関野のホオジロ

December 09 [Fri], 2016, 11:49
看護師の資格を得るためには、何通りかのパターンが挙げられます。看護師免許を取るためには、国家試験を受ける必要がありますが、いきなりは受験できません。
試験を受ける資格を手に入れるためには看護専門学校(3年間)や看護系の短大(3年間)や看護系の大学のどれかで、看護に関して学ぶことが必要なのです。現代は高齢化が進んで、福祉施設であっても看護師のニーズは増してきているのです。また、大手の会社になると看護師は医務室にもいて、ストレスといった精神面のケア、もしくは、健康診断や健康面での相談を実施しています。
このようなケースは、社員としてその会社や企業に入社することもありえるでしょう。


産業看護師は健康に働けるように従業員に保健の指導などをしたり、メンタルケアもして、うつ病の防止に努めます。産業看護師の募集は、一般公開されていないので、ハローワークで見つけようとするのはほぼ不可能です。
興味がある場合は看護師専用の転職HPを利用してください。そういうサイトなら、産業看護師の募集もたくさん掲載されています。



修学旅行やツアーなどに連れ添って、ケガや病気の簡単な処置や病院の手配をする看護師もいます。

子供のいる既婚者は土日に休むことができたり、夜勤がない職場を求めています。病院以外のところで働くのであれば、働こうとするところに適した専門の知識を身につけている認定看護師であるとか専門看護師の資格があると、採用されやすくなります。看護士になりたい動機は本当に何をきっかけにして看護師になろうと思ったのかを入れたら印象が良くなるはずです。転職の時の理由はこれまでに経験したことを活かしたいもっと誰かの役に立つスキルを身につけたいなど、ポジティブな印象を与えられるようにしましょう。


前の勤務先に関するネガティブなことは言わないようにしてください。

看護師の職場といえば、病院という考えが妥当でしょう。
ですが、看護師の資格を活かせる職場は、病院以外にも様々あります。

保健所で保健師と協力し、地域の住民の健康上の様々なサポートをするのも看護師の役目です。それから、福祉施設には医師が常駐しているところは多くなく、大抵の医療行為を看護師が行います。当直は看護師の場合、16時間にもおよぶ長い時間の勤務となっていて、勤務中でも仮眠をとれることになっています。

月に8回までと国の指針では定められていますが、その範囲に収めることが困難な場合が増えています。

仕事をしている病院の勤務形態では、とても不規則な生活を送るようになったり、過労になりやすいのも、離職する看護師が多い理由の一つかもしれません。看護師の転職で失敗しないためには、未来のことを考え、早めに行動を起こすことが大切です。


そして、どんな条件を重要視するのかを決定しておいた方がいいでしょう。将来の自分の姿をはっきりと思い描いて、そのビジョンに合致した転職先の情報をちょっとずつ収集してください。給与額に職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件も数え上げておきましょう。看護師国家試験に受かるよりも、看護学校卒業の方が困難だと思う人も少なくありません。

看護学校はそういわれるほど厳しく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、試験に通らなかったなどのちょっとしたことでも留年だそうです。厳しい学校を卒業して、国家試験もパスした方には、ぜひ看護師の職に就いてほしいですね。



看護師になるための国家試験は、年に1度開催されます。

看護師不足が問題となっているわが国のためには喜ばしいことに、直近数年の看護師資格の合格率はおよそ90%とかなり高い水準を持ち続けています。看護師の資格のための国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定の水準以上であれば合格できる国家試験です。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Rio
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる