再開!! 

December 09 [Sat], 2006, 13:29
ずーっとお休みしててごめんなさいでしたm(。_。;))m
ってことで帰ってきましたv
今日から出来るだけ毎日upしていきたいと思いますっ!!

今、HP作ってるんだけど何であんなに難しいかなぁ??
とっても疲れるんだけどぉ〜〜〜〜〜〜(ノ◇≦。) ビェーン!!
HTMLとかわけ分かんないから!!華夜にはし難しすぎるんだってば↓↓
でも、もう直ぐで完成するから頑張るもんねvv
なので、皆さん!HP完成したら来て下さいねよろしくお願いしますw

ってなわけでお知らせです。
  ↓↓
前の日記は訳あって全部消しました。
詩の方は一応残しておいたので、よかったら見て下さいな(*´∇`*)v
では×2 バィバィ★★★

−I miss you− 

February 28 [Tue], 2006, 22:07
どこで 間違えてしまったのでしょう
貴方に出逢わなければと 何度 思ったでしょう

昨日までは知らなかった 貴方
恋をしてしまったのは いつの日
想えば想うほど 私の心は壊れてゆくけれど
気持ちは どうして 募るのでしょう

優しさに甘えることを 許してくれるなら
いつも 笑顔でいて欲しい
貴方を見てる 私が居るけれど・・・
貴方は 誰を見ているの・・・?

貴方の唇から 零れる言葉は 嘘ですか?

信じられるほど 私は 大人じゃないけれど
信じたいと思った 私は 子供ですか?

最初に流した 涙はいつでしょう
最後に流す 涙がないように 

私は祈り続けます・・・

−好きだから・・・。− 

February 26 [Sun], 2006, 23:01
嫌いじゃないよ
そう 笑顔で言った あなた

ねぇ 気づいてる・・・?

今にも 涙が零れそうで
私 必死になって もがいてる

遠ざかる あなたの背に
独り言のように 呟いた

好きでもないくせに

言葉にしたら 胸がズキッとした

素直に喜べないのは
あなたを 本当に好きだから

伝わらない切なさに 負けないように
そっと 空を見上げた・・・

−ナイトメア− 

February 25 [Sat], 2006, 22:50
悪魔の誘惑 薔薇に口づけ
魔法の吐息を吹きかけて

魔女の眠り 覚ますのは誰・・・?

茨の森 迷い込めば ピエロ踊る舞踏会
残酷な微笑み残して 見つめてる 
禁断の果実 誘惑に誘われて 
手にした私は罪人

鏡に映るは 仮面被った死神か
赤い蝶 舞えば 
響き渡るメロディーに
心奪われ 時止まり
静かに 闇に落ちてゆく・・・

−ウロボロスの輪− 

February 25 [Sat], 2006, 22:47
聞こえないの 私を呼ぶ声はたしかにするのに
そこは音のない空間 暗闇だけが私を支配する

助けて 
心で思うだけじゃ無意味で
独り 今もここで 
進み行く時の中 置き去りのまま

始まりは ほんの一瞬だったはずなのに
終わることのない永遠

もう一度やり直せるなら・・・

願っても 変わることのない現実
心に耳を澄ませると 聞こえてくる真実

憎しみ 苦しみ そして悲しみ
なにも変わらない日々の中で 増していく残酷
生まれるものは 自分勝手なココロ

誰かを傷つけることに意味があるのなら
脆い世界の中 暗闇だけが光りだす

憎んで 憎まれて
疑って 疑われて
こんなことの繰り返し
そして やがて真実は偽りに変わってしまう

誰もが持つ感情
純粋なまでに儚く 美しいというのなら
その裏には何があるの

どうか 偽りに惑わされないで
大切なものほど 失くしてしまう
それも

真実だから・・・

−人魚姫− 

February 24 [Fri], 2006, 21:44
苦しみを 耐え抜こうと思ったの
ただ もう一度 
貴方に逢いたかった・・・

憶えていますか あの雨の日
私が恋をした日
きっと 運命だったんだよね

言葉にできれば 伝えられることができた想いも
夜が通り過ぎれば 消えてしまうの
もどかしくて ただもどかしくて
好きなのに どうして 伝えられないんだろう

幸せでしたで終わらせないで・・・ 誰が言ったの?

月明かり照らす この部屋で
貴方が幸せそうに 微笑んで
もう 叶わないと知った・・・

どれだけ涙を流したら 伝わるの
溢れ出す想いを歌声に 届くはずと信じてた
さよならなんてしたくない 
遠くに行かないで
胸が苦しくて ただ 苦しくて

愛することを教えてくれたなら 忘れる術も教えて下さい

好きでした
貴方と私が結ばれることは 決してないけれど
苦しいほど 好きでした
だから 貴方のことを そっと 見守り続けるよ

私だけが 貴方にできること

私は 泡になるの
貴方に出逢えた この海で 静かに消え行くわ
きっと それも 一つの運命だから

さよなら 王子様

好きでした
苦しいほど 好きでした

−クラウン− 

February 23 [Thu], 2006, 18:29
いつか夢見た 物語の続きを・・・

扉を開けて そこは おとぎの国
終わりなきページ めくりましょう♪

幼き頃に 憧れたお姫様
今宵 王子と舞踏会
仮面外して 素顔を見せて そっと秘密を囁いて

薔薇の階段 上る貴方に口付けを
印残して 迷宮へ

蒼い瞳の白兎 優しく微笑んで
天使がくれた贈り物 時の終わりに王冠を♪

−終電車− 

February 23 [Thu], 2006, 18:17
君からの突然の電話 震える声はどうして
走り出す僕 心が微かに揺れていた
駅の階段 駆け上り
終電車 待つ君が 涙流して座ってた

強がりな君が 初めて見せた涙
僕の心を 何かが締め付ける
問いかける声 雑音がかき消して 届かない・・・

触れる指先が 君の弱さ感じてた
そっと抱き寄せる僕の手 強くなるけど
君が壊れてしまいそうで 怖かった

ありふれた言葉しか言えなくて 無力な僕を許してほしい

もう一度 君が笑ってくれるなら
もう二度と 失わないで

誰のために涙を流し 誰を想って笑うのですか・・・?

−人魚姫− 

February 22 [Wed], 2006, 22:27
一緒にいたかった・・・

願いは ただそれだけ
逢いたくて 逢いたくて

あなたに 触れることのできない悲しみと
伝わらない この想い
流した涙は 真珠にかわり
海の奥底に沈んでいく

手にしたナイフ 心に突き刺し
切なさと共に 泡となろう

愛することを知った 人魚姫
この想い 歌にして 貝殻にたくしましょう

誰かが耳を澄ますまで
海に揺られて 眠りましょう

−夢のあと− 

February 22 [Wed], 2006, 22:17
夢で見た光景 嘘であってほしい
隣で 笑ってたのは誰?
嫉妬で狂いそう・・・

私には見せたことのない顔で
笑いかける 貴方が切なくて
見つめる視線の その先に
悲しい現実 映ってた

螺旋が外れたように
一瞬 時が止まるように
音もなく 落ちてゆく

夢の続きが知りたくて
でも 怖すぎて
風のように 何処か遠くへ
逃げてしまいたい・・・
2006年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
☆PROFILE☆
neme⇒白雪 華夜☆18歳
birthday⇒S63/06/21
blood⇒O
love⇒桃/イチゴ/烏龍茶/紅茶/家族/友達/ピンクor黒//音楽eat...
not like⇒ゴキちゃん/虫/ネズミ/幽霊eat...
コメントありがとうですっ☆
アイコン画像Angeli
» −儚い蝶− (2008年10月28日)
アイコン画像あずみ
» 再開!! (2007年05月10日)
アイコン画像BlogPetのキャラメル
» 再開!! (2006年12月10日)
アイコン画像Dear−せなちゃん
» −ウロボロスの輪− (2006年02月26日)
アイコン画像せな
» −ウロボロスの輪− (2006年02月25日)
アイコン画像Dear−みやびちゃん☆
» −Blue Rose− (2006年02月21日)
アイコン画像Dear−樹ちゃん☆
» 英語でPoem♪ (2006年02月21日)
アイコン画像Dear−真珠ちゃん☆
» 英語でPoem♪ (2006年02月21日)
アイコン画像みやび
» −Blue Rose− (2006年02月21日)
アイコン画像
» 英語でPoem♪ (2006年02月21日)
Yapme!一覧
読者になる