尾上だけどやよい

May 17 [Tue], 2016, 18:54
妊活中の女性に対して、厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。そのため、十分な葉酸を摂取できない場合は、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症する可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。こうした事を踏まえ、妊娠する前から妊娠3か月までの期間は、普段の食事にプラスして、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。妊活中の話ですが、本を買って「産み分け」について学びました。上の子が男の子でしたから、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。本に載っていたように、排卵日を特定した後うまくタイミングを合わせたりしながら、産み分けを実践していました。その後、無事に妊娠し、性別が判明する時までは期待と不安が入り混じったような気持ちでしたが、赤ちゃんが女の子でしたから、主人もとっても喜んでいました。産み分けのおかげだと思っています。葉酸は、妊活中や妊娠初期の女性に不可欠な栄養素だという事は、みなさんご存知かと思います。しかし、いかに大切な栄養素であっても、過剰摂取は禁物ですから、一日の適切な摂取量を守って下さい。なかでも、サプリによって葉酸の摂取をしている方は特に注意が必要です。なぜならサプリは普段の食事で摂取できる葉酸に比べて、遥かに多くの葉酸が含まれています。それゆえ、簡単に大量摂取してしまう危険性がある為、正しい飲み方で摂取するようにしましょう。葉酸の過剰摂取によって、胃腸がダメージを受けるため、食欲不振や吐き気などの副作用が出ることがありますから、注意してください。また、赤ちゃんへの影響はどうかと言いますと、喘息になりやすいといったケースがあります。胎児が元気に成長するために最も重要な働きをするのが葉酸です。食事による摂取が一般的ですが、簡単に適切な量の葉酸を補給できる、という点では葉酸サプリを飲むのが良いと思います。いつまでサプリを飲み続けるのか、という問題ですが、多くの場合、妊娠前から授乳期を過ぎるまでサプリでの補給が望ましいとされています。妊娠期間中、葉酸が最も不足しやすいのは、「妊娠初期の3ヵ月間」ではありますが、赤ちゃんだけでなく、ママの健康を支えてくれる点においても必要な栄養素なので、受胎時には十分な葉酸が補給できているように、妊活時から飲み始めて、授乳が終わるまでサプリを活用するのが、最も葉酸を効果的に働かせる飲み方だと言えます。妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂取することで胎児の健やかな成長を促し、先天性神経管異常といった障害を発症させにくくするという効果が科学的見地からも認められています。そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生労働省が勧告しています。実際に葉酸サプリや補助食品として販売されているものの中には、特定保健用食品として、私の周りでも、実際に妊婦さんが利用しているというケースが少なくありません。妊婦の方の中でも、葉酸を出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人が少なくないですよね。実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、調理の際の加熱によって大事な葉酸が失われてしまうこともあるんです。一日の葉酸の摂取量を、食材から計算したとしても、不十分かもしれませんので、気を付けてください。妊活中や妊娠初期の女性にとって、葉酸の働きは最も重要なものだと言われており、国民の健康に関する業務を管轄している厚生労働省が妊活中の方や妊娠中の妊婦に対して、積極的な摂取を呼びかけているほどの効果があるのです。葉酸は水溶性ビタミンの一種ですから、尿や汗と一緒に体外に出ていくので、体内に溜まっていくことはほぼ無いと言っていいでしょう。ですが、葉酸をたくさん摂ればいいのかと言うと決してそうではなく、過剰摂取によって発熱やかゆみ、あるいは呼吸障害などの重大な副作用に繋がる恐れもあります。葉酸サプリは食事での摂取に比べると、過剰摂取に陥りやすい側面もあります。葉酸サプリを飲む場合には、提示された規定量を必ず守るようにしてください。妊娠しづらい状況を改善するためには、食生活から改めるのも大事でしょう。栄養をもとに卵子も精子も作られているので、食生活が良くないのを放置していると、充分な活動量を持つ精子や卵子は、あまり期待できないでしょう。妊娠を望むなら、まずは体作りです。栄養バランスの良い食生活を大事にしていくといいでしょう。不妊の根本的な原因は、排卵がうまくいかない排卵障害や、受精しても子宮に着床が困難であるといった女性側要因と、造精機能や性機能の低下ないし障害があるといった男性のほうに起因するものが考えられるでしょう。原因といってもこのように複数あり、男女どちらかのせいにするのは非現実的です。ほかの要因を放置して妊娠の時期を逸することがないよう、女性のみならず男性も検査を受けることが、とても重要な意味を持つのです。妊婦さんにとって葉酸が大切だという話を耳にすることが増えてきました。葉酸は胎児の健やかな成長を促すために欠かすことの出来ない栄養素だと言われています。しかし、もしも、葉酸を適切に摂取しきれなかったとすると、お腹の中の赤ちゃんに、どのような影響があらわれるのでしょうか。葉酸には、細胞分裂を促す働きがある事が分かっていますから、葉酸の摂取が不十分ですと、胎児の細胞分裂に影響が出るために、先天異常を発症する可能性があるというデータがあるのです。ほかにも、ダウン症予防に効果があると言われていますから、是非、葉酸の摂取を心がけてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:美月
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lostrfo5u0eift/index1_0.rdf