初めて聞く人も多いと思います。「きびそ」についてご紹介しましょう。

July 23 [Sat], 2011, 10:55
天然素材「きびそ(kibiso)」を使って、大手小町オリジナルのバッグを作ることになりました。「きびそ」ってどんなもの? 初めて聞く人も多いと思います。「きびそ」についてご紹介しましょう。
 
繭をイメージした鶴岡シルクのロゴマーク
 皆さんは繭(まゆ)を見たことがありますか。蚕からさな 人気 時計 レディース ぎになる時に、糸を吐いて自らの体を包む、大人の親指大くらいの、白い楕円で絹のもとになるアレです。


製糸工場で積み上げられている「きびそ」の束
 繭に触ってみると、表面はデコボコ、ザラザラ……。滑らかな触り心地の絹とはだいぶ違います。この外側の部分から取れる糸を「きびそ」と呼んでいます。今回、大手小町では、�� ベルト エルメス �の「きびそ」を使って布バッグを作ろうと考えています。

 「きびそ」は蚕が最初に吐き出す糸で、硬くて太さが一定ではないため、加工するのが難しいのです。これまでは捨ててしまうか、成分を抽出して化粧品に使われる程度でした。

 「天然素材を捨てちゃうのはもったいない!」「ゴワゴワした風合いを利用して生地を作ったら� フェンディ 公式 ��かえって面白いんじゃない?」――こう考えたのは長年ファッション業界を支えてきた岡田茂樹さんと、テキスタイルデザイナーの須藤玲子さん。

 2人に賛同した山形県鶴岡市の織物工業協同組合の皆さんとで「きびそプロジェクト」をスタートさせました。現在は、絹織物会社の鶴岡シルクの皆さんも加わってこれに取り組んでいます。エルメス 通販
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/louischanel/index1_0.rdf