青春汁は、どちらかと言えば苦い 

June 12 [Mon], 2006, 20:59
この時期は、正月の次に太る時期。
晴れた日は、外で身体を動かさないといけません

流し方向にも強い打球を打てるような、強靱な身体をつくりましょう。

振り絞れ青春汁

梅雨入り 

June 08 [Thu], 2006, 3:06
梅雨…

狭い部屋で、おすもうさんと二人になりたくはないかな。

怠慢な詩 

May 04 [Thu], 2006, 23:58
3月から更新してなかった!!…とか普通に驚いてみたり。
この程度じゃ、動じませんよ。

ま、明日からまた書くかな。
ぼちぼち、ぼちぼちとね。

太助の生涯 

March 17 [Fri], 2006, 19:43
その虫は、千葉県に生まれた。
虫の両親は、『 この世界を支配する人間と仲良く、助け合って生きていくように 』と願って名前を付けた。

名を、“太助”といった。


彼は両親が望んだ以上に、すくすくと元気に育った。一日に摂取するアブラムシの量は、13gまで数えた。
彼の、父親譲りの立派な緑色の羽根は、空を裂き、その音は1m先でも聞き取ることが出来た。
彼の、母親譲りの温厚な心は、仲間達を救い、頼りにされていた。


彼は幼い頃から、ある考えをもっていた。
『 俺は、こんな小さな社会にとどまる器ではない。 』

考えを巡らせるほど、彼の鼓動は高ぶる。
一七歳になった日、彼は家を出た。


四週間後、彼は人間の民家にいた。
彼は、ファックスの上で羽根を休めた。

そこを、人間に見付かった。
民家の中で人間に見付かること。それは彼にとって、死を意味した。

「 ここまでか・・・ 」

彼の呟きは人間に聞こえるはずもなく、大人しく捕まった。

風呂場に連れていかれ、湯・・いや、熱湯を浴びせ掛けられた。

死に際に、太助が見た光景。
それは、四週間前に別れた父と母、故郷の仲間達の笑顔だった。

カニバサミ 

March 12 [Sun], 2006, 0:44
面白いゲームのサイトを見つけました。
HTMLの基本を知っていれば、カンタンに出来ます。
是非、やってみて下さい。
http://www.geocities.jp/voby1192/index.html

ゲームと言えば。。3月16日にFF12、4月6日にプロスピ3、同月20日にMOTHER3が発売されます。


以上、巷で大人気のカニ料理についてのリポートでした。

美味しいアレの作り方 

March 09 [Thu], 2006, 1:34
(1) 好きな一桁の数字を思い浮かべてください。

(2) その数から、1を引いて下さい。

(3) その数に、4をかけて下さい。

(4) 二週間ほど熟成させて下さい。

(5) 熟成させた数に、5を足して下さい。

(6) 焦げ目がつくまで焼いて下さい。
※お好みで、塩・こしょうを加えても結構です。

(7) アツアツの数から、3を引いて下さい。
※一見意味のない行為に見えますが、こうすることで仕上がりのツヤを生むのです。

(8) 甘辛く煮て下さい。

(9) その数に、14を足して下さい。

(10) そんなに自分を責めないで下さい。
※あなただけが悪いわけではありません。みんな、同じように感じているのです。

(11) アルミホイルに包み、レンジで約5分30秒(500Wの場合)温めましょう。

(12) ホイルから取り出し、お皿にうまく盛りつけたら完成です。
※イチゴジャムや、生クリームを添えても結構です。

自分の歴史 T 

February 28 [Tue], 2006, 1:20
自分の、ハンドル・ネームの歴史。

『ザク』

『猫坊咲』

『虎猫』

『青龍』

『Blk』(※Blackの略)

『カモメ咲』

 『ザク』ってのは、掲示板に書き込む為の一時的なアレ。ほとんど使ってはいない。そのうち仲間内でチャット等をするようになり、中1〜2の時は『猫坊咲』(友人が「犬吠埼」を名乗ったから)。本格的にHPを持つようになったその時期、表で使っていたのが『虎猫』。『黒猫』や『虎★猫』なども。HPを分担制で運営した中3時、『青龍』を名乗る。もちろん仲間は「白虎」、「朱雀」がいた。なぜか「玄武」はいなかった。高校1年くらいになり、何を思ったか『Blk』に。この時期、HPはモータースポーツやゲーム、野球などコンテンツは様々。
高1途中から、野球−千葉ロッテマリーンズ応援サイトに完全転向、シンボルアニマルのカモメにあやかり『カモメ咲』に。「咲」は『猫坊咲』の名残。
 また、裏で(名前を残したくないとき)はHN『B*B』や『B/B』を使用。特に意味はない。今ではたまに『KAMOME』などを用いる。

好きです、このCM。 

February 20 [Mon], 2006, 20:58
 私のおじいさんがくれた、初めてのキャンディー。それはヴェルタースオリジナルで、私は4歳でした。
その味は甘くてクリーミーで、こんな素晴らしいキャンディーをもらえる私は、きっと特別な存在なのだと感じました。
 
 −今では、私がおじいさん。孫にあげるのは、もちろんヴェルタースオリジナル。なぜなら彼もまた、特別な存在だからです。

暖かくなったり寒くなったり。。。 

February 17 [Fri], 2006, 22:23
三日坊主です。本当に。
そんな自分に、ブログなんて書けるのか、って話。

ほら見ろ、10日以上あいた。

ま、誰が見るわけでもないし、別にいいってことだが。


2月17日 曇り。 体調良好。

今日は・・・“217”で「ニーナの日」??あ、近所に、ニーナって雌犬がいた気がする。


・・・もういいや、5月の話をしよう。

5月は、皐月(さつき)。英語で「MAY(メイ)」。
はっは〜ん、なるほどなるほど。と、中学時代、思ったものだ。


今日は、これでおしまい。
“Bobby's Way”のように、長くて深いブログが書きたい。いや、書こうと思えば書けるか。今度書こう。

太陽さんのおかげです。 

February 04 [Sat], 2006, 19:34
 ここのところ雨が降ったせいもあり、布団から変な匂いがした。風邪を患っている人の部屋に入ると菌の匂いがするが、それと全く同じ匂いだ。人に相談し、理由が分かった。

 カビだ。

窓際で寝ていることもあり、布団が湿気を吸収したのだろう。

 どうする?

なんてことはない。今日は陽がさしていたので、布団を干した。


…こうして、布団の匂いはとれた。島にも平和が戻りましたとさ。めでたしめでたし。
2006年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lotte_flavono
読者になる
Yapme!一覧
読者になる