P R
有頂天家族 壱:納涼床の女神。 / 2013年07月03日(水)




どうしてだろうか、
なぜこんなにも惹かれるのか森見先生の世界に。

それは、アニメ化されようとも
その世界はその世界で
どこもかしこも同じ幸福感を得られます。

みんなが、この世界が大好きで愛していて…
っていうような想いが、ひしひしと伝わってくるというかなんというか。


原作の素晴らしさ、そのままの素晴らしいアニメでした。


"したがって、わが日常は目まぐるしく、退屈しているひまがない"
の冒頭から始まり、

OPから、

赤玉先生のお世話をする矢三郎!w

蕩れる… 蕩れるぞおっっ←


そして女体化、矢三郎の足に絡みつく矢四郎がかわいいかわいい


こののらりくらいの空気が好きです
毎週これを楽しみに生きてしまいそうだすでに…

そして、あっという間に夏が終わるんだきっと。




 
   
Posted at 13:23 / movie&TV / この記事のURL
コメント(0)
あけましておめでとうございます。 / 2013年01月03日(木)



2013年があっという間にやってきました。

皆さま、どんな年明けを… 新年を迎えられたのでしょう?
わたしは今年は、きょうだいカップルに囲まれて
新しい家族とともに迎えましたよ。

ふりかえっとく?2012ww

どんな1年だったかなぁ…


1月
高尾山で初詣。(毎年恒例)
初売りは大盛さんと行くのがもはや恒例行事

2月
おさるさんと映画3本も見に行く。
年の始めは年会何本見れるか!?という目標をたてるため
スピードスタートする。(しかしゴールまじかで失速ももはや恒例w)

3月
JKBのライブ初め。
∞にどっぷり←

4月
小人花見失敗。(張り切り過ぎるとぽしゃる傾向あり)
周りのヲタ率増加。(初陣始動)

5月
初!ラルクライブ!
仕事でとっても仲のいい仲間が増えてビールにおぼれる。

6月
年に何度会えるか?気分しだいのまなみさまと連絡がとれる。
大事なお友達の結婚式!!!
男友達らしき人が若干できる。←2012の目標!

7月
やたらとバスケ部たちが集まり出す。
カワイイ後輩ができて、仕事の仲間たちの交流が深まる。

8月
∞の祭りであまりの接近にはしゃぐ。
仕事場の先輩と仲良くなり浮かれる。
ヲタカラが恒例行事化する。

9月
遅れて来た夏祭り。
BBQとビアガーデンに行きまくる。
こび登山部始動、高尾山に登る。
妹の結婚式!
姉引っ越し。
∞ライブ、初アリーナで緊張する。

10月
飲みまくる。
仕事がガタつき、中堅の厳しさに挟まれる。
先輩になきつく。
病院にお世話になってしまう。

11月
貴族が家族になるw
まさかのまなみさんとシーに行く!!!!
初めてディズニー・オン・クラシックに行き音楽の素晴らしさを実感する。

12月
こび登山部 第2段! 筑波山に登りへたる。
一生で一番の買い物をする。
大事な友達と詰め込んで遊びに行く。


という感じでした、ざっとまとめると。
下半期がすごくドタバタと…
本当は書ききれないような事件や出会いや出来事がもっともっと…
いつもどおりな気分だったけど
こうして振り返ると、「新しい出会いがたくさんあった年」かな(^u^)

2012一番言われて、印象に残ってることは
「意外とアクティブ」www
タフだよね〜と言われたことがうれしかったりした。 なぜだか。w
そしてアクティブグッズをもらったり。

そして、すーっごく悩んだ年でもあった。
しゃべるから、結構何でも言ってるようで
真の部分は意外と外に出さないから
結構思い悩んだり考え過ぎたり…
でも、そんな性格を分かってくれる人たちに
本当に支えられたよ。
ひとつの行動をとるにも、色々と考え過ぎて動けないわたしに
どっちの答えを選んだとして間違いじゃないって
言ってくれたりして、とっても嬉しかった。

仕事が本当に本当に大変なんだけど
負担が増えるってことは、信頼が増えてるってことかなって思ってます。
今は、すっごく大変だけど自分にしかできないことが増えてきて
やりがいも感じています。
何より、その人のために頑張りたいって思える人に恵まれて
そんな幸せなことってない。
直していきたいとこは、どんな人にも間違ってること、できていないことは
指摘しなければいけない立場になったので
物おじせずに、うまく自分の意見を言えるようにならないといけない。
謙虚に強気に、頑張る。

皆さんは、仕事にプライベートにどんな1年でしたか?
一日一日を、楽しく刻んでいきましょう!
 
   
Posted at 13:31/ この記事のURL
コメント(0)
絵画と日本人。 / 2012年12月16日(日)

なんかタイトル壮大じゃない?w



2回目のアート展。
絵画ってやっぱり日本人には手の届かない存在って思っちゃうけど、
画家さんの思想と人柄と、そこに込められた一瞬を感じました。

パワーがあるって感じる。
真剣に向き合った堅さと
大好きな愛らしいキャラクターを楽しんで描くあたたかさと
いろいろなものが
一枚に込められていることが感じれたときめき。

