信じるよ。 

2007年04月08日(日) 4時58分
人に何かしてあげること。
人に何かしてもらうこと。
どっちか片方じゃだめなのかな

片方でいいって進んできた恋だった。
でもそれは間違ってる

私は確かに
あの人に助けられた。
でもあの人に
私の何が解る。
思いの強さは私にしか解らない。
それをバカなんて言わないで。
人を一生懸命に思う気持ちを
バカなんて・・・。

いいんだよ
私は幸せにはなれなくても。
傷ついても。

別に誰も私を
必要とはしていないし
愛されてもいないんだからw

ボロボロになるかもね。
でもいいんだよ。
それでも信じるって決めたんだよ。
だって、人を信じる事が出来ないあの人に
言ったのは私だもん。
「私はたとえ傷つく事になっても、人を信じるよ」って。
あの言葉に嘘はないんだよ。

信じる事は覚悟。
裏切られるかもしれないのなんて
大前提で
私はそれでも信じる事を止めたくない。

とことんやるよ、こうなったらw
とことんやってそれでも駄目なら
それはそれで仕方ないよ。
悔いはない。
その程度の男ならそれはそれでいい。

バカな女と言われても
私はただあの人を
幸せにしてあげたい。
自分に気持ちを向けるために
与えてきた訳じゃないんだよ。
私が満たしてあげたいのは
救ってあげたいのは
自分自身じゃない。あの人だ。

それをちょっと見失いかけてたね・・・

相談に乗ってくれたあの人には
感謝してる。
結果的に不愉快にさせてしまったけど
私の人生は私が決めるんだ。

ごめんなさい。

なんか、全然迷う事なかったね。
信じて突き進めばいいだけじゃん。
簡単な事だよw


3/18 AP BANG!東京環境会議 

2007年04月01日(日) 4時32分
3/18、岡村さんの復活ライブ。



ここで色々書いたように、複雑な思いで行ったのに
彼が出てきて「カルアミルク」が流れた瞬間、
私は泣いてた。

やっぱり嬉しかったんだろうな。


彼が出てくる前のほんの何秒か前の
客席のあの異常な空気は
なんか忘れられない。。。
異様だったけど、言葉にしなくてもひしひしと感じる“何か”に
包まれて、
鳥肌立ったよ。

言葉が全てじゃないんだよね。
言葉にしなくても伝わる何かが確かに存在するんだと実感したよ。


彼はやっぱり、今でも、凄いアーティストだった。
逮捕されてたなんて微塵も感じない、素晴らしいステージだった。

そこにいるファンの方々は、本当に熱狂的だった。
皆、ミュージシャン岡村靖幸を待っていたんだろう。

ただ私は、なんかやっぱり違ってた。。。

その中に居ても違和感。

当然だ。
だって私が待ってたのは、ミュージシャン岡村靖幸ではないから。


私はね
靖幸ちゃんが歌ってくれるかどうかなんて
どっちでも良かった。
そんなのは後回しだって思った。

人としての復帰。
それこそが彼に望む一番の事だったし。

だから、心からは喜べなかったと思う。

でも、やっぱり、
ほっとした。
元気な姿を見れて。。。


生きてさえいれば
何度だってやり直せるはず。

歌なんて後回しでいい。
ファンの声に応えようと
頑張りすぎないでいいよ。

ただ人として
幸せをつかんでね。

生きてる意味って
そういう事だと思うょ私は。

どうせなら微笑んで生きたい。 

2007年03月07日(水) 3時28分
mixiの某コミュで最近、「消えてなくなりたい」っていうトピックが立っていて
それがよく上がっているのを見る

要するに、そのトピックにカキコしている人たちは皆
「消えたい」と思っている訳で。。。


辛いよね、そんな風に生きていくのは・・・


私もちょっと前まではそんなだったし
今でもたまに、そんな風に思ったりする

だけどそれはね
本当に辛いよ

自分で自分を否定して生きていくのって
本当辛い。。。

あの人たちの気持ちは凄くよく解るだけに
他人事には思えないし
そう思っている人たちがたくさん居るって事実に
ショックだったり。。。

人に否定されるのは辛いけど
自分で自分を否定するのは
もっと辛いかも・・・

だけどどうしようもないんだろうな・・・
そういうのって

私も、自分で自分を「好き」っていまだに言えないし


だけど私はね、今の生活が
自分では気にいってるんだよ

仕事も
いい環境でそれなりに結果を出せてるし(勿論まだまだだけど)
やりたい事もたくさんやってる
これからやろうと思う事も徐々に進んでる
新しい出逢いもあったりして。

