むかつく 

March 05 [Sun], 2006, 10:00
仕事の話をしたら笑って聞いている奴がいた。
ふざけるな。死ね。ていうかあんたに何ができるんだ…
人が何か始めようとしているときに失笑とはなんだ。
ここで学校に行っているのだから今はここで経験を積むしかない。
そんな中 向こうからやって来たチャンスを逃すバカがどこに居る。
ためになる経験をさせてくれるなら別にただで働いたっていい。
生活費が途絶えるわけでもあるまいし。
やる気のうせる無神経なドアホは嫌いだ。
こういう人が金があっても一生涯友達のいない寂しい思いをして
生きるんだなと可哀相に思った。
何もわかってない人に 
まだこれから詳しく話しをする人の話をした自分が愚かだ。

ビールでも飲も。

帰還。 

February 28 [Tue], 2006, 5:22
今日のプロモのクラスはまあまあ楽しかった。
眠くなかったからかもしれんけどな。
今日習ったのはアドバタイジングのMediaとVehicles。

Mixiでコミュを立てようと計画中。
その名も「ファン★ビジネス」
楽しみながらビジネスに触れると言う初心者向けコミュ。

ああ 

February 27 [Mon], 2006, 16:20
腰が痛い。
モンタは無事着いたようでよかつたな。
ほんとうに愛してる。
モンタなしではダメなのだ。
わがままかな。
甘えすぎかな。
冷たすぎかな。


勉強すっかな

続き。 

February 27 [Mon], 2006, 5:51
日曜は次の日提出の課題を進めていた。

月曜は授業が終わってから日本食のお店に行った。
その後友人Yと3人でお茶をした。
他愛もない会話を繰り返し 家路に着いた。
そして・・・餃子作り開始!!!60個!
プレートに並ぶ餃子に惚れ惚れした(ぇ
さすがに一気に全部は食べれないので取り合えずビールと一緒に半分ぐらい食べた。
おいしかったな。モンタと一緒に料理も嬉しいのだ。

火曜日も学校。
夜中にお腹が空いてクッキーを作る。
これがまた美味いのだ!

水曜日はメンチカツを求めて日本食のお店に行ったものの・・・
すでに売り切れていたようだ。しょうがないのでお菓子を買う。
お家に帰ってモンタがロールキャベツを作ってくれた。美味しかった。
好きな人が作ってくれる料理は美味しいものだ。愛だな、愛。

木曜日は授業の後 モンタも学校に来ていたので
授業が一緒の友人Hに会う。駐車場に行くまでだけど。
そんでもって どこいくー!?となって、
Iさんお勧めのとある市場へ行ってきた。
以外におもしろかった。なんか珍しく美味しそうなもんがあった。
そこでバブルティーを飲んで ビールを飲む可愛いコップを買った。

金曜日はモンタを洗濯に連れていき、
その後 半乾きの洗濯物を車に乗せたまま
「ナニー マクフィー」を観に行った!
なかなか可愛くて笑えた
その後はモンタはまだ行った事のなかったとあるモールのゲーセンへ。
ビール片手に色んなゲームを一緒にやった。
車の対戦ではオレは惜しくも負けた!ははは。

土曜日はオカピに会いに動物園へ!
オカピいねーし!!寒いからか ガ━━(゚Д゚)━━ン!
さすがにザイールから来ている動物には
ここの寒さは厳しいのだろうか・・・がんばれオカピ。
せっかくモンタに本物を見せてあげれると思ったのに。笑 ごめんな。
でも他の動物を見て モンタも楽しんでいたようなのでよかった。
それだけでも行ったかいがあったよ。帰り道に迷ったけどな!

