バンダイナムコ、シリーズ最新作が開幕DS「プロ野球 ファミスタDS 2009」

January 18 [Sun], 2009, 15:45
バンダイナムコ、シリーズ最新作が開幕DS「プロ野球 ファミスタDS 2009」



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090116-00000055-imp-sci



1月16日22時32分配信Impress Watch写真:Impress Watch株式会社バンダイナムコゲームスは、ニンテンドーDS用カジュアルプロ野球ゲーム「プロ野球 ファミスタDS 2009」を4月2日に発売する。価格は5,040円。「プロ野球 ファミリースタジアム」は、1986年にファミリーコンピューターで発売された野球ゲーム。「ファミスタ」の愛称で親しまれたシリーズが、20年の時を超え2007年にニンテンドーDSで復活し、ファミスタファンはもちろん、リアルプロ野球ゲームファンをも巻き込みヒット作となった。本作は、2007年に復活した「ファミスタDS」をより遊びやすくリニューアルし、選手データを新しいものにした最新作。前作では実現しなかったファミスタの醍醐味である「よく曲がる変化球」、「ハーフスイング」、「ダイビングキャッチ」などが復活している。また、グラフィックスを大幅にリニューアルし、遊びやすくスムーズにゲームが進行できるようにと画面構成に工夫が施されているという。収録されているモードは、「ひとりでファミスタ」、「ドリームペナント」、「つうしん対戦」、「デッキ」の4モードに加え、「せいせき」、「オプション」といったモードが収録されている。初報となる今回は、「ひとりでファミスタ」、「ドリームペナント」、「つうしん対戦」の3モードの詳細をお届けする。■ ひとりでファミスタ全12球団+オリジナルチームの中から自分のチームを選びCPU対戦をメインとしたモード。「球場」、「コンピュータの強さ」、「イニング数」など、自由に設定することができる。■ ドリームペナントマイチームを作り、選手を育てて行くモード。試合数は「5」、「30」、「130」の中から設定することができるほか、「コンピューターの強さ」、「イニング数」などの細かい設定も自由に選択することができる。試合を消化すると結果に応じてFP(ファミスタポイント)が貰える(勝ち方によって得られるFPが異なる)。このFPを使い「ファミガシャ」で良い選手をゲットすることができる。また、試合に出場した選手は成長し、レベルが上がれば特有のスキルを覚えることができる。さらに、監督レベルが上がると「ファミガシャ」の種類が増えたり、お馴染みとなったオリジナルチームとの対戦も可能になるという。■ つうしん対戦ワイヤレス対戦ソフトを2本用意することで、ワイヤレス対戦を楽しむことができる。ダウンロード対戦ソフト1本でダウンロード対戦を行なうことができる。セ・パ両リーグの選抜チームと対戦することができる。Wi-Fi対戦Wi-Fi通信機能を使うことで遠くにいるプレーヤーと対戦することができる。(社) 日本野球機構承認 NPB BISプロ野球公式記録使用※画面は開発中のものです。最終更新:1月16日22時32分


[引用元:Yahoo[テクノロジー総合(Impress Watch)]]



セックスフレンド

P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/lojikoro6983/index1_0.rdf