風魔のおきて 

2011年07月25日(月) 23時08分
林彪と項羽が死んだ。

実戦で人が死ぬということ、言葉では聞いていた。
里の中で、戦死した人の話を聞いたことがあった。
死は隣りあわせだと聞いた。
でも、実際には自分の中で死ということが自分のそばにはなかった。

実際林彪が死んだとき、項羽が死んだと知ったとき、俺は呆然とした。
でも、みんなが何も思わないそぶりを見せていて、俺はそれにも驚いた。
特に、同期の麗羅が何事もないようにすごしていたのが特に驚いた。
やさしく明るい麗羅。俺と同じように今回のことに呆然としているはずなのに。

「麗羅」
俺は、耐え切れずに麗羅のところへいった。
「何?小次郎君」
いつもと同じ麗羅の笑顔。なぜ、どうして。
「あの、さ」
「うん?」
同期で一緒に修行して、いろいろなことを話したと思う。
切り口が違いすぎて話が噛み合わないことも多かったけど、でも。
でも、このことだけはわかってくれるはずだ。
そう思っていても、口は動かなかった。
「林彪と項羽のことなんだけど・・・」
「・・・うん」
麗羅の口調も曇った。
「風魔のみんなは戦って死んだ人の思いをその人を生きている人が語る。そうやってみんなの中に林彪さんと
項羽さんは生きてるんだよ。」
ね、小次郎君。という麗羅はいつもよりもよどみなく一気に言葉を発した。
「麗羅。なんだか、機械みたいだ」
「そんなこと!!」
急に怒鳴った麗羅に驚いた。でも、怒るということは・・・、
「麗羅、もしかして、図星だったりする?」
麗羅はうつむいたまま何も答えなかった。
俺は、意を決して麗羅に向き合うと
「里でそう習ったからとか、里の教えだからとか、そんなのはどうでもいい。麗羅の気持ちが聞きたいんだ。」
俺は続けて、
「俺は正直びびった。本当に人が死ぬんだと思ったし。また、身近にいた人がいなくなるなんて初めてで・・・、俺・・・項羽は帰ってくると思ってた。林彪だって、こんな・・・こんなことに・・・」
涙が溢れ出した。やはり俺はまだまだ未熟者なんだろう。どうしても抑え切れなかった。
もう、この後は涙で言葉が出なくなった。
「小次郎君・・・」
麗羅は、そんな俺を抱きしめてくれた。暖かな腕に頭を抱きしめられる。
「こ・・じろう・・くん」
そして、頭に当たる水滴。
「忍は、感情を・・・押し殺すもの。・・・そう聞いて・・・そうやって育ったけど・・・今くらいは、いいよ、ね」
麗羅も泣いていた。無理して、感情をずっとずっと押し殺していたらしい。
「ああ」俺たちまだまだ未熟者だな。といって、俺たちは少しの間抱き合って泣いた。
少しの沈黙ののち、
「おれ、どこかで泣きたかったのかもしれない」
「無理しないで。いつでも僕が付き合ってあげるよ。」
「ああ、でも、もう、こんな思いしたくないな」
「そうだね。」僕たちもがんばらないとね。と麗羅はいつもの暖かな笑顔に戻った。

それから、ほんの少しだけしかたっていないのに・・・、
「麗羅!!お前死ぬなよ!!」
自分の目の前で麗羅が死にそうになっている。
麗羅は自分の事よりも他人をまだまだ考えている。
最後まで、俺の心配までして。
冷たくなった麗羅の前で俺はどれだけ泣いただろう。気がつくと夕暮れだったはずが
もう、真っ暗になっていた。
『僕の想いは小次郎君の中で生き続ける』
麗羅の想い、目の前で聞いた俺だから、麗羅の想いを語ることができる。
麗羅の想いを、俺に話してくれた日々の麗羅の想いを思い返してみる。
麗羅は、俺に何を伝えたかったのだろう。修行の日々を、夜叉と戦った日々を。
思い返すたびに、俺の前には笑顔の麗羅が出てくる。
そして、暖かな腕で抱きしめてくれたことを思い出す。

「麗羅のおかげで、風林火山マスターできたぜ」
なっ、というと、麗羅が笑ってくれた。
「すごいや、小次郎君」

俺たちの敵をとって、この戦いに終止符を打つ。
だから、見ててくれよ、麗羅。

なんで、僕? 