凄く充実してるんじゃないかって、最近思ってる
ちょっと怖いくらい・・・www


だけどその「充実した今(現在)」を作ったのって
誰よりも自分だったりする。

つまりはやっぱり、自分次第ってコトなんだと思う。


ちょっと前までは
誰かに依存する事で
生きる意味みたいなのを見つけては
それでもそれが報われなくて、
落ち込んだりしてたけど・・・
それは人に依存したからなんだよね


人に依存するから
期待するから
裏切られて失望する

そんなのが解ってから
あんまり依存は無くなった気がする
それで凄く楽になれた感じ

依存しなければしないで
不思議と向こうからコンタクト取ってきてくれる人が増えたりしてw
なんか不思議だけどねw


最後は結局自分だって思うよ。
何もかもね

勿論、愛する人がたくさん居てくれてるから
生きていけるし
生きてる意味もあるんだけど


なんていうんだろう

今までと違うのは多分
「人に必要とされてるのか」を今までは最重要視してたんだけど
今はそうじゃなくいってこと

今はそこに執着してないから
楽に生きていけてる。


今は、何か起こっても大体
「きっといずれはイイ方向に向くよ」って
思える。

そしたら本当にそうなるw

きっとそう考えるのって、凄く大事な事なんだね。


生きていくのは
選択の連続で繰り返しだから

どうせなら前向きな選択をして
少しでも、幸せに生きていきたいなって思う。

岡村さん復活ライブ。 

2007年03月04日(日) 4時21分
ここのところのゴタゴタの間に
急に飛び込んできたニュースだったなあ・・・

ホントびっくりしたよ・・・

まさか出所してるなんて思わなかった。。。


嬉しいケド複雑だったな・・・

心配が先に立って、素直に喜んでだけいられないの。
そんなの悲しいけどさ・・・

彼はそれだけの事をしたんだからしょうがない・・・


手放しで素直に喜べるファンの人たちが
羨ましくもあり、
正直戸惑いもした・・・。
「それでいいの」って思ってしまった

ファン皆が、
当時はあんなに苦しんだり悲しんだりしたじゃない
それを忘れているコトはまさかないとは思うけど・・・
私には理解出来ない・・・

彼がした事は私は忘れられないし
一生消える事も無い事実

私が待っていたのは
ミュージシャンとしての岡村靖幸じゃない。
だから複雑だし、心配・・・

形だけの復帰は
私は望んでないんだろうな
だから素直には喜べない・・・

ごめんね、岡村さん。

でもさ
愛しい人だからこそ
それほど真剣に悩んで戸惑ってしまうよ・・・


犯した罪は消えないし消せない。
その罪を岡村さん自身でずっと背負わなくてはいけないと思う・・・
そればかりは誰も代わりには背負えないし
誰かが背負ってくれた気がしても
それは気のせいなんだ。きっとね。

誰もそんな重いもの背負ってくれないよ。

刑期を終えたからそれで終わりじゃない。
罪を一生背負い、償って生きていかなければいけない。
その重さを彼は解っているのだろうか

解っていたら、こんなにすぐに復活ライブをやろうと思うだろうか・・・
私ならやらないけどね。

ミュージシャンである前に彼は人間なんだよ。
一個人としての復帰も出来ていないだろう状況で
人前に立つなんて・・・
私には理解を超えてるとしか言いようが無い・・・

それこそが岡村さんかもしれないけど。。。


私が心から願う事はただ
彼の人としての復帰。
本当の意味での復帰だよ・・・

別にミュージシャンとして戻ってきてくれなくても良かったと思う。
私はただ、彼の事が心配で
彼が人としてちゃんと復帰してくれることだけを
今も望んでる。

迷った時は、自分を見つめなおす時間が必要だよね 

2007年02月15日(木) 3時07分
何だかんだで、忙しい日々が続いてたので、
考える時間ってのが凄く少なくて。。。
そうすると、なんだか凄く気持ち悪い状態になる。

