この約一ヶ月。 

June 01 [Fri], 2007, 21:40
約一ヶ月が過ぎた。

麻美はいまだに一人でいる。
少し話しかけられるといつもと同じような笑顔を見せている。
でも、会話が終わるとすぐ
寂しそうな顔をする。

何日前だっただろうか。
麻美がいたグループの主権者と思われる
春菜が、グループの子たちと話していた。

「あーまた辛気臭い顔して座ってるよ!」
「いつも座ってて何してるんだろねー」
「あーあの筆箱のキャラ、好きだったのにー。
あいつ使ってるとかふざけんな」

もちろん、聞こえるような大きい声で言っているのだ。

麻美は、すこししかめっ面をしているように見えた。

そしてついに、事件は起きた。


筆箱が

ボロボロになっていた。


詳しく書けば、
切り裂かれ、ペンで落書きされ、チョークの粉で白くなっていたのだ。
キーホルダーのテディーベアは
首から綿が出ていた。

麻美は泣いた。

そして言った。

「誰だよ、こんなことしたの」




空気が凍った



「はーい、私がやりましたー!」
ぎゃははははは

春菜達が笑う。

何かすごく鈍い音がした。

「いったー!!!」

横たわる机、痛がる春菜。

「お前の筆箱貸せよ」

低く、淡々と話す麻美。

机の中からバッと筆箱を取り、
窓から放り投げる。

外は雨が降っていて、泥水の中に筆箱が入る。

「何すんだよ!!」

「フン、何さ。仲間がいないと何もできないんでしょ?」

「自分に仲間がいないからってねたんでんじゃねーよw」
あざ笑う春菜の仲間、彩。

「群れになって行動しかできない
 あんたらよりはマシだしね」




春菜たちが、一斉に麻美を殴りだした。
殴るだけじゃない、蹴ってもいる。



皆が、唖然としてみていた。



見ているだけだった。

今日。 

May 05 [Sat], 2007, 21:39
つい最近クラス替えが終わり
今日でだいたい1ヶ月くらいがたつのだろうか

クラスには1人
いじめられている子がいるらしい

名前は、麻美(あさみ)だ。

友達は言った
「あの子、前同じグループの子ハブいてたんだってー。自業自得だよね」


そう言われれば自業自得だとも思うが
何か間違ってはいないだろうか。

だがそんなこと言える訳もなく

「へぇー!そうだよねー」

と口をそろえる自分がいるのが現実だ。

そんなのが始まって
今日でもう何日なんだろう。

あの子はこの連休何を思うんだろう。
独りでいることにより安心するのだろうか?
独りでいることが悲しくなるのだろうか?
また始まる独りの生活を思うのだろうか?

こんなことを考えることもなく
まわりの人間は過ごしているのだろう。

それが 日常なんだ

今日、開設。 

May 04 [Fri], 2007, 20:56
どこかで
こんなことを考えて
過ごしている人もいるのではと思って

漫画にあるような
“被害者” “加害者” の目線じゃなくて

第三者、そう 傍観者の目線もあってもいいのではと
思ったりして

“第三者から見た
     いじめの日記”

ちなみにフィクションですので。笑

毎日かけたらいいなと思う。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:卑山 涙衣 ひやまるい
読者になる
2007年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像mitico
» この約一ヶ月。 (2007年06月03日)
アイコン画像mitico
» 今日。 (2007年05月31日)
Yapme!一覧
読者になる