約束。 

2007年04月14日(土) 2時17分
自分では大人になったつもりで過去の自分を子供扱いした。

ふと思い出したのが独りよがりな文章の行方。

放っておいたら見ず知らずの人に見られ
お目を汚してしまう、なんて勝手に暴走。

そしてあの人と連絡をとることに。
最初の用件はそれだけだったの、ホントに。

たまたまあの人が東京にいて

たまたまライブを見に東京に行くことになってて

話のついでに、逢ってみたいなって言っちゃったのは。

その時に日程が大丈夫だったみたいで
即、色よいお返事がもらえたのもよかったけど
1番決定的だったのは、写メを送ったからかもしれない。

写メはプリクラ並みに誤魔化しがききますもの。
でも嘘はついてませんよ。
騙されたなんて言われてませんから。
まぁ、ホムペのあの人の画像と実物はちょっと違っていたことを思えば
あたしのは可愛いものです。

接触 

2007年04月11日(水) 15時40分
あの頃のあたしは物書きが好きだった。
絵を描いたり気持ちを文章にすることで
落ち着けていた気がする。

人を、親を、拒絶していた。
自分の殻にこもることで守ってきた弱い心。


あの人のページには投稿できるスペースがあった。
書くだけじゃ物足りなくなってお願いして載せてもらうことにした。
すごく稚拙な文章。
それをみて、あの人がどう思ったかは知らないけど
独特の空気を持ってるねって言われたことがある。
そこが、気に入られたのだろうか。
物書きしてた頃より大人になったつもりだったときに言われた言葉。


投稿した文章が、後に自分にとって役に立つ出来事になるとは
微塵も思っていなかったけど。

始まり。 

2007年04月09日(月) 2時34分
直接逢ったのが始まりだとしたら、4年。
存在を知ってからは9年経った。
一緒に過ごした時間は、ほんの数えるくらい。

ネット検索で行き着いた先が、そこだっただけの話。
交わす言葉少なく、あの人の文章を見ることだけが繋がり。
思い出したようにサイトにいくだけ。

最初は考え方が似ているなって思った。
似てるなんていうのは、今となってはちょっと恥ずかしい。
それは自分が理想とするカタチでした。

悩んで、もがいていた気持ちをこの人なら救ってくれる
そんな救世主のように感じていた。
あの人には否定されたけど、楽になれたのは事実です。

あの頃は住んでいる場所があまりにも違ったからか
直接逢ってみたいという気持ちはありませんでした。
あの人からみても、世間的にもお子様でしたし。

時が経って、お互いの環境が変わったことで逢う機会ができた。

そして忘れようと、諦めよう、なかったことにしよう、
と考えずにはいられないほど、想ってしまうことに。
気持ちが不安定になったあたしに、振り回されて傷付けた人もいました。

けど・・・できなかった。

自分の中だけで想う気持ちを大切にしていれば
誰に迷惑を掛けるわけじゃないことに気づいた。
あたしのまだ短い人生でも、いっしょうを懸けて想っていようと決めた。
それが、あの人にとって大人になるという意味なのでしょうか。

P R
2007年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:you
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:12月20日
読者になる
Yapme!一覧
読者になる