って、ジェダイトもネフライトも復讐心はないだろうと思いますが。

マスター「うさぎ、俺がメタリアを何とかするまででいい。力を抑えてくれお前なら出来る」

ジェダイト「

ゾイサイト「ジェダイト、思い出せ。マスターと共にあった日々のことを」

ベリル(声)「やめよゾイサイト邪魔をするな」

ジェダイト「マスター」

マスター「ジェダイトどうかしたのか

ジェダイト「・・・・(石を埋め込む)」

マスター「うわ・・・

ジェダイト「前世がどうであろうと今の俺の主はベリル様一人」

ベリルを主と決めておきながら衛をマスターと呼んでいるジェダイト。まぁきっと他に呼び方がないからそうなってるんだと思うけど

今日のネフライト
どうやら元気がなくしょぼーんとしながらモップ掃きをしています。元碁の問いからは「自分の嫌気さに無様さが刺した。」と自分でも自覚している様子
2005年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:love-sailor
読者になる
Yapme!一覧
読者になる