傍聴のリンゼイさん母は涙 市橋被告は土下座

July 04 [Mon], 2011, 20:22
イギリス人女性殺害事件の初公判で、市橋達也被告(32)は「殺意はなかった」と述べました。法廷内での市橋被告、そしてリンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22)のご両親はどんな様子だったのでしょうか。

 (社会部・陣内紀惠記者報告)
 市橋被告は、法廷に入廷するなり遺族に向かって突然、床にひざをつき、いわゆる土下座をして深� 財布 ヴィトン ��と2度、頭を下げました。その様子をリンゼイさんの両親は、じっと厳しい表情で見つめていました。その後の市橋被告は終始、うつむきかげんで無表情でしたが、法廷で遺体の写真が映された場面で、リンゼイさんの母親は感情を抑えきれずに涙が止まらない様子でした。
 (Q.今後の裁判のポイントは)
 検察側は、「リンゼイさんへの乱暴 グッチ コピー と死亡との因果関係がある」と主張しています。これに対して、弁護側は「因果関係はない」と主張しています。4日の検察側の冒頭陳述では、リンゼイさんの死亡時刻に非常に大きな幅があるようにみえ、殺害経緯の細かい部分を特定しきれていないのではないかという印象を受けました。この点、裁判員は、今後、遺体を解剖した医師の証人尋問� かばん屋 ��どを通じて、死亡推定時刻と死因とをきちんと見極めるのが非常に大きなポイントだと思います。この事件、被告自身が話している通り、真実は、リンゼイさんと被告本人しかいないわけですから、今後の被告人質問などを通じて、話をきちんと聞いて、検察側と弁護側の双方の主張に矛盾がないかどうかをきちんと見極める必要があると思います。ルイヴィトン
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/louisvuittonac/index1_0.rdf