今夜は長い夜 

2006年08月26日(土) 1時43分
寝るタイミングを逃してチャドの豪快ないびきのせいで寝られない夜がある。
そんな夜はどこから来るのか分からない孤独を感じて、余計なことを考えてしまう。


まさに今夜もそうで、煙草が切れたが財布に100円と少しの小銭しか入っていない私はチャドの財布から320円を取り出し、そーっと近くのコンビニに行ってきた。

外は小雨が降っていたので少し肌寒くて気持ち良かった。当然のことのように高山を思い出す。

東京とは不思議なところで、毎日人が分単位で活動し、忙しく働いて忙しく眠りにつくようだ。
私はというと同じで、東京に来て以来、毎日何かに追われているかのように忙しく過ごしているように見せている。というのも、ここは周りの人間の歩くペースに合わせないと迷惑顔で舌打ちされるようなところだから。

煙草を投げては受け止め、そんなことを考えながら家路につく。

家に着くと、チャドは寝返りをして私の寝場所を完全に塞いで相変わらず豪快ないびきをかきながら寝ていた。
私は、静かに家を出たけれど、もしかしたら寝返りをうった時に私が居ない事に気付いて心配して待っててくれるんじゃないかと少し期待していたが全くそんなことは無く、勝手な話また少し寂しい気持ちになる。


何で私は高山でやりたい事を見つけられなかったんだろう。

もし私が高山で普通に就職していたら、今頃ゼクシィなんか読みながらどんなドレスを着ようかその当時の彼にきゃあきゃあと相談しているかもしれない。その為に頑張ってダイエットとかしていたかもしれない。前髪も切っていたかもしれない。
母親の家事を手伝い、父親の育てた野菜を食べ、犬と散歩をしていたなら家族はもっと喜んでいたかもしれない。
週末には彼と、2人とも大好きな小旅行をしてたくさん遊んで写真を撮って、アルバムを作っていたかもしれない。毎日つけていた、彼にあげる為の日記も完成していたかもしれない。

そんな色々などうしようもない想いをめぐらせて泣きそうになっていたら


「ムーリー!!(半笑い)」
というチャドの寝言で我に返った。

心の臓が口から出るほどビックリして、なんてタイミングのいい寝言言う奴や・・・と呆れた後、何だか物凄く腹が立った。


取りあえずすね毛でも燃やしておこう。

ずっとトモダチ 

2006年08月25日(金) 16時25分
夏休み、地元高山に帰ってまいりました!!

夏休みとは言っても、ウチの会社は外資系というわけでもないんだろうけど、エクゼクティブ連中も社員の殆ども外国人だから「オボン?ハア?」ってゆう感覚なんだろう。だから夏は各々好きなときに休む感じなんです。

短い高山滞在を楽しまねば損なので片っ端から遊びまくってやりました。
何を隠そう私も「オボン?ハア?」の人達のひとりです。オイラ墓参りの為に帰るんじゃねえ、山や川で遊びてえんだ止めてくれるなおっかさん!というわけにはもちろん行かず、全力で止められた私は素直にじーじやばーばが眠っているお墓参りをしてきました。なーむ


1日目、腐りも腐った腐れ縁の愛する私の親友、蜂賀由香と母校に顔を出してきました。
残念ながら仲が良かった先生たちには会えませんでしたが、その日は大学模試がやっていて私たちは運良く校舎に入ることが出来ました。





ああ懐かしき我が母校・・・

すっかり興奮した私は模試をやっている教室の前でケツを出してしっかり母校を汚して帰って来ました。


そしてその夜は毎年恒例の文系女子飲み会です!!
今年は就職した子たちも多かったので、昔ほど集まりは良くなかったけど、やっぱりこのメンバーで集まるとあの頃まで時が戻り、黄色い声を出しきゃっきゃと騒いでいました。

写真:時計回りに ひろみ、私、ひろこ、みかちゃん、蜂賀、梢、祥子、ナナ


やっぱり地元友達は一番一緒におって楽しいし本当に一生仲が良いんだろうなって思う。
変わらないでいてくれるみんなに感謝。愛してるぜ。

チャド高山へ【後半】 

2006年08月25日(金) 15時45分
2日目、チャド実家に来る。
緊張していたのは以外にも母親の方。今回はすぐ殴る親父には会わせない方向で来ていたので、内緒で3人でランチをしました。

チャドはあいさつも卒なくこなし、和気藹々と会話をするも、私が「タイ人みたいやろ?」とチャドの容姿について触れると母は「失礼でしょ!」と口で言いながらも噴出しそうになるのを必死で堪えていました。
私とチャドが「笑ってもいいんですよ」というと元気良く笑っていました。酷いよママ。


そっからは古い町並などを私のグリーンホテルで養った高山ウンチクを聞かせながら観光して周り、高山のみたらし団子は甘くないことや酒蔵がたくさんあることに始終嬉しそうに感動しているチャドをみながら、私が今付き合っている人がこの地で育った人ではないことに不思議な感覚を覚えました。

でも、私が始めて彼の実家に行った時に感じた、あの何とも言えない嬉しいような愛しいような気持ちを、今感じていてくれているのかなと思ったら急に気恥ずかしくなりケツを触ってみました。殴られました。


何はともあれチャドは高山を大変気に入ってくれたようで、「また来ような」と上手な日本語で言ってくれました。
次は高山祭の時期に一緒に来て、もっと高山のよさを知ってもらおうと思います。ムコー!!!

