壁。(詩 

March 24 [Fri], 2006, 18:51
人生には、「壁」がある。

その壁は、人によって…”イジメ”であったり、”クラス換えや班換え”であったり
  
”転校”であったり”家庭内暴力”であったり”失恋”であったり。

     
壁は、壊しても壊しても、また壁…壁…
 
壁は決して無くならない。

    


…でもふと気づくと、自分にすごい力がついている。
  
分厚い壁も粉々にしてしまうぐらい強い。

 
それがあなたの「辛いコトを乗り越えたコトで得られた力」なんです。


耐えてきたから手に入れた、乗り越えたから身に付いた「力」なんです。


壁を壊していくごとに、分厚い壁を壊していくごとに得た
 

どんな壁にも立ち向かえる「力」なんです。
 



周りを見てみましょう?

永遠に続く壁を壊すコトに疲れ、逃げて

壁を壊せない人間fが無数にいることを。


何の力も無い人間が無数にいることを。

時には殺人して、強盗して、夜遊びして、イジメして、女遊びして、自殺しようとして、他人に託して。

逃げて、疲れてまた逃げて。力がつく訳がない。




逃げないで、壁に立ち向かおうよ。諦めないで立ち向かおうよ。

そうすればどんなに大きな大きな壁でも

あなた一人で壊せるから。壊せない壁なんて無くなるから。

辛いことなんて何も、無くなるから。   
       
..............................................................................................................

よくこの詩の意味が分からなかったら、壁を「現実」、力を「(精神)力」に例えてみて下さい。

..............................................................................................................

人生。 

March 18 [Sat], 2006, 19:04
公立に無事合格しました。

合格した後、私が生まれてからの人生をふりかえってみた。(大げさだけど。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

1990年 誕生。

1才…記憶ナシ。

2才…記憶無し。

3才…兄とよく遊んだ。戯れた。

4才…初めて先生という人に怒られる。(ロッカーに上ったり降りたりして暴れてたから。)
 
         〜この頃から気が強ぃ子になっていった。〜

5才…友達というのを理解できなかった。

         〜この頃からさらに気が強くなる。〜

6才…小学校入学。友達が沢山出来た。遊んだ。仲良くなった。

7才…よく学校で忘れ物をし、先生を呆れさせた。叱られた。

8才…本格的に自己中に。やりたいことはすべてゃらないと気が済まなかった。

9才…友達にハブ(仲間はずれ)られる。このときにやっと人間の怖さに気がつく。
      このときのハブがあまりにも酷かった(無視、キツイ悪口)ため、急に気弱になる私。

      〜9才を境に気弱になった私。自己中じゃなくなった。そして人が怖くなった。〜

10才…クラスで気弱になった私をイジメようとする人がいた。その人は昔の友達。ショックだった。

11才…10才の時ひととは別れたので幸せなクラス生活を送る。

12才…最高の友達と最高のクラスに恵まれ、私は気弱な人からおもしろぃ人に変わる。
      友達を沢山作った。

下につづく。↓↓
 

ふりかえってみょう。 

March 18 [Sat], 2006, 18:39
13才…中学へ入学。アニメオタクになる。イジメはまだ無かった。平和だった。
      小学校の友達がほとんどいないので、中学校での友達はほとんどいなかった。

14才…また最高のクラスに恵まれる。アニオタからプリクラ、ジャニーズ、おしゃれ好きの人間になる。
     男子からも女子からも尊敬される立場で、イジメられている人を上から見る感じだった。
      有り得ないほどの数の友達を作る。毎日幸せだった。

15才…最高のまま卒業できると思ったのに…男子から本格的なイジメに遭う。(悪口、陰口、暴言)
     14才の頃の男子もまざっていたコトが特にショックだった。
      死というものを実感した。

                そして、今に至ります。

これからの高校生活、またイジメに遭うのか、幸せになれるのかは分かりません。
不安と期待を交えながらも、今を大切に生きていきたいです…。

どうしょう;;;;;;; 

March 15 [Wed], 2006, 14:48
明日が公立の発表。。

でも…何かさっきから不吉なコトばかりおこってるよぉぉぉおおお!!!


1、とある掲示板に投稿した時間が14時44分。。。(怖。。

2、今週はほとんど晴れなのに、公立の発表の日(明日)だけが雨。。。(何で?!

3,しかも雨の日に合格発表だったけど、落ちてしまった主人公が出てくる漫画を昨日見た。。(ォカンから借りたゃつ…

4、いつもよりそれほど緊張しない。(いつもは心臓バクバクで…私立の時はすごかったのに;;

5、悪いことばかり起こる。(パソコンがバグったり出費が増えたり。。。


神様にすっごいお願いしてるけど全く意味がなぃような;;;;
どうか…お願いします!!明日私の番号がありますように!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

公立入試。 

March 07 [Tue], 2006, 20:19

3月6日。公立入試

緊張しながらも受験する。手がすっごい震えた。。。

国語。社会。数学。理科。英語。

今年は難しいな〜。。なんて思いながらも回答する。

数学は…ハッキリいって解答用紙の半分以上空白。

誰もが口をそろえて「今回の数学難しすぎ!!」

と言う。


何かもう数学のお陰で合格発表が怖い。。。。

もし受かってなかったら…とてもお金のいる私立高校にいかないといけない。。

親に迷惑駆けたくない。親に心配かけたくない。親戚に同情されたくない…。

どうか受かってますように…!!あの高校にいきたい!!公立に行きたい!!!