2011年07月25日(月) 23時07分
ちょっと休憩しまーす。
という声で、戦国鍋TVの収録がいったん止まる。
テープチェンジもあるだろうけど、
8回分の収録はさすがに大変。

「どう、意外とハードだね」
「良大君もそう思うの」
「こんなに忙しいのも、なかなかないよ」
戦国鍋TVの立役者、とか、戦国鍋の代名詞になってる
良大君が今度演じるのは信長。
史実でも、良大君と早々身長が変わらない事もきっと決め手なんだろうけど、
良大君はこのコーナーで4役もやってる。
本当に彼はこの番組に愛され、良大君もこの番組が好きなんだろうな、なんて思う。

「でも、どうして蘭丸役僕なんだろ」
なんとなく、声に出てしまった疑問。
「なんでって、どしたの」
良大君に聞こえてしまったみたいで、僕の独り言を聞き返す。
「いや、さ。僕良大君よりちょっと背が高いし歳も上だし、蘭丸役僕でいいのかなって」
「あぁ」
良大君は気のなさそうな返事をすると
「だって、蘭丸は見目麗しい男の子だったんでしょ。ヒロキ君ぴったりだと思うけどな」
「でも、そしたら、もう少し良大君より小さくてかわいい子だっているじゃない」
ん〜、と良大君は唸ると
「プロデューサーからさ」と、おもむろに話し始めた。

良大君はプロデューサーから信長役のオファーをもらったときに同時に聞かれたらしい
「蘭丸役誰か推薦ある?」と。
いろいろ考えて、出てきたのは僕の名前だったらしい。
「そうなんだ・・・」
僕は、いつも良大君の少し後ろを行くのだろうか。
ドラマデビュー作は同じだ。でも、彼はその作品に主演で出ている。
同じ作品でデビューとなると親近感は沸いたんだけれど、ちょっとうらやましくもあった。

「あのさ」
考え込んでいた僕の耳に良大君の声が届いて、顔を上げる。
「確かに俺はヒロキ君を推薦したけど、最終的に候補者何人かいたらしいよ。
中には、ほかのユニットの人も。まぁ、プロデューサーは実力主義だから、俺の一声で相方なんてきまらないよ。」
さすがにそこまでの力はないよ。というとにかっと笑顔を僕に向けた。
「この役がヒロキ君に決まったのはヒロキ君の実力だし。僕はヒロキ君でよかったと思ってる」
「ぼくで?」
「だって、ヒロキ君とは縁があっていろいろ共演してるし、役を膨らませやすいし。やっぱり安心して馬鹿なことできるしね」
なんか楽しくない?この役。と心底楽しそうに話しかける良大君は僕よりもかなり幼くみえる。
「ありがとう、良大君。僕もこの役楽しいよ」
でも、と僕はいうと
「何で僕の思ってることわかったの」と聞いてみた。今度は声には出てなかったはずなのに。
「顔に書いてあったよ。良大君が言ったから僕になったのかなって」
「えっ」
「わかりやすいもの、ヒロキ君は」
相変わらず楽しそうな良大君を見ていると、自分の悩みが小さなものに思えて、
それよりも今、自分がやるべきことは、この役をよりつかむことなんだろう、と思えるようになってきた。
なんて考えていたらおもむろに良大君が
「ヒロキ君のすらっとして、中性的な顔立ちうらやましいんだよ、おれ」
俺ってこんなだから、この番組以外だと結構やれる役限られちゃうんだよね。と言い出した。
「そんなことないよ!僕も良大君のこと、その、うらやましいんだよ」
「そうなんだ。」
と良大君はちょっと驚いていうと、
「ヒロキ君を推薦したのは俺だけど、実力のない人間を推薦したりしないから。俺、ヒロキ君の演技すごいと思うから。」
と、ちょっと本気モードで話し出した。
「良大君・・・」
「収録再開します!!」話しかけたと同時に再開の声がかかる。
「行こう、ヒロキ君」『行こう、おらん』
良大君の言葉が2重に聞こえる。
「のぶなが・・・さん?」
「うん?もう役に入ってるの、ヒロキ君はすごいね」
そこには、僕のほうに手を出している、いつもの屈託のない笑顔の良大君がいた。
確かに聞こえたあの声、僕たちは昔々、本当に信長と蘭丸だったのではないのかと思うくらい。
「良大君。僕も君が信長役で良かったと思ってる」
「ありがとう」というと、僕の手をとって

「なんだか、俺たち本当に前世は信長と蘭丸だったりしてね」

はれの日 

2011年07月25日(月) 23時06分
今日は、信長と蘭丸の・・・というか、ミュージックトゥナイトに出たユニットの総出演ライブです。
信長も蘭丸も今日という日を楽しみにしておりました。

「はーいおはよう」
陽気に挨拶をする信長。車を降りて楽屋へ行こうと蘭丸を誘うと
「僕は車を止めてからいきます」
と、いうと信長は寂しそうに考えた後、
「じゃ、俺も行こうかな」
と乗り込んで、自分で扉を閉めて、しかも身を乗り出す始末。
楽屋に入っても、蘭丸は信長の身の回りの世話に従事しつつ、空き時間で振り付けの練習。
信長は余裕の表情。
そこへ、姪の浅井三姉妹がやってくる。
ひとしきり、話をするとスタッフに叔父馬鹿全開で語りだす、と同時に蘭丸の機嫌が悪くなる。

「えっ!!ちょ蘭丸?!ちょっ蘭丸大丈夫だって〜。蘭丸が一番なんだから〜」
「べつに、気にしてません・・・」
「いやっいやいや!何?ちょっと、すねちゃったの?すねちゃったの?」
「別に・・・」
ひとしきり、すねてるすねてないと押し問答をしたのち
「おでこごっつんしようか。そしたら意思が伝わるからさ」
と、無理やりおでこをくっつける
「ほら、すーき、すーき、ね」
蘭丸も納得したようだった。

「さいご・・・か」
やはり、戦国時代を代表する織田信長とあれば途中で出ることなんてありえない。
わかっているが、いやおうなしにも緊張感が増してくる。
「大丈夫だよ、おらん」
信長は、蘭丸の気持ちを察したのか、硬い表情の蘭丸に声をかける。
「信長さん・・・」
「だって、二人で何回も練習したじゃん。聡明なおらんなら大丈夫だよ」
というと、髪をなで、手を握り、緊張をほぐそうとスキンシップにいそしむ。
信長の体温が伝わってくると蘭丸は不思議と安心する。今回もそうだった。

スタッフのそろそろ出番という声に促されて舞台袖に立つ。
舞台袖でも寄り添うように立っていた。お互いの体温がよくわかる位置で微笑みあい、
「最高の思い出をつくろうな」と蘭丸に話しかける。蘭丸は微笑み「はい」と返事をする。
そして、信長と蘭丸のステージが始まった。
振り付けのレクチャーを終えると、歌が始まる。
『聡明なおらんなら大丈夫』
蘭丸の頭の中に、その言葉が響いた。
歌もそろそろ終わろうとしたとき、蘭丸が振りをひとつ飛ばしかけてしまった。
似た振りだったため、表面上取り繕っていたが、一瞬表情は崩れた。
信長はそれを見逃さなかった。
信長は、ラスト直前で振りをやめ蘭丸の腕を取ったのだ。
驚く蘭丸、しかし蘭丸にその意図が伝わったのか、すぐとけるような笑みと信頼のまなざしで信長を見た。
そして、最後までステージをやりきったのだ。

「僕は、アンコールには出れません」
「どしたのおらん」
急にうつむく蘭丸に信長は意図がわかっていながらも声をかける。
「一番最後で失敗をしてしまいました。しかも信長さんに取り繕っていただいて・・・」
失敗をした自分に信長やさしい、でもその優しさがつらかった。
「お客さんはわかってないよ。おらん。失敗というのは取り繕えなくなって始めて失敗だから」
ね、と信長は蘭丸を見て微笑む。
「でも・・・」
「いいから、お客さんが待ってる。いくぞおらん」
というと信長は蘭丸の手を引き一番でステージに上がる信長。蘭丸は手を引かれてうつむくことしかできない。
暗い表情を見せることができずに、光を一身に浴びて、歓声を一身に浴びてステージに立つ。
「見てごらん、おらん。みんなが手を振ってるよ」
というと、ほらあそこ、ほらこっちもと、笑顔で客席を指差す。
顔を上げるとみんなの笑顔がそこにあって、蘭丸も笑顔を取り戻した。

帰りの車の中、運転を明智マネージャーに任すと後ろの席でまだ手を握り合っている。
「おらーん、今日もよかったよ。また、蘭丸フォルダにデータが増えたよ」
「信長さん・・・。ありがとうございます」
「また、ひとついい思い出ができたね。」
「はい」
はにかむ笑顔の蘭丸の頬をなでそのきれいな唇に信長が触れようとした時
「信長様お食事どうされますか。宿場へまっすぐ向かった方がよろしいですか」
と、明智が急に話し出した。蘭丸はあわてて赤くなりながらいずまいをただす、
信長は、怒りに任せて明智を怒鳴りつけた。

「っんとに、お前空気読めよ!!」

村井良大にとっての鈴木拡樹について 

2011年07月25日(月) 23時04分
ひとつだけ気になることがる。
村井良大にとって鈴木拡樹とはどういう存在なのか。

オフにあっているような話はないのだが、まあ、村井がオフに役者仲間と会うことは
そうないような感もあるが、最近までオフは家にこもる生活だと明言しているし。

しかし、一緒に仕事すると必ずブログに載せてくる、鈴木の名。
ほかの風魔キャストと仕事をしてもそこまでブログには載らないのに。
共演回数が多いというのもあるのかもしれないが。
年一で仕事をしているというくらいだから、よほどの確率だろう。
でも、最近に至っては、徳川で共演した学さんのことも
これから共演する霧風のこともブログには出てこない。
でも、麗羅・・・、蘭丸については写真が出たりしている。
今回の共演がずっとべったりな関係だから仕方のないことかもしれないが。

風魔の最終オーディション、小次郎と麗羅がそのままの役で読み合わせをしている。
二人でそのまま役柄が決まった、そして二人ともその作品でドラマデビュー。
麗羅は最初こそ人見知りなのか、同じ事務所の白虎とともにすることが多いのだが、
最後には風魔キャストにずいぶんなじんでいた。
小次郎はいろいろな人と話をして、主役だけ会って話の中心にいた。
だから、同じ風魔同士仲良くなるとは思ったのですが、それ以上だったのか。

DVD3巻の撮影裏、最初のほうに本当にワンカットなんだけど、
言葉なく抱き合う二人がいた。
麗羅は寂しいのかなと思っているのか笑顔で背中をたたくのだが
目を閉じて抱きついている小次郎が最後開けた目は、俺の物だって強い意思があったような。
・・・、気のせいだろうけど。

同期って思い入れが強い。最終オーディションから一緒だったから余計に。
そして、ドラマの中でも同期。
話の輪の中にも入らないのに、入ると笑いを掻っ攫う。
不思議でミステリアスで、好奇心をそそる、それが麗羅だったのかもしれない。

お互いのブログを見ていたり、お互いのブログをわかる人にはわかるように宣伝したり。
彼らには、友情というか、何か特別な感情があるのだろうと思う。
BLとかそういうものではなくて、友情をこえた絆。
そんなものがあるのではないかな。だから、信長と蘭丸が突き抜けてるんじゃないかな。
そんなことを思う。

ちょっとおそくなりました 

2009年11月04日(水) 0時21分
神楽ちゃん誕生日でした。
神楽ちゃんだけは毎年書いてて、
もう3回目になってしまいました。
吉原の件を基にしてちょっとこんな誕生日もありかと。
まぁ、誕生日前の神楽ちゃんの葛藤、的な。
神楽ちゃん、誕生日前の話し多いなぁ・・・。

私にとって怖いもの 

2009年11月04日(水) 0時17分
ああ、また『あの日』が来てしまう・・・。

夜中、神楽は飛び起きた。寒い季節にもかかわらず汗をびっしょりかいて。
整わない息がまた自分を不安にさせる。
最近の夢見が悪い、最悪だ。神楽はそう思いながらカラカラののどを潤しに台所に向かった。
台所には偶然銀時もいた。
「おう、神楽ものど渇いたか?」
のんきな声に、この現実がまだ壊れていないことを感じる。
「この季節は乾燥してしまうアル」
何気ない会話に不安な気持ちがやっと落ち着いた。
二人で水を飲んで、お互いの寝床に戻った。

神楽が最近見る夢、それは銀時と新八を殺す夢だった。
夜兎にとって殺すと言うこと倒すと言うことは当たり前のように
隣あることだった。しかし、神楽は違う。
自分を変える、夜兎の血と戦うそう考えている神楽には、
守りたい相手を手に掛けることは絶対しない。
神威との再開、夜兎の自分が少しでも出てしまった今、
神楽は神威と同じ道を歩むかもしれない、そう考えることもあった。
その不安がその夢に向かわせるのかもしれない。
夢の中で二人を殺しながら神楽は心底楽しそうに笑うのだから。

「そろそろ神楽ちゃんの誕生日だね。おっきなケーキ作るからね」
翌日、新八は神楽に笑いかけてそう言った。
神楽の誕生日を楽しみにしているのだろう。
「・・・、わかってないアル。」
「ん?どうしたの?」
思いつめた顔してるけど、不安そうに覗き込む新八に
「これだから、新八アル。レディーに年齢の話題なんてデリカシーないアル」
と、わざとおどけて見せた。本当は、夜兎の血を親殺しの風習を
自分も行ってしまうのではないかと、その不安をよそに楽しみにされるのが嫌だったのだ。
だから新八ってどういうことだよ!!と突っ込んだ後
「でも、ケーキは食べようね。」と、新八は笑顔になった。
その笑顔を見ていたくなくて、
「ちょっと出かけてくるアル」と、万事屋をでた。

設定背景 

2009年10月13日(火) 22時23分
ということで遅くなりましたが銀さんバースデーです。

設定背景は、現在の銀魂世界よりもちょっと後の世界。

近藤と妙が結婚して沖田と神楽も結婚して一緒に暮らしてます。

それで、銀さんは一人になってます。

ということで、8月の新八の誕生日のその後の話になります。

一生分のプレゼント 

2009年10月13日(火) 21時52分
万事屋、本日臨時休業。

そんな張り紙を張って、銀時は家の掃除に勤しんでいた。
自分の誕生日、だからではない。
銀時愛しの新八が今日から万事屋にすむことになったのだ。
「銀さーん、トラックどこに止めたらいい?」
外から聞える声に、玄関を開けると
「そこに置いといてくれ」と、笑顔で言った。
「なんだい銀さん、嫁さんでも攫ってくるのか?」
と、トラックの持ち主の親父がニヤついて聞いてくる。
「ちげーよ。うちの従業員が越してくるのよ」
と、一蹴した。
「ふーん。しかし、ずいぶん楽しそうだがねぇ」
「いいじゃねぇかよ」
と言いながら時間を見て、銀時は慌てだした。
「それじゃ、時間だから借りてくな。ありがとよ親父」
言うや否や、トラックに乗って走り出した。
「壊さず帰してくれよ〜」
と、親父は銀時に向かって叫んだ。

遅くなりましたが 

2009年08月14日(金) 16時00分
8月12日は銀魂の眼鏡男子新八の誕生日でした。

いやー、書いたのにあげるの忘れてた〜。

これは、銀さんの誕生日に話をつなげようと思います。
基本的に銀さんには新ちゃんだと思ってますから。
人一倍他人を慮る新八のやさしさが見ててほっこりするんです。
いい子だなこの子って本当に思うこと多くて。

去年、銀さんの誕生日にトッシーネタ書いてしまったので、
今年こそは、新ちゃんとの誕生日にしようと思います。

決意の日 

2009年08月14日(金) 15時55分
(設定としては、銀魂の世界の5年後くらい。近藤と妙が祝言を挙げて恒道館に同居している)

「おかえりなさいませ、姉上」
「ただいま新ちゃん」
そして、飛び切りの笑顔で
「お誕生日おめでとう新ちゃん」
と、姉上は僕を祝ってくれた。でも、僕は決意の朝だった。

「今日は、仕事は?」
「お休みをもらいました」
「そうなの。じゃあ今日は兄弟水いらずでお祝いしましょう」
「ありがとうございます」
「じゃあ、勲さんにも早く帰ってくるように言わないとね」
姉上は嬉しそうに朝の支度を始めた。
あれから、近藤さんと祝言を挙げた姉上はダークマター以外も作れるようになった。
その部分は、近藤さんに感謝したい。そして、姉上の数々のわがままを許してくれる所も。
祝言を挙げてから僕はここを出ようとしたんだけど、経済的なものが足らなくて、
出ることも出来なかった。
そんな僕を二人はここに住んでていいと言ってくれた。
けど、その優しさに甘えてばかりではいけないとも思っていたのだ。そして、今日の日が来た。
今日なら、言えると思うんだ、溢れる感謝とともに。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:loosermoon
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1977年9月27日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
現在戦国鍋と風魔の小次郎にもはまりました。 銀魂とあわせて、マイペースに書いていこうかと思います。
2011年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像アポロ
» 遅くなりましたが (2009年08月15日)
アイコン画像loosermoon
» 今日のこの日を (2009年05月10日)
アイコン画像けるる
» 今日のこの日を (2009年05月09日)
アイコン画像loosermoon
» 彼女の事情・彼の事情 (2009年04月16日)
アイコン画像けるる
» 彼女の事情・彼の事情 (2009年04月14日)
アイコン画像loosermoon
» チャンネル争い (2009年03月23日)
アイコン画像けるる
» チャンネル争い (2009年03月23日)
アイコン画像
» 9月の生まれは (2008年09月04日)
アイコン画像
» ヒラエルキー (2008年08月26日)