【中学受験日々多感】時事問題は「参院選」「世界平和」「交通関係」に注目12ページ

January 06 [Thu], 2011, 19:24
2011年春入試も一部スタートしました。また、1月の入試に向けての出願も着実に進んでいます。さて、今回は時事問題とその対策を考えてみたいと思います。時事問題とは、その年に生じた大きな出来事や世の中の趨勢(すうせい)といったものを素材として作られる入試問題を指します。最近では、ニュースを分かりやすく解説しながらクイズを出すといった、まさに時事問題対策になりそうなテレビ番組が多く作られ、ごらんになられた方も多いのではないでしょうか。入試問題が作成される時期として8月頃を挙げる回答を多く耳にします。校務が一段落する夏休みは、入試問題を持ち寄って検討するには良い時期なのでしょう。8月までの話題、そこまでに発表された事柄が多く時事問題として取り上げられることになります。もちろん、9月以降の話題が出されるケースも多く、1995年の阪神淡路大震災では、1月17日の発生にも関わらず、2月には既に問題が出題され、驚いたことを記憶しています。今年度の注目記事とその注意点をいくつか見てみましょう。(1)「7月の選挙は要注意」−第22回参議院議員選挙は要注意です。小学校の学習内容から考えると「選挙」は重要項目で出題が目立ちます。細かいところまで出題する中学もありますが、これは07年の参議院選挙などの出題(08年春入試問題)の仕方を過去問で見ておけば大体分かります。菅直人首相の「菅」という字のミスは模試でまだ散見されます。
アイオン RMTアラド RMT信長の野望 RMTFF14 RMTmetin2 yang
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lohskcszfu
読者になる
2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lohskcszfu/index1_0.rdf