Inocencia〜天真爛漫〜 !! Vamo Avispa FUKUOKA

Profile


Name:エナ
Birthday:1986/5/1
Job:大学生
Like:東京Vの長野聡選手、アビスパ福岡
スポーツ観戦、ドナルドダック、友達
Dislike:巨大音、虫全般、嘘
Tatsunohi


Name:【たつのひ】
Job:エナの相手
Alike:アビスパの山形辰徳選手
本当はドイツのキャラクター『Die Maus』
About site
『Inocencia』
http://yaplog.jp/love-inocencia/
2006年12月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Newest comments
Yapme!一覧
読者になる
さらばじゃ、2006年 / 2006年12月30日(土)
うぅーん・・・ブログの更新が疎か過ぎました。。。
来年はマジでちゃんと書くぞ

今はたつのひのブログを作成中
出来たら報告します

では、皆さん、良いお年を
 
   
Posted at 22:06/ Topic's URL
Comment(2)
サテライトレポート&九州ダービー / 2006年09月10日(日)

今さっき家に戻ってきました
本当にアビスパ三昧の1日でした

朝、9時半からのサテライトの練習を見に、香椎のフットボールセンターへ。
今回で2度目の出陣
個人的にフットボールセンターの雰囲気、好きです
なんか選手が楽しそうにサッカーしてるイメージがあるし

メニュー内容は・・・ももあげ等の軽いアップパス回し1タッチ、2タッチの円陣パスコーナーキックからの攻撃練習ミニゲーム。
今回のミニゲームでは・・・六反クンが攻撃してましたw
GKを本田クンがやってましたw
誠史が終始ご機嫌ななめでしたw
林、ヒラジがすごいゴールを決めてました
ちなみにシャンジーことアレシャンドレもいたのですが、ジャンケンが分からないみたいで・・・六反クンが必死にボディーランゲージとやらで教えてましたょ


サテの練習を見終わったら・・・スペシャルゲストを含むアビサポの方々と大分へ
何せ今日は大分とのアウェー戦
私は初めての遠征にドキドキワクワク
いやぁー・・・でも、やっぱり大分に着くと闘志むき出しになりますねw
九石ドームの前でグチグチ言ってしまいましたw

絶対負けれない・・・。
この前の博多の森での0-2を繰り返さない。
勝つのは・・・うちだ
ただ、それだけ考えてました。


席を確保し、適度な腹ごしらえを
選んだのは・・・だんご汁 500円
妙ーに懐かしい感じで美味しかったですょ、お試しあれ〜
そして、選手が練習を開始
思いのほか大勢集まったアビサポには1枚の紙が渡されていました。

『残留 REMEMBER 2001.11.24』

正直、少し選手にプレッシャーかな・・・とは思ったものの、信じてるんだよね、サポわ。
だから、高々と掲げてきましたょ


19時過ぎ、いよいよ決戦の時が・・・。
サポのボルテージは最高潮
アビの試合への入り方もいぃ感じ。

・・・勝てる

アビサポの誰もがそう感じたに違いない。
でも、現実はそんなに甘くはなかった・・・。
チャンスがあるのに・・・点が入れれない
むずがゆいまま、90分はあっという間に終了。

スコアレスドロー・・・勝ち点1。
でも、次につながるいい試合だったとは思う
特にJ1初スタメンのナギと久々のスタメン、辰徳。
堂々としてて、本当良かった
これからも期待

試合後、選手がサポのとこに挨拶に来る。
そこでまた、『残留』プラカードを掲げた。
ほとんどの選手は申し訳なさそうに頭を下げる。
下向かないでよ・・・まだ・・・まだ次があるから

そこで1人、じっとサポを見つめる男。
・・・中村北斗。
北斗の目には涙が浮かんでた。
・・・悔しいんだよね。
分かってるから・・・だから、今はひたすら勝ち点3の為に諦めずに戦ってよ。
最後まで付いてくから・・・
本当にそう思った。

