古沢と田所

February 13 [Sat], 2016, 10:25
看護師が働ける場所というのはクリニックや病院の他にも存在します。
数々の介護施設のうち、グループホームのようなところでもまだまだ看護師は足りていません。

グループホームで介護サービスを受けている方というのは、認知症患者の方であるため、気を付けて接する必要があります。特に介護関連に興味があるという場合は、グループホームへ勤務することも考えてみると良いでしょう。高給や安定性というメリットがあると同時に、厳しい仕事も多い看護師は離職率が高いです。ですから、結果的に転職率が高いと言えます。



ですから、転職サイトによっては看護師のみに対象を絞ったものが増えつつあります。これらの転職サイトを積極的に活用すれば、時間をかけずに希望に沿った求人を探すのが容易に出来ますから、日々の業務に追われてゆっくりした時間が持てない現役の看護師にぜひ利用してもらいたいです。どの転職サイトを利用すればいいのか悩む場合は、転職サイトのランキングなどを一緒に活用することをお勧めします。



看護師の資格のために受ける国家試験は、1年に1度あります。看護師が足りないことが問題となっている私たちの国にとってうれしいことにここ数年、看護師資格の合格率は90%前後と高水準を保った状態です。
看護師の国家試験は、大学入試のような合格させないための試験ではなく、一定の水準をクリアできれば合格することができる試験です。



マイナビ看護師は、転職サイトでよく知られているマイナビの系列サイトで看護師専門の転職サイトとなっているため、群を抜いた知名度で、安心感についてもいうことはありません。


そのマイナビグループの強さで、国内の看護師求人情報が網羅されており、助かります。

地方にいる方の転職や地方への転職希望者にも、すごく役立っている看護師専門転職サイトだといわれています。全国で働く看護師がもらえる給料は平均すると437万円ぐらいです。だが、国、市、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員という立場で働いているため、年収の平均は593万円ほどになります。公務員看護師は給料のアップルする率も民間病院と比較すると高く、福利厚生も十分です。準看護師の場合、看護師と比べると平均年収が70万円ぐらい低いです。

交代制で病棟勤務をしていると、土日も何もあったものではありませんが、カレンダー通りに土日