今年は60人も落ちてしまう…でもどうか…神様…。。。!!!お願い!!!!!!!!!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




何で運命って残酷なんやろぅ。 

February 11 [Sat], 2006, 13:12
イジメに遭うわ

不幸は続くわ。

…そのつぎは

…受験。

とうとう受験にまで不幸がやってきた。

テスト問題が難しかった…そんなのは不幸じゃない。



面接。

集団面接。 私以外の人々は完璧だった…

試験管の笑をさそったり…完璧な受け答え…


焦った私は…とにかく自分の自慢を言って試験管を引こうとした。

「夢を与えられたらいいなぁと思ってます!」「私絶対音感もちで…」 自慢ばかり。

とうとう最後には呆れられ…「失礼しました」といっても無視。

そして…ハッと気づいた…



制服の第二ボタンが空いている…!!

面接前にすこし屈んでいたときに空いたんだろう…

こんなの面接で許される服装なわけない……愕然とした。。泣きかけた・。。・・


帰り道にはカラスに笑われ…家ではつまづいてコケまくり…






合格発表は2月13日。


私が本当の不幸者かは…この日に分かる。

ふみコミュより。 

December 07 [Wed], 2005, 21:33
前から、私にキツィ陰口言ってくる男子(N)がいます。
Nは仲間をどんどん増やします。一人では何にもできないクセに。不良とかを仲間にしようと、私を潰そうと毎日がんばってます。

Nは俺の方が強いってコトを主張してきます。机蹴ったり何もしてないのに急にキレたり。こっちから見れば無駄な足掻きをしている虫みたいですw

男子って一人では何も出来ないクセになんで強がるんですかね?自分だけでたった一人の女も潰せないんですかね?

さらに燃え上がる復讐心。 

December 07 [Wed], 2005, 17:04
ま〜た言われました。「っもおおおありえなくきもいいいい」って。

前から…言われるたんびに辛くて。。苦しくて。。。

隣のクラスに入りたかったな。って…

いまもほとんど同じ気持ち。だけど。違う。

今の私には復讐心がある。。。

もうほとんど計画も決まってるし。あとは商品の配送と準備を待つだけ。

殺してやりたいほど憎いあのNに。必ずや訪れる恐怖。

…待ってろよ。。絶対許さない。。。。。。。



ちなみに、私がブログを書いているときはつらいコトがあった日、息苦しい日です。。

そこまでする?? 

December 01 [Thu], 2005, 14:04
ソコマデスルカフツウ。。。

今、テスト期間中で(明日も)テストなんですが。。。

テストになると、席が名簿順にかわり、私はクラスのほぼど真ん中の席になります。。

その斜め前にも後ろにも横にも。私の事を嫌ってる人ばかり。

特に斜め前の男子は、昨日、テストが始まる前に…

「うわっ!!近ぁぁ〜〜最悪。 くさぃんじゃ!!」

私を睨みつけながら。

テスト中も聞こえてくる。

「あああああもぉぉぉおおおぉぅっっっっとしぃいいああああ」


そして今日。。

斜め前の席の男子はテストなのに欠席。

私のキモさに耐えられないからか?私が臭いからか?

まぁ明日もどぅせ休むんだろう?


アンタなんてそのまま高校に行けなくなればいいのにねw

(。・-・。)ノ~~by-by☆'.・.・:★'.・.・:☆'.・.・:★

 

November 28 [Mon], 2005, 16:28
@今日、私の隣を通った男子(M)が「キモィ」といった後…向かったのは先生の場所。

M「せんせぇ〜〜まじぁいつキモィんやけど!!」

先生「そんなん言っても変わらへん!!さっさと掃除し!!」

M「ホンマきもぃで?ぁの女〜くさぃし〜〜。ぁいつクラスから消してぇや!!」

先生「もぅ!我慢しなさい!!ほら!掃除!!」

M「ああああもぅ目障りやしいいいいキモィキモイキモイ×20」


私は一番Mの言葉に傷ついた。
でも…「我慢しなさい」
我慢しなさいって先生どうゆぅコト??それって先生も私をキモィって決めつけてるよね??!
ふつう「そんなこと言わない!!可愛そうでしょ!!」なのに。
先生まで。。なんでよ。。。


A「せ〜のっ!キショォォォイ!!!
NとNの友達が大声で、私に向かって叫んだコトバ。
ホント、何度言われても悪口にだけは慣れない。。ツラィ。

でも…もう一切その口聞けなくしてやる。。。
復讐。だから。。。。。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:longfly00
読者になる
Yapme!一覧
読者になる