真皮のコラーゲン

November 07 [Fri], 2014, 16:29
肌の奥の層にあたる真皮にはコラーゲンがあり、その割合は70%と言われています。

コラーゲンの役割は肌の弾力を保つので、コラーゲンが肌に良いといわれているんですね。

逆にコラーゲンを失うと肌の弾力が失われてたるみやシワの原因になってしまうというわけです。

フカヒレなんかにはコラーゲンが豊富だなんだって言われてますけど、実は食品から摂取できるコラーゲンっていうのはあまりお肌にとっては意味がないんです。

何故なら、体内で一度分解されてしまうから。

肌にはコラーゲンが重要。だからコラーゲンを食べよう。っていうのは、髪を生やしたければ髪を食べようって言ってるのと同じレベルだとか。

あまり誤情報に踊らされないようにしたいですね〜。

ビタミンC誘導体の秘密

November 07 [Fri], 2014, 16:27
ビタミンC誘導体はお肌にとって万能な成分です。

しわ・シミ・にきびなどなど、あらゆる肌トラブルを予防できるのではないか?と思うほど様々な効果を持っています。

ビタミンCは聞いた事あるけど誘導体とは一体・・・?と思う方もいると思いますが、ビタミンC誘導体とは、従来のビタミンCにあった安定性の低さといった弱点を克服したビタミンCで、お肌の大きな味方となってくれる成分です。

是非、普段使いの化粧品をビタミンC誘導体配合のものにして、積極的にビタミンC誘導体を摂取したいところです。

コラーゲンの摂取方法

November 05 [Wed], 2014, 22:55
実はコラーゲンって食べてもあんまり意味ないそうですよ。

コラーゲンを食べると一度体の中で分解された後に再構成されるから、むしろコラーゲンをたくさん摂取するよりもバランスよく栄養を摂取するほうが大事だったりするそうです。

コラーゲンは肌に大事な成分なのは間違いないですが、コラーゲンを増やすならコラーゲンを摂取するよりもコラーゲンの生成量を増やす方が良いみたい。

その辺りは以下のページに詳しく載っているのでよければ見てみてくださいな。

正しいスキンケアを学ぼう.com
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/love-bihada/index1_0.rdf