帰りは思いのほか、早く福岡に着き、居酒屋で遅めの夜ご飯
隠れ家的なお店で、値段もお手ごろ、そして・・・美味しい
お気に入りリストに入りました

ふー・・・勝ち点が予定より2足りないのは・・・もぉ、忘れよう。
前勝てなかった相手に無失点で引き分けた・・・大きな成長。
絶対次につながるはず
次節ホームでの横浜Fマリノス戦へと意識を切り替えよう

話変わるけど・・・なんで聡、横浜FC戦に出てないの
てか、サブにも入ってない・・・どういう事だぁ〜

ちなみに画像は・・・サテの練習風景、【たつのひ】の九石ドーム来場記念ショット、ビッグフラッグの中での記念ショットです
 
   
Posted at 02:09/ Topic's URL
Comment(4)
ナギがついに・・・ / 2006年09月08日(金)
【柳楽初先発 最下位アビスパの救世主 あす九州ダービー福岡VS大分】
 『アビスパ福岡のDF柳楽智和(20)が9日の大分との九州ダービー(九石ドーム、午後7時開始)で、センターバックとして先発デビューすることが濃厚となった。リーグ戦での出場経験はまだなく、柳楽は「やっときたチャンス。ゼロに抑えて、チームの悪い流れを変えたい」。元U―20日本代表で、昨年のワールドユース選手権でも日の丸を背負った男が最下位に沈むチームを生き返らせる。

 センターバックの千代反田の累積警告による出場停止で巡ってきたチャンスだが、柳楽には大きなミッションが待ち受ける。チームは2―2で引き分けて最下位に沈んだ前節の大宮戦まで7試合連続失点で、12試合連続勝ち星がない。

 すでに大分の高松と松橋の2トップ対策は描いている。「高さのある高松は激しく止めにいきたい。(足の速い)松橋にはしっかりとスペースを埋めることが大事」

 “世界”を知る男だ。左足ふくらはぎ痛の故障で辞退したが、北京五輪を目指して発進したU―21日本代表候補にもなった。同僚のDF中村とともに出場した昨年のワールドユース選手権で全4試合に先発出場するなど、同世代では有望株のひとりだ。

 それでもJでは実績がゼロに等しい。Jデビューした昨年8月2日のJ2仙台戦で“手痛い”プレーを犯した。2―1とリードした後半38分に自陣のペナルティーエリア内で相手FWにファウル。直後に同点PKを献上しドロー。それ以来、試合から遠ざかったままだ。

 故郷の偉大な先輩に刺激を受けた。同じ島根県出雲市出身の福岡ソフトバンクの和田毅投手(25)とは幼なじみ。6日の日本ハム戦で1―0で完封したその左腕の投球をテレビ観戦して「興奮しながら応援しました。自分もああなりたい」。柳楽の踏ん張りが瀕死(ひんし)のチームのカギを握る。 (山上武雄)

=2006/09/08付 西日本スポーツ= 2006年09月08日01時12分』

大分戦、ナギがスタメン濃厚らしぃー
アビスパの携帯サイトのインタビューでも「準備は出来てる」って言ってたから、調子も上々みたいだし、期待出来る存在
 
   
Posted at 11:56/ Topic's URL
Comment(2)
雁の巣レポート / 2006年09月07日(木)

今日は朝からアビサポ仲間と【たつのひ】+αで雁の巣にトップの練習見学行ってきたぁ〜
9時半前に着いて、始まるまでクラブハウスの中で待つ事に。
って・・・まだブルーシート張ってあるょー
でも、選手は1番手前のグラウンドにいました
ぶっちゃけまた非公開かと思っちゃいましたょ〜
それにしても・・・スタメン組がいねぇ〜何でだ
・・・そう思ったら・・・クラブハウスの会議室から選手、スタッフがゾロゾロ
どうも、作戦会議的なことしてたみたい
出てくる選手の顔は・・・真剣そのもの。笑みひとつない。切羽詰ってるんだろうな。。。

そして、メンバーが揃ったら本格的に練習開始
内容としては・・・パス練習を含めたウォーミングアップメンバーを入れ替えながらのフォーメーション確認とセットプレイ練習ミニゲームで終了。
で、このミニゲームがなーんか面白かったw
水谷サンと神山クンじゃなくて、バロン、辰徳、薮田サンがGKしたり、篠田サンやカーザが参加してたさすがに監督は見てるだけだったけど・・・
選手にはいぃ息抜きになったんじゃないかなぁ〜
ちなみに今日の別メニューはアレシャンドレだけ。
あ、彼に挨拶したら「うぃーす」って流暢な日本語で返ってきたぞぉw