部屋が散らかってるみたいに。。。

今日は、そんな私にそれを改めて気付かせてくれる人に出会ったよ。
出会いはやっぱり宝物だなー。

その人は言ってた。「俺は死ぬまで今の仕事をやる」

私はバカだけどw、その言葉に込められたその人の覚悟みたいなものは
しっかりと感じたし。。。
凄いって思ったよ。

簡単に言えない言葉だってのもよく解るつもり。
だって私には言えないもん。「死ぬまで」なんて。


ただ、私は言おうとも思えないのかもしれない。
先の事はわからないのに
そんな事が言えるはず無いよ。。。

死ぬまで何かを貫くっていうのは
物凄いけど、
それが正しいのかなんて
私には解らないし・・・

路線変更とか
心変わりとか(言葉悪いけど)・・・

それが駄目だとは全く思わない。

要するに、それで結果的にいい方向に向けば
それが一番いいと思う。

死ぬまで貫き通して
その先には何があるの?

貫き通した自分は褒めれるかもね。
でもそれって結局
自己満足の世界じゃないの?
まあどっちにしても自己満足かもしれないけど。


っていうか、答えを探してた私はバカだったねー。

答えなんてどこにもないじゃん。。。
いつだって。どんな事だって。

答えが無いなら
自分が思うとおりに進めばいい。
誰にも邪魔する権利はないよ。

例えば2本の道があって
どっちに進もうって考えたときに
自分にとって最良の選択はどっちなのか
必ず判断する事が出来れば最高だけど
実際はそんなのわかんなくて


結果は
進んでみなきゃ解らないし
進んでみて歩いてみて、
後悔してしまったとしても
進んだ分の時間を
元には戻せないし。

きっと
人生ってそれと同じ。

だからあの人にとっては
それが自分にとっての答えだけど
私にとっては違うって
それだけの事なんだろうね。

貫き通すのも覚悟も
かっこいいけど、
私には無理だなあ



恋愛に関しても
同じような事言ってたけど、
それはそうだって思った。

付き合うのはテストだって言ってたけどw
結婚は覚悟だって。

・・・結婚なんて別に私は興味ないけどw

私にとっては
付き合うのも結婚も
同じくらい重いし。

でも覚悟って意味では
私もそうだと思うよ。
恋愛も。。。

自分で自分に「想いを貫き通せないなら、やめちゃったらいいじゃん」って
よく思うw

何があってもずっと貫き通せるほどの
強い気持ちじゃなければ
つきあうべきじゃないと思うし。


私はそう思ってるから
誰かと付き合うときは
多分必死になれるんだろうな。
その人が一番だって
思えるんだろうなあ。
・・・やっぱりバカだwww
でもこれが私で良かった。
ちゃんと人を愛せる自分で良かった。。

