ありがとう 

2008年04月04日(金) 0時30分
お誕生日おめでとう。

久しぶりにここに来て、記しておこうと思います。


今日も仕事かな?
みんなにお祝いしてもらってるかな。寂しい想いしてませんか?
きっと私なんかより、100倍くらい寂しがりな人だからちょっと心配(笑)


なんかさ、人生ってなんだろう?
生まれて、育ててもらって、学校行って、友達が出来て・・・
大人になったら仕事して、ちょっとだけ成長して。
お金も稼いで自分の好きなもの買ったり、お酒飲んだり。
好きな人が出来て、別れて、また恋をして、また別れて。
そんな中、女友達とご飯したり旅行したり遊んだり、趣味があったり
一人ぼっちの日があったり。
そしていつかみんな結婚して、子供が出来たり・・・。


私も、あなたに恋をしてあなたと結婚するんだって思ってた(笑)
ていうか、とにかくあなたと一緒にいたかったな。
気持ちだけじゃ、どうにもならなかった!
今思えば、やっぱり私は今の人生を歩くべくあなたとは離れる運命だったのかな、とも思う。
だって私、あなたには本性見せられなかったから・・・^^;
基本ぐーたらだし、口も悪いし、やんやんうるさい。あ、これは知ってるか(笑)
パジャマなんて、穴があいても着心地がいいの着てるし。。。
毛玉も、いーっぱいになってからやっと取るんだ。
洗濯物だって、4日もしない時も月に2回はあるよ。
ご飯の支度だって、疲れちゃった日は納豆ご飯とかだよ。

洗濯を畳むのもめちゃくちゃヘタクソだし、アイロンも苦手。
お裁縫なんて皆無。出来ない(笑)
生理整頓も苦手だから、お掃除も必然的にヘタくそだよ。
テーブルの上に、何もないなんてありえないくらいだよ。
使ったものは戻そうって決めても、そのままになってる。
だからきっと、あなたには遅かれ早かれポイされていたかもしれないなあ(笑)


それでも、一緒にいたかった気持ちは本当で毎日毎日自分の事慰めてたんだよ。
一緒にいたかったよ。。。って、1人になって何日も泣いたよ。
よくある失恋だけど、私には大打撃だった。
心が痛くて痛くてもうこれ以上悲しいことなんてないんじゃないかって思った。
だって、あなたに好きって言われた日、これ以上幸せなことはないと思ったんだもん。



今日は、あなたが生まれた日だよ。
あなたが生まれてきてくれて、とても嬉しいです。
28歳になったとき、あなたはある1人の女性に出会います。そして恋をします。
そんなに胸がときめく恋ではないかもしれないけど、あなたのことをとてもとても大好きになる人です。
とても美人とは言えないけど、あなたのこと大切に大切にしようと思う人です。
寂しがりやでいつもあなたと時間を共有したいと願う人です。
お花にお水をあげるように、毎日少しだけでも言葉を掛けてあげるとうまくいく人ですよ。
お仕事のことも、とても応援しています。



もう、接触することはないかもしれない。
それでもいい。
とにかくあなたが成功してくれたらいい。
いつも誰かに愛されていてくれたらいい。
私は、密かに思ってるだけでいい。


もっと、腹割って話してみたかった。
あなたは自分の気持ちをあまり教えてくれない人だったから。
私は見抜く力もないから、ただただ距離だけが広がっちゃったよね。
今からでも、もっともっとあなたのこと知りたいと思うけどそれは私だけが想う事。
縁がある人なら、また接触するよね。
でも私は、こんなにも想ってる事だけは隠しておくよ。
怖いもん(笑)


あなたの剥いてくれたりんごが食べたかったな。

 

2007年10月07日(日) 23時44分
どきどきして、一日を過ごした。
忘れてたきもち。

奥の方の自分の本質を突き動かせられた。
相手が変われば自分も変わる。
恋をしないと出てこない部分だけど、やっぱり私は本当はよりかかっていたい。
本音は、甘えていたい。

嘘でも、目の前にいなくても、私のこの気持ちを今は大事にしたい。
罪悪感と共に、自分の気持ちも大事にしたい。

通。 

2007年02月10日(土) 13時41分
「わかってる」
よく安易に「わかってる」とか言うけど。
わかってる はずがない。
多少の事は わかってる と、思って一緒にいないと食い違いそうで。
奥の奥の方はきっと届かないんだろうな。