さぁ〜さ、絶対、大分に勝つぞ仮を返そう、AVISPA
今日の会議参加メンバー等、質問ある方は個人的に聞いてください

今日はお連れさんのデジカメで撮り放題

注目のルーキー、アレシャンドレ何気にエナより年下w


練習後の若者組右からナギ、佑昌、城後クン、辰徳、神山クン、北斗、チヨ。


若者を見つめる大人組右から布部サン、飯尾サン、薮田サン、吉村サン、久藤サン。
 
   
Posted at 22:12/ Topic's URL
Comment(0)
雁ノ巣レポート&オシムジャポーンvsイエメーン / 2006年09月06日(水)

ちょいと時間があったので午後にアビサポ仲間と雁ノ巣へ
って・・・今日、トップは非公開じゃーん
それも着いた時間が練習終了後だったので・・・
残ってるのはブルーシートだけ
せっかくなので一緒に連れてきた【たつのひ】だけ記念撮影
それも、車の中からw
1枚目は・・・雁ノ巣近くの橋から。
これ、この前飲酒運転の車が追突して兄妹3人が亡くなった橋。
ちゃんと手を合わせて拝んできました
もう2度とこういう事件が起きません様に・・・。


2枚目は・・・グラウンド近くで
奥にブルーシートが張られてるの分かるかなぁ〜
きっと今日も選手はあの中で頑張ったんだろうな
大分戦、期待してるょ
てか、明日か明後日もここ来るょw

その後、家に戻って日本代表のイエメン戦を観戦
大好きな羽生がスタメン
実際、イエメン相手に苦戦してましたねぇー・・・
てか、個人的に闘莉王がダメだったような・・・
攻撃も決定力なし・・・。
途中で羽生が我那覇に交代
1人・・・凹む・・・。
でも、、、結局、後半ロスタイムに我那覇がGOALしたからいいとします
あぁ〜本当、勝って良かった
それも最後、ちょーっとだけど大分の梅崎クン出たの嬉しかったぁー
こんな若い選手に経験積ませてくれるオシム、超尊敬
これからも日本代表に注目だーぃ
 
   
Posted at 23:30/ Topic's URL
Comment(0)
オシムジャッポーン=アビスパフクオーカ? / 2006年09月04日(月)
昨日のオシムジャパンの試合はアビスパと似てたような。。。

守護神川口が我らが守護神水谷サンに、チャンスはあるけどなかなか決めれない田中達也が佑昌に、中盤でねばってボールを回す遠藤サンがホベルトに、途中出場で走り回ってた羽生タンがアリ、薮田、飯尾に見えて仕方なかった


でも・・・唯一違うのは・・監督だね
川勝サン、頑張ろうょー
何だかんだでサポはまだ見捨ててないぞ、アビスパを
意地を見せてくれぇ〜
って・・・結局アビスパの話になってるぅw


あ、今回のサウジアラビーア戦で気になった事が少々。
観客が皆、ビンラディン氏みたいに見えた事。
皆、頭に輪っかみたいなのつけてるし
サウジの選手のウケ狙いかと思える程のヒゲ。
そして画像をあげた、所々出てくる謎のサウジ人。
きっとどこかの局のアナウンサーでしょぉー。

ま、切り替えて次のイエメン戦に備えるのだ
てか、羽生をもっと早く出してくれぇ

ちなみに今回の試合も【たつのひ】と観戦
 
   
Posted at 19:58/ Topic's URL
Comment(0)
お願い、帰ってきて・・・聡。 / 2006年09月03日(日)
1時過ぎに帰宅〜
改めて、今日1日の日記を書きます。


朝方までヴェルディのサポの人と電話で話して、
その後画像を載せている『聡応援秘密アイテム』を製作
その名も【たつのひ】東京Vカラー 聡SP
気合が入ります
って気がつけば9時前。
それからちょっとばっかし仮眠を取り、
14時頃、アビサポしっきー氏に迎えに来てもらい、いざ鳥栖へ
初めて博多の森以外のスタジアムに行くからドキドキワクワク