チャド高山へ【前半】 

2006年08月25日(金) 14時30分
先日夏休みを(勝手に)頂いて地元高山に帰ってまいりました。

最後の2日はチャド(日本名:けんじ)ことマイ彼氏が高山に来ました。

可哀想な都会の青年は今まで釣りをしたことがないというので、1日目は富山で海水浴+釣りを楽しみました。
途中寄ったタイムリーで朝ご飯を買い、駐車場の地べたでおにぎりとカップラーメンをすする姿は「遅れて来たヤンキー」。くそでかい蜘蛛を見つけて興奮するチャド。これこれ、食べては駄目よ、と忠告するわたし。


早朝富山に着き、釣り竿の扱いも知らないチャドにいいところを見せようと、「これはな。こうしてな。・・・あ?」と戸惑っている私を見かねて富山の釣り人達が助けてくれました。だって今までお兄ちゃんか彼氏が全部やってくれてんもん!ウチ悪ぅない!

親切な釣り人のお陰でなんとか小アジも沢山釣れ、じゃあ汗流そうじぇー!と海水浴へ。
海でちゃぷちゃぷ遊んでいると、そこに酔っ払ってやたらテンションの高いロシア人がおり、好奇心旺盛なチャドは早速仲良くなり、テトラポットから飛び込み対決をしだした。
怪我でもしんければいいが・・・と思いながらも波に揺られ、お酒も入っていた私は浮き輪の上でうとうと・・・

すると、「誰か人呼んでー!!!!」というチャドとロシア人に混じって遊んでいた怪しい異国人×2に心を開く何ともオープンな地元の少年たちの助けを求める声が。

まさかチャドが?!と思い急いで泳いで行くと、頭から流血したロシア人が。
流血の仕方が半端なかったので、安心する間もなく急いで救護室と書いてある海の家までダッシュ。

「すいません、怪我人です!!!」と私が叫ぶと、「今行く」と奥から登場したのは、頭に鉢巻をしたステテコ肌着親父。

オイ・・・お前さっきまで焼き鳥焼いてたよな?

と色々と突っ込みどころもあれど、まあいいやこっちです!と誘導するも、変な意地のあるロシア人は何とか陸に上がり、ノープロブレムノーーープロブレム!と言いながらスタスタ歩きよる。頭からすんごい血流しながら。

そんなアクシデントもあれど、二人とも海を楽しみ真っ黒に日焼けして帰ってきました。

その夜は私のパパこと支配人にお願いしてグリーンホテルに泊まり郷土料理と地酒を楽しみ、またもへべれけになってしやわせな気持ちで眠りにつきました。
後半へ続く

婿取りブログ、始めました 

2006年08月25日(金) 9時34分
ついに私もブログ始めました。

今までミクシで日記とかつけてましたが、ミクシやってない友にも普段の私の日記を読んでもらって身近に感じてもらってあわよくば愛してもらおうとあわよくば抱いてもらおうと。あわよくば。

ただし、ブログの作り方ってのを分かっていません。
蜂賀や弘美のブログ見る限り、絵文字や顔文字を使って装飾出来るようですがそれは慣れてから後々。


ここはきっと本当に仲の良い友達しか目にすることはないだろうから誰も知りたくないような私の生活や想いを赤裸々に書いていこうと思います。(多分大方下ネタです)
彼氏すら知らんから書きたい放題や!


そうゆうことで宜しくね!あわよくば!
2006年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像とも
» 今夜は長い夜 (2007年02月20日)
アイコン画像しまだまい
» 今夜は長い夜 (2007年02月17日)
アイコン画像ともみ
» 今夜は長い夜 (2006年12月20日)
アイコン画像ゆか
» 今夜は長い夜 (2006年12月20日)
アイコン画像ともみ
» 今夜は長い夜 (2006年09月21日)
アイコン画像ひろみ
» 今夜は長い夜 (2006年09月21日)
アイコン画像ともみ
» ずっとトモダチ (2006年09月20日)
アイコン画像ゆか
» ずっとトモダチ (2006年09月20日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lotus0620
読者になる
Yapme!一覧
読者になる