ただ、私はそうでも
相手にもそれを求めてはいけない気がする。
温度差。。。はどうしてもある。
特に私はそんな人を好きになりがちだしw

解ってるから。
だから相手にも同じ温度を求めちゃいけないんだよ。

寂しくても
私が一番じゃなくてもイイよ。
だって私が好きなのは
私自身じゃなくて
「彼」だからね。

こんな風に誰かを愛していくと
きっと一生報われない気がするw
だけどそれが私なのかなあ、なんて。













白虎隊。。。 

2007年01月08日(月) 1時38分
今日はテレビで白虎隊見たよ

昨日が第一夜、今日が第二夜。

もう、泣きっぱなしだったなあ〜www
出演者が山下くんと聖だからっていうのもあるけど、
それ抜きにしても、
凄く色んな事考えさせられたり、感じたりした気がする。

実際ああいう時代が本当にあったんだろうし、
その時代の武士って
本当にあんな感じだったんだろうし。

「大和魂」
今じゃ考えられないけどねw

あんな男の人がどれだけ存在してるんだろ

私の中での男の中の男って、ああいうのを言うのかなあ・・・なんて思ったり。
理想高すぎw
でもねえ・・・
今の男は、色んな意味で弱すぎるよ。

そんな風に思っちゃう私は
産まれてくる時代を間違えた気がするけど
前々から薄々感じてたことなの。

私はもし結婚するなら(しないだろうけどw)
旦那さんを陰で支えていけるような
古風な奥さんでいたいな

昔から思ってたけどね
改めて思ったかな

あの時代の女性は
まさに私の目標だし
女は女らしくw

女性(奥さん)が強くて、旦那さんのお尻を叩いたりしてるのは
絶対嫌
みっともない
私は絶対ならない

男の人を手の上で転がしてもいいけど
ある一線を越えないこと

私の中では当たり前のルールだよw



「もし私があの時代に生まれていたら」
・・・って考えたら、
やっぱり今の時代に生まれられて幸せだったんだろうな
、と思った。

普段何気なく暮らしている中での
一つ一つのことが
きっと凄く恵まれているんだなって
思ったよ。


自分の息子を
戦いのために育てなきゃいけないなんて
どんな気持ちか・・・

好きな人が出来ても
話すことすら難しいなんて辛すぎるし


今じゃ普通に当たり前になっていることが
この時代から考えたら
凄い幸せなんだよね


そう考えたら、
今の私は十分幸せなんだろうね

大好きな人の歌を
当たり前に聴けるし
大好きな人に
毎日でも逢える。。。

それだけでも
凄いんだね。

まあ誰かと恋愛するっていうのも
凄い奇跡的なことだしwww


いつかGacktさんが言ってたこと
「愛する人を失ってからその大切さに気がつく。
 皆ももっともっと愛する人を大切にしてほしいし、
 その人との時間を大切にしてほしい」
・・・そんなこと言ってた気がする。