17時前に到着してすぐに選手の入り待ち
40分ぐらい待って、ついにヴェルディのバス到着
そして・・・そして・・・いたょ・・・
いたのょ・・・彼が・・・そぉー・・・長野聡サマ
ずーっと秘密アイテム持って見つめてはみたものの、「気付いてくれないなぁ〜」と諦めてたらバスを降りる階段っぽいとこ()でこっち向いて頭をペコってしてくれた〜
はぃ、自意識過剰かもしれませんw
でも、軽く感涙w応援頑張ろうと決意


それからスタジアムに入り、東京Vサポ側ゴール裏の隅っこに陣取る。
持参した一眼レフカメラを調整してたら、選手がピッチに。もぉー狂ったように写真を撮る、撮る、撮るw
もちろん目当ては聡オンリー
フラッシュたきまくっててすみません、皆様w

19時4分、試合開始。
予測よりもはるかに人が多かった感じ。
入場者数11388人だって〜
普段のアビスパより多いし
少なくともアビサポが少しは貢献してるw
それにしても、久々に生でサッカーしてる聡を見た
やっぱり必死にサッカーしてる聡が1番かっこいぃ。
何度か泣きそうになりました。

試合については正直、あまり見てません。
あ、でも・・・お世辞にも褒めることは出来ませんね。
結果として負けちゃいましたし、2点目のゴールのされ方は・・・ヒドかった
でも、個人的に分かった事・・・
東京Vの聡ファンなどには悪いのですが・・・
聡に東京Vのユニフォームは似合わないという事。
やっぱり聡はネイビーだ。彼には博多の血が流れてると信じてます。

試合を終えて、速攻で出待ち場所へ
入りとは大違いの人だかり。
知り合いの人たちと合流して、聡を待つ。
数分後、バスに乗り込む聡。
顔は浮かない・・・そりゃ、負けちゃったから。
バスから降りてきてくれるのを期待したけど諦めて、聡の座ってる席の近くへ。
秘密アイテムをフリフリしてたら、こっち向いてくれて、うんうんって頷いてくれた

その後、サポの群衆の中から頻繁に「聡、戻ってこいよーアビスパに」「待ってるからな、聡」っていう声があがる。
後ろを振り向けば、ゲーフラだの、メッセージペーパーだの、オブリのマフラーだの聡関連の物ばかり目に付く。
それに複雑そうな顔で答える聡。
選手・監督が乗り込み発車しようとするバス。
一段と聡に対する声が大きくなる。
もぉ声というか・・・叫び。
私自身も半泣きで「聡、絶対帰ってきてね」と叫んじゃいました。
聡は聞こえたのか、その叫びにこっちを向いて手を振ってくれた。
本当にありがとう、聡、負けてテンションが落ちてるバスの中で最上級のファンサービスを。
最後には聡コールまで起こりビックリ。
さすがにその時ばかりは涙を堪えきれず、ボロ泣き。
おそらく出待ちの人間の6〜7割はアビスパサポーターだったと思う。
正直予期せぬ展開。
あそこまで聡目的の人が多いとは。
でも、それだけ愛されてて、必要とされてるんだよね
伝わったよね、聡には。

お願い神様、聡をアビスパに戻してください。。。
 
   
Posted at 02:25/ Topic's URL
Comment(0)
復活!営業再開! / 2006年09月01日(金)
長々と『Inocencia』を休止してました。
理由としては・・・大好きな聡の突然の移籍。
正直、今でも・・・ひきずってます。

でも、くよくよしてても仕方ないのだ
前向きに行くのだ
信じれてれば・・・きっと彼は帰ってくる

なので、キリのいい月初めってことで・・・再開します
これからまたよろしくお願いします

ちなみに明日、聡凱旋ってことで鳥栖vs東京Vの試合観に行って来ます
久々の聡、嬉しいなぁ〜
何か応援するもの作ろうかな
 
   
Posted at 01:24/ Topic's URL
Comment(0)
 
 
GMO MadiaHoldings, Inc.