日曜はモンタは朝から帰る準備を。
オレはゴロゴロ寝ていた・・・_| ̄|● ガクッ…
何やってんだか。でも眠かったのだ。アホ
別れは・・・ 別れは・・・ 切ないな。うん。切ないな。
でも仕方ない。お互い違う場所で頑張っているのだから。な。
空港で一緒にタバコを吸って またね の キスをして。
見送った。また会える時を楽しみにしながら。

2月26日。モンタとの一週間を振り返る。 

February 27 [Mon], 2006, 5:04
日記を書く時にいつも 思い出と言うのは書き留めて、
残しておくべきなのだろうか?と疑問に思う。
確かに思い出して、ああ楽しかったと言えるのは良いことだ。
でももし忘れたい事まで日記に書いてしまったら・・・
一生忘れられないんじゃないかとも思う。
でもモンタとの時間は大切なものなので書き留めておくことにする。



モンタとオレは金曜日に再会した。年末以来の再会だった。
新年明けてから会ってないね?あったら新年の挨拶しなきゃ なんて言ってた。
1ヶ月以上も会ってなかったんだね。忙しかったからか 短い気がした。
でもいつもそうだけど会う数日前からすごくすごく会いたくなる^^

さてさて、久々の再会をした金曜日の昼。
たまたまその日のクラスがキャンセルになり、
先ずはお家に帰って二人でまったり夜までそのまま濃厚な時間を楽しんだ。
夜になって何をしようか、と言う話になって ちょっと話題になっていた映画を観に行った。
かなり切ない話だったけど、結末はハッピーエンディングだった。
おもいっきりレズの話でびっくりしたけど、なかなか面白かった。そして可愛かった。
映画の後は 最近友達になったIさんにモンタを紹介することになった。
いきつけのバーに連れて行ってもらい 皆ビールを片手に そこで暫く話した。
その後お腹が空いたと言うことで 皆でファミレスへレッツゴー。
夜も遅かったので そこで解散して お家に帰った。

次の日土曜日。今日は待ちに待ったシルクドソレイユを観に行く日!
夕方頃までゴロゴロし、7時ぐらいに家を出てまずはよく行くカフェへ。
開演ギリギリに会場に着き 二人隣同士で席に着いた。
シルクは素晴らしと思った。夢を与えるすばらしい劇団だと思った。
素晴らしい演出の舞台と、巨大スクリーン。
ある時そこは何処かの家で、ある時そこは海、大地、草原・・・そして謎の世界。
まるで夢を見ているみたいだった。
モンタと一緒に楽しみにしていたこの公演。
かなり満足!!

ついさっき。 

February 27 [Mon], 2006, 3:51
モンを空港へ送って来た。
ああ・・・切ない。
なんだこれは。

言葉では言い表せないこの空虚感。
とてもエンプティーだ。

この一週間 モンタが居ることが普通過ぎて、
このままずっと一緒に居れるものだと錯覚しまっていた自分がいる。

いつもそうだ。

一緒に居る時間を何よりも優先して、
モンタとの時間を大切にしたいのだが、
やはり学校に行ったり、本読んだり、宿題したりも必用になってくる。
他の事が忙しいと 態度も冷たくなってしまって
かなりモンタに嫌な思いをさせてると思う。
モンタは優しいからそういう態度は見せないけど。

最近冷たいなあ と 自分で思う。

モンタはあんなに優しいのに。
ごめんね。

オレの気持ちは全て読み取るモンタ。
傷ついているんだろうな。
オレの犯した失態について毎日話すモンタ。
もう嫌だよ。
でも オレが悪いわけだから それは仕方が無い。
I have to deal with it.

だってそうだろ。

昨日言ってた、
痕跡、証拠が部屋に沢山あるとはどういう意味だったのだろう。
物質的なのか、それとも別のモノなのだろうか。
この家に来たくないとも言われた。
その気持ちはすごくわかる。
もし自分がモンタの立場なら同じ事を言うだろう。

もしモンタがオレと同じ事をしたら、
オレは・・・どうなってしまうのだろう。
そう考えると、モンタの心の痛さ・・・想像するだけで胸が張り裂けそうだ。

今ここに居ないモンタ。
自分の居場所へと帰って行くもんた。
遠いのに来てくれてありがとう。
すごく愛を感じる。

また抱きしめて寝れない日々が始まるけど
モンタにはたくさんの愛と優しさを貰った。
がんばらなあかん。

次はこの一週間の思い出を書き留めておこう。

test 

February 26 [Sun], 2006, 20:30
さてさて

テストしてみる
かもよ

どないなるんやろ
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
commets
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:love-of-mylife
読者になる
Yapme!一覧
読者になる