大人になったわたしたち。
出合いって大切で
運命ってあるって思える。
どんな絵でもいいって思えるのは
画家さんへの信頼と
その空間の充実さだな。

何があったかというと
人生初、絵を買いました。
おっとな〜!w
洒落にならんくらい高かったんだが
買おうって強く思ったんだよね。

絵が欲しいってここ何年か思ってたんだけど
まあ高い絵を買うつもりなんてなくて
それこそフランフランとかのやつ。

でも、単純にこの人の絵がほしいなって思った。
独身の贅沢と笑ってくださいw

海外では絵を飾るってホント普通のことみたい。

その画家さんの言葉。

人生において遊ぶことってもちろん大切だし
僕も遊ぶのは大好きだけど
何に使ったか分からない一万円より、
一生の宝物と思えるものに使うって、とっても素晴らしいよね。


あと、お孫さんがかわいくてファンになるわw
 
   
Posted at 08:35 / イベント / この記事のURL
コメント(0)
『のぼうの城』。 / 2012年11月19日(月)



けいとばらばらレイトショー。

あみはのぼう。
けいはエヴァへ。

萬斎さんよかったー!
ぴったり!
まさに!
というか全員かなりはまり役。
そして解説も入って分かりやすい内容。

時代物って、最初の設定とか時代とか状況とかを
理解するのに苦しむんだけど
すっごく分かりやすかったです。

ずっとニヤニヤしてたわたしw
だってのぼうさまがカワイイんだもん。
そして山田のつけ髭の不要さw

ノリで急に行ったレイトでしたが
大好きよこういうの(^ω^)
 
   
Posted at 14:53 / movie&TV / この記事のURL
コメント(0)
中堅と呼ばれる。 / 2012年11月06日(火)

全体ミーティングがありました。
私が今の会社に勤めてからはじめて。

何だか色々、
責任もおわなければいけない立場で
やること多くて大変だけど
期待されているということで
頑張りたいと思います。

最近目まぐるしくて
ぐるぐるしとる〜
 
   
Posted at 22:31/ この記事のURL
コメント(0)
スライム味?!。 / 2012年11月03日(土)



遅番で素材待ちの最中
後輩ちゃんに頂いた。

なにこれカワイイ!
スライム味とかかなり怪しいけど
興味のある方は買ってみてみてw

久し振りの遅番でしたが、
予定よりずっと押した今日。
暇すぎて後輩とずっと少女漫画の話してた←

世代が違うから
色々噛み合わないけど
知らないもの教えてもらったりして
楽しかった(^ω^)
 
   
Posted at 22:49/ この記事のURL
コメント(0)
634。 / 2012年10月10日(水)



スカイツリーにのぼってきたー!

父の還暦のお祝いを
スカイツリーの展望台?のレストランでしてきました。

東京のまちを一望できて
ガラスの床でキャーキャー言ってw
久々にきょうだいにも会えて楽しかった(^ω^)

そしてそのまま
新しくなった東京駅へ。
こっちで仕事してたときは
もっぱら八重洲利用者だったから
丸の内側は健康診断に行くときだけ利用してたけど
あの工事中の様子ががらりと変貌してました!



赤煉瓦造りがカワイイ。
高層ビルとの共存がすてき。
 
   
Posted at 08:35/ この記事のURL
コメント(0)
『きつねのはなし』。 / 2012年10月03日(水)

「何が怖かったのですか?」

「夜遅くに一人で起きていて、なんだか、わけもなく怖くなることがありませんか」

「ときどき、あります」

「朝になれば、なぜあんなに不安だったのか分からなくなるでしょう。
それと同じなのです。
東京はいつも夜なのです」


森見富美彦著
『きつねのはなし』/きつねのはなしより
 
   
Posted at 23:52 /  / この記事のURL
コメント(0)
Easter Wonderland。 / 2012年06月03日(日)



会社のみんなでディズニー!

いつもの大所帯なうえに
行く前に結構どうなることかと思いましたが
最高に楽しかった!

心の癒しww

 
   
Posted at 01:41 / ディズニー / この記事のURL
コメント(0)
『幸せの教室』。 / 2012年06月01日(金)



久しぶりにレイトショーで鑑賞。
あの空気感がなんともワクワクすんだよね。
人もまばらで。

文字通りで失礼しますが、
幸せになりましたw

だいぶいい年で
急に勤めていたホームセンターを首になってしまう
トム・ハンクス演じるラリー。

彼の行動全てが
微笑ましくて、物悲しくて…
でもすごくほっこりするというか。
愛されるキャラって感じがとても愛おしかったです。

年なんて関係ない。
タイミングと自分のやる気と
悔しさと…
とにかく何かを始めるのに遅いなんてことはない。
それは、その人に大切なタイミングでやってくるんじゃないかなと思いました。

そのときに、自分が何をチョイスできるか。
一歩踏み出す勇気があるかですね。
そのために必要なことって
失敗しても大丈夫なくらいに色々持っているか、
失敗しようがどうなろうが、もうすでに守るものなんてなにもないか。

ローンで買った一軒家も
大事にしていた車も
生きるために、これからの自分のために
"今"自分に必要なものはなにか?
大切なのものは?
捨てるべきものは?

そういうことを考えさせられました。

まだまだ美し過ぎるジュリア・ロバーツに惚れ惚れするし、
大学の友達や隣人たち
それぞれの日々の生活がコミカルに混ざり合って
笑って泣けて笑って幸せになれる映画でした。


終わる前に、映画館で見れて本当によかった。
 
   
Posted at 01:06 / movie&TV / この記事のURL
コメント(0)
ABOUT ME
Care Bears
ァミです((*´∀`))
2013年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
Link
素材屋さん 素材屋さん
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!