【 更新情報 】

スポンサードリンク

loud parkのライブ映像

LOUD・PARK(ラウドパーク)は、「メタルの祭典」ということを宣言する日本のメタル・フェスティバルです。
BEAST・FEASTの後継フェスティバルで、略称「ラウパー」と呼ばれています。

2006年に千葉の幕張メッセと大阪のZepp Osakaで開催され、MEGADETHやAnthraxなど、出演バンドの豪華さが大きな話題をよびました。

2007年は、埼玉のさいたまスーパーアリーナで開催され、音響の良さやBLIND GUARDIAN、SAXONなどの実力派揃いのバンドが揃い、好評を得ました。

2008年にも、同じくさいたまスーパーアリーナで開催され、Slipknotなど、ロックファンも多いバンドを起用する事により、集客は好調でした。

大物アーティストの出演で話題をよんでいるLOUD・PARKは、ライブ映像を収録したDVDは発売されてはいませんが、コンピレーションCDや様々なサイトで、ライブレポートを公開しています。
特にLOUD・PARK08(http://www.loudpark.com/08/gallery/index.html)のフォトギャラリーは、ライブの躍動感が伝わってきてオススメです。

2009年の開催については、まだ公表されていませんが、今年のLOUD・PARKも盛り上がる事でしょう。


loud parkのオークション

LOUD・PARKは、正統派のヘヴィメタルに、スラッシュメタル、メロディックデスメタル、ゴシックメタルの他、北欧ロックンロールやヴィジュアル系バンドなど、多彩なジャンルを包括するヘヴィメタルの総合的なフェスティバルです。

毎年、豪華な出演バンドが話題をよんでいる人気のライブです。
もちろん、各アーティストのグッズも販売され、LOUD・PARKの会場を盛り上げるため、
一役買っています。

人気のグッズは、記念になるパンフレットやデザインもお洒落で持ち歩けるキーホルダーやライター、好きなアーティストのTシャツのようです。

オークションは、競売のことですが、最近はYahoo!オークションなどに代表されるインターネットオークションがOLや主婦を中心に人気ですね。
Yahoo!オークションにもLOUD・PARKのグッズが出品されています。

Tシャツやパーカーなどからポスターやギターのピック、パンフレットまで出品される
グッズはさまざまです。
会場に行けなかったファンの方を中心に落札されています。

LOUD・PARKのライブが近くなると、ライブチケットも出品されます。
オークションは、いかに安く良いものを購入するか、ドキドキ感がたまりませんね。

ライブとCD・DVD

LOUD PARK2008のCDとDVD発売されてますね。
ロック無知の私にはかなりビジュアル的にきついです。怖いイメージしかありません。
特に海外バンドを起用してきたLOUD PARKのイメージはひたすらついていけない感じでしたけれども。

しかし3回目からのLOUD PARKにはDIR EGREYやムックなどの国内ラウド・バンドも出演。
海外勢に劣らないパフォーマンスで盛り上がったそうです。
そのことからよりLOUD PARKは身近に感じる人も増えて顧客層も広がったようです。
LOUD PARKのDVDの売れ行きも好調。LOUD PARKのライブに行って興奮冷めやらない人はもちろんCD、DVDともに欲しいもの。自分のお気に入りバンドがさらに増えればさらにこれからもLOUD PARKに足を運ぶ人が増えてくるのではないでしょうか。

最初に比べたらLOUD PARKも柔軟に幅広く広がって来ているのでますます目が離せません。

ただ、ライブはとても高い価格です。それにはびっくりしましたね。
それでも握手会やサイン会などのイベントもありますし、チェックしてるバンドとの対面の感動は逃せません。

ぜひ2009年も開催チェックしてみてください。


(オムニバス) LOUD PARK 08 THE HEAVIEST METAL FESTIVAL IN JAPAN VOL.1(5000枚生産限定盤)(CD)
はコチラ>>

セットリストやリポートの公表

LOUD PARKはヘビメタルロックバンドの集大成だということはわかりましたが、その参加した人たちがこまめにLOUD PARKのセットリストやリポートなどを細かくそれぞれのブログやサイトで公表してるのを見ると頭が下がります。
ていうか、ヘビメタ愛しすぎです。すごいです。

あれだけLOUD PARKで盛り上がり、興奮しているのにもかかわらず、きちんとそれぞれのバンドを分析し、それぞれのバンド名から曲まで細かく載せているのです。
setlistはLOUD PARKの公式ページでも載っていますが、それも行った人たちのネット網で成立してるのです。一体感極まりない。

しかし、そのLOUD PARKの感想もシビアでおもしろい。
これは聞いてみたいなんて思う感想もいくつかありますね。
素人目にしてもしっかりとレポができていることに感心です。
LOUD PARKはさいたまアリーナで開催されてますが、終わった後もネット上で大いに盛り上がれるロックファンにはたまらない祭典なのでしょうね。
2009年もLOUD PARKに大きな期待がかかってることは間違いなしです。

メタルなfestival

LOUD PARKって聞いたことありますか?

私はあまりヴィジュアル系バンドやヘビメタにあまり興味がないので聞いたことがなかったのですが、LOUD PARKは「メタルの祭典」と宣言し、多彩なジャンルのヘビメタルな総合的なフェスティバルです。
LOUD PARKは2006年に幕張メッセで2日間開催され出演バンドの豪華さが話題を呼びました。すぐにでもLOUD PARKの2回目を、と主催者側に声が多く集まるなど反響の大きさがうかがえます。

2007年にはLOUD PARKさいたまスーパーアリーナで2日間開催され、集客は前回より下回ったものの、スーパーアリーナでの開催はとても評判良く、音響も座って聞けることからも反応は昨年を上回るものでした。

2008年に開催されたLOUD PARKはやはりさいたまスーパーアリーナで、モトリー・クルー等の一般的なロックファンにもアピールできるバンドも起用したことから集客は好調でした。

メタルなfestivalなだけにとにかくバンドも客も熱い!
何かを脱ぎ捨てて会場と一体感のある姿にはある意味脱帽です。
LOUD PARKからヘビメタルに興味を持った人も多いみたいなのでLOUD PARKがロック界の集大成であることは間違いないようです。