どうであれ、心を通わせてないと何も乗り越えられないよ。
勘違いでも何でもいいから、相手を想って心通わせないと。
人ってどうしてこんなに難しいのかな。

つらつらと。 

2007年01月16日(火) 21時16分
また新しい一年が始まった。

ここに書くこともしばらくやめていた。
ここはmixiとは違って、気を使うこともなくていいしね。


アノヒトの事を綴ったブログを久しぶりに読み返した。
やっぱり時間は思い出にしていくものだとつくづく思ったりして。

あぁ、あんな風に思っていたんだなぁ。。。
あんなに痛かったんだよなぁ。。。
あんなにも心が元気になったことも、心が泣いたことも。。。
確実に風化されていた。


あなたとは、今でもたまに話すけどやっぱりもうあの時の私の心じゃない。
だけど、やっぱり気がかり。心配って意味での気がかり。
「ちゃんとしなよー」なんて言える私になってて笑っちゃうよね。
あの時は、何を言うにもビクビクしていたんだもの。



だけどね、一番胸に残っているのはね
想うだけで心臓つかまれたみたいに痛くなって泣いたこと。
あんな風に誰かを、もう想えないんだろうなぁ。
強烈すぎたよ。


雨でも晴れでも 

2006年03月10日(金) 20時34分
今日は雨がパラパラと降ってきて、また寒い日だった。
風邪ひいてないかなぁ。
天気は心を少なからず左右するけど、今日のこの雨があなたに笑顔を与えたのかな。

雨でも、晴れていても、何かしらあなたを想う。
まだ好きとか、忘れられないとか、そうゆう言葉は当てはまらない。
私にもはじめての感情です。
相手が自分じゃなくてもいいと想えた初めての人。
とにかく誰かに大切に大切に愛されて欲しい人。
あの人が大好きな人、あの人が何が合っても手放したくない人に愛されて欲しい。
それが自分じゃなかっただけのこと。
たいした事じゃない。

ただ私はあの人が大切なだけ。
それだけ。

想い 

2006年03月07日(火) 19時26分
気持ちってほんと厄介。
頭とはまるで繋がってないみたいに脳の指令を無視する。
かといって、忘れ薬があってもきっと飲まないだろう。

「消えて」「心から出て行け」
と、思った頃もあったけど。苦しくて耐えられないと言いつつ
私はここまで歩いてこれてる。
不思議なもので、時間が経つにつれてふわふわと温かい陽だまりのような記憶。
消したいどころかずっとココにあってほしいと思う。


あの人はきっと今もしんどいと言いながら仕事をしているだろうな。
へとへとの毎日の中に小さな未来の光をちゃんと見つけてる人。
いつもいつもあの人の背中ばかり見ていた気がします。
今思えば。。。
あの頃は、二人で並んでいると思ってた。???
そう信じたかったのかな。
でも私はいつも追いかけていた。
そう感じていた。
二人の気持ちが重なったのはもしかしたらほんの一瞬だったのかな。
それでも、その一瞬があったからきっとあんなに好きになったのだろう。


何かあるたび思うんだよ。
苦しい時や悲しい時は、あなたが幸せでいてと。
楽しい時や嬉しい時は、あなたは笑っているのかなって。
キレイなモノを見つけると、あなたにも見せたいなって。
私の心にはあなたがどーんって居座っている。
いつもいつもそれを感じると、嬉しくなる。
色んな意味で、こんなに想える人に出会えて言葉を交わせた。
笑いあって心が繋がれた。
誰でもない、あなたと私が。
その証拠が今の私の心そのものです。


ね、私の気持ちはあなたが想っているよりもすごくすごく大きいでしょ。
色々な形に変わりながら今も育っているんだよ。
あなたは知らなくていい。
ただ、この気持ちをこの世に存在している誰かに知って欲しかった。
私のワガママです。

ラヴレター 

2006年03月01日(水) 18時51分
言葉にするのは難しくて、相手に伝えるのはもっと難しい。
自分のきもちだったり、想いを書く場所。


大事な人に届けラヴレター

2008年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる