山口光市母子殺害事件 死刑制度 最低裁判所 国家権力

May 08 [Fri], 2009, 1:19
私は2回も国策的、恣意的に実刑の冤罪にされ、合わせて4年投獄された上に、人権蹂躙までされまくられ、出所後も西成警察署の刑事にも暴行、リンチを加えまくられるなど、日本一と思えるほど目茶苦茶酷い目に遭ってきた者です。

詳しくは『冤罪』や『投獄』や『人権蹂躙』や『国家犯罪』や『不当判決』や『最終陳述』や『虚偽告訴』や『悪徳裁判官』や『微罪』や『司法制度改革案』や『陪審員制度』や『裁判員制度』や『アメリカ支配層』や『競争』や『総選挙で政権交代』や『民主党による政権交代』や山口光市母子殺害事件』や『死刑制度』や『あいりん地区』や『世界支配を企む連中』や『アメリカ支配層の実態』や『国家権力』や『池田大作の実態』や『最低裁判所』や『国家権力の実態』や『ロンリーフリーマン』で検索してください。

腐りきった国家権力と闘い、再審請求や告訴を行い、司法制度改革案を広め、この日本から冤罪や量刑不当や不当逮捕や不当起訴や人権蹂躙や、国家権力側は犯罪を犯しても立件すらされない、渋々されても無罪か非常に軽い刑などをなくす活動をするために寄附を募ってますので、心ある方々は次の口座まで寄附をお願いします。

三菱東京UFJ銀行、萩ノ茶屋支店、普通、1146334、タカダヤスヒロ。



山口光市母子殺害事件や死刑制度や最低裁判所や国家権力について述べます。


山口光市母子殺害事件の裁判、判決についてだが、権力者の虐殺や戦争などで何百人、何万人市民を殺しても罪にも問われない連中もいる地球社会で、
そして冤罪の受刑者も含まれる受刑者が刑務官に殺されても執行猶予付きになったり、国家権力の権力者などが犯罪を犯しても、刑法が適用されなかったり、立件されない事も多くある中で、
時にはあまりにも酷い目に遭いすぎて感情が爆発して、人を殺したり、その他の理由も含めて、誰でも人を殺す可能性を持っているわけであるが、
その当事者である被害者やその身内ら自身が復讐、仕返し、同じ目に合わせたいと切望し、本人らに成り代わり、国家権力に行なってもらうのは当然である、という考えであれば封建時代と何も変わらないという事になりはしないか?

キリスト教みたいに左の頬をぶたれたら右の頬を出しなさいや、憎しみ悪行には愛で返しなさいなんて教えは聖人以外不可能であるが、腐りきった国家権力のための最低裁判所や世論やマスコミに流されていないか。

単に感情論から『この被告人は死刑にされるのは当然である』と主張するのは簡単な事である。

感情も大切なものであるが、理性、寛容という事ももっと大切な事なのである。

こういう事件においては、罪を憎んで人を憎まず、というふうには中々いかないと思うが。

もちろん死刑制度があるおかげで凶悪な犯罪の抑止力になっている事も重々承知しているしこの被告人の犯行手口や動機も酷いものである事も承知している。

私は神仏の存在を信ずる者だが、たとえ遊び半分で人を殺した者でも、神仏が神仏の子であるその人間を死刑にしたいと思ったり、裁きたいと思ったりするのであろうか、良心に問うてみるべきであろう。

そしてもちろんこの幼き魂であり、社会を甘くみている本人に一番責任があるのは当然であるが、
今の国家権力やその体制、影響力のある人々や大人の言動、心を置き去りにした教育制度、親などのしつけ、社会環境やマスコミなどに何の責任も問題もないと思うのか?
この特別に悪い、おかしい被告人が死刑の判決になって、死刑制度によって死刑執行されてめでたし、で終わらせるのか。

心を置き去りにしている限り、こういう特別な人間が地球社会に現れるのも当然であろう。

もちろん私も犯罪を憎む者であるし、松本智津夫や宅間守のような凶悪犯が存在する限り消極的ながら死刑制度必要悪論者である。
冤罪がないようにあらゆる司法制度改革などを行った後、という前提でね。

この被告人が池田や森や小泉や福田や麻生らの息子や孫なら、絶対に死刑判決を受けないと断言できるね。

それほど、この法治国家といわれている日本でも不平等がまかり通っているんだがね。

腐りきった国家権力や腐りきった最低裁判所や腐りきった裁判所によってね。

死刑制度を廃止するか、存続させるかや、選挙制度の在り方や、総理大臣などを公選制すなわち直接選挙で選ぶべきかなどの国民の根幹に関わる制度などは、直接、国民の投票によって決めるべきであろう。

腐りきった国家権力のどぐされ自分党政治屋やどぐされ公暗党政治屋やどぐされ最悪学会員やどぐされ役人が、国民はそんなに馬鹿ではないと主張するのであればなおさらだね。

本音は民主党議員の多くも、国民は馬鹿だと思っている人々が多いと思うがね。

司法制度などに関し、私の言いたい事少しはわかってもらえたかな?

以上、山口光市母子殺害事件について述べました。

自分党あるいは自公の一党独裁政権が続いている間に、私以外にも、腐りきった国家権力に非常に不都合な人物が、国策的、恣意的、意図的に不当逮捕、不当起訴、わざと冤罪にされたりした事例が、捜せばたくさんある事でしょうし、中には暗殺された人々もいるかもしれません。

こういう事実があったとしても、日本のマスコミはほとんどが御用マスコミなので、世間に知らされずに闇に葬られている事件、国家権力の犯罪、国家犯罪もいっぱいある事でしょう。

まあこういう裏表で悪行を行ってきた連中は、肉体が滅びれば地獄に堕ちるしかありませんし、地球が再生されれば、こういう連中は排除されている事でしょう

地球人類、日本人の一人一人が改心し、自己利得から、共生、調和、愛の心に変わらなければ、地球人類は滅びるしかないでしょう。

平成21年5月
ロンリーフリーマンこと高田康博
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lonrlyfreeman0
読者になる
2009年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lonrlyfreeman0/index1_0.rdf