本当そうだよね。
失ってから気が付いても遅い。

私は大切にするよ。

愛する人。
その人との時間をね。

12/31 カウントダウンイベ 

2007年01月05日(金) 1時09分
2006年最後の日は、やはり彼らのイベントへ

本当は、ジャニのカウントダウンにも行きたかった・・・けどチケット取れず断念


近年はずっとあのイベントで年を越してるなあ、なんて
でも今回は私一人

去年は友達だったはずのあの子は隣にいない
今はもう側にすらいない

どうしてるのかな
ミクシの方でちらっと見たけどね


朝からネットで色々やってたら、
渋谷に間に合わない時間に・・・
渋谷遠すぎるよ
っていうかとろい私が悪い・・・

仕方ないから251と440だけ参加することに


出番の時間めがけていったけど、
まだフロアでメンバーがウロウロしてた
ちょっと押してたのかな
凄い人に圧倒されつつ出番待ちw

彼らの出番前になると
ちょっとだけ間があき、前へ移動できたよ

「music」からやった気はするけど
はっきりは覚えてないや・・・
それよりも、年末だからか色々思い出したり考えたりで

Dちゃんも言ってたんだけど
最近「music」が大好き
冬の歌なのかどうか
聴いてる側の私は知らないけど
しっくり来るよ
今の自分に

なんかいつもの様にまた
私が彼らの曲を必要としている訳を
考えてしまったりして

・・・っていつもこんな事考えてるなあw
何故だろう
でもまたいつもとは違う発見した

痛いのに
何故聴いてしまうのか

彼らの曲を聴いて
痛みを感じて
それで私は「生きてる実感」ってのを感じるのかもしれない

リストカットとかする人に出会ったことあるけど
「血を見ると安心する」って
多分あんな感じ

私は切らないけどね
それに近いことしてんのかなあって

無意識だったな
こんな自分・・・
相当暗いしイタイ子だね

一年前の年末は
側に誰かがいただけ
ましだったけどねw
今回は完全に一人だったし・・・

自業自得
そんなのも解ってるよ、勿論ね


そんな事思いながら
440に上がっていったら
人でいっぱい
お祭りさわぎ

いつも楽しそうでいいね440と彼らwww

自分との温度差がちょっと悲しかったよ
私自身、年が明けても
何も変わっていないのに

でも気が付いたら
私が立ってる横にDちゃんが居て
どきどきしたけど
嬉しかった

でもやっぱり話せなかったなあ・・・

Dちゃん酔っ払ってたのかな
たくさん笑ってたよ
そんな姿を見れただけでも
嬉しくて
もう充分だってちょっと思ったよ

自分が幸せじゃなくても
人に対してそんな風に思えるのって
凄いなあなんてw

だって私は
それだけ彼に助けられてるもん
彼が大切だもん・・・

440でのライブは
凄く良かった

最後の最後で
Dちゃんが言った様に
地獄に突き落とされて

「パズル」が本当に良かった
・・・良かったって言うのは正しい表現じゃないかもしれないけど

Dちゃんの感情が
本当に伝わってきた感じ

泣いた


今年も彼らから
離れられそうにないや
私が幸せになれない限り


今年もよろしくお願いします

12/26 ライブ@新宿ロフト 

2006年12月31日(日) 6時26分
今回のライブハウス、好きだから楽しみにしてたんだよね

クリスマス後なのになぜかクリスマスイベントwww
一人参加だったから寂しさ倍増www
まあこれが私の現実だしね

大好きなバンドは相変わらず出番が遅くて
待ちくたびれたよ〜

朝から何も食べずに行ったから
お腹空き過ぎて唐揚げを途中で買いぱくぱく
美味しかったあ〜〜

今回のセットリストも、
前回に引き続き激しい感じ
メンバーはハードそうだけど観てる側は楽しいよw

「ナナイロ」で一気に体が温まり、
「garden」や「犬になりたい」でピーク
この流れ凄く好き
犬〜はいつまでも最高だね

そう考えると
以前の曲の方が私は好きなのかなあ
でも、Nちゃんの曲は間違いなく以前の曲が好き
何が変わったのかな
彼が変わったのか
私が変わったのか・・・

とにかく今はDちゃんの曲しか
私には届かない
ごめんなさい

「期待するから裏切られる。期待するな
DちゃんのMCwww
まさに私にぴったりの言葉だよねw

解ってる
期待しないよもう


Dちゃんの瞳がたくさん見れた
やっぱり瞳って重要
一番伝わる

綺麗な、でも凄く寂しげな瞳
これからも見つめてたいな・・・

素敵な時間でした
ありがとう

12/22 沙羅の夊ライブ 

2006年12月31日(日) 6時11分
12/2の柏ですっかりTakちゃんの虜になり、
クバールを観に行き
今度は沙羅の夊のTakちゃんを観にwww

素直に、いいバンドだなって思った

ビジュアル面でも曲の面でもいい感じ
私好みwww

ボーカルの女の人が綺麗だった
悔しいけど声も可愛くて
Takちゃんとお似合い・・・
やきもち・・・

私ももっと綺麗な女性にならなきゃ

このバンドでのTakちゃんは
妖艶で美しくて、儚げで・・・
でも力強い感じもするTakちゃんだった

パーフェクトだね・・・
Takちゃんは、私の理想の表現者

前はそれがmasaだと思ってたけど
今はTakちゃん

曲がとてもいいバンドなので
次が楽しみ
このバンドでのTakちゃん、一番好き

12/19 クバール主催イベント 

2006年12月31日(日) 5時52分
この日が初のクバール。。。
マァマァサムゥ以外のTakちゃんを見るのは、この日初だった

どんなバンドなのか全く分からない状態で参加したら、
物凄いバンドだったwww

曲がどうこうじゃない、とにかくビジュアル面でのインパクトが凄い

Takちゃんは変わらず美しかったけど

でもね、なんかマァムゥとは違うんだよね
あのバンド自体のイメージなのかな
クールだけど、ワイルドで激しい感じのTakちゃん

そんなTakちゃんも素敵・・・
なんて妖艶なギタリストに出逢ってしまったんだろうって思う


他のバンドも色々ビジュアル面で凄いバンドばっかりで
結構いい経験になったけど
やっぱり待ち時間って退屈

でも、Takちゃんが褒めてたギタリストはしっかり見てきた
かっこよかった、確かに
でも、私はTakちゃんがいい

Takちゃんのバースデーが近いので
ステージの上でお祝いが始まり、
私も一緒にお祝いすることが出来たよ

Takちゃんハッピーバースデー
産まれてくれてありがとう

これからも
素敵な小悪魔で居てねwww
2007年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像中台
» 信じるよ。 (2007年04月18日)
アイコン画像けん兄
» 桜が咲かない。 (2007年03月08日)
アイコン画像けん兄
»  (2007年03月08日)
アイコン画像けん兄
» 距離。 (2007年03月08日)
アイコン画像けん兄
» 「好き」 (2007年03月08日)
アイコン画像
» その後・・・ (2006年11月20日)
アイコン画像
» その後・・・ (2006年11月20日)
アイコン画像スズキさん☆
» その後・・・ (2006年11月19日)
アイコン画像スズキさん☆
» その後・・・ (2006年11月19日)
アイコン画像中台
» その後・・・ (2006年11月19日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:love-days_pure
読者になる
Yapme!一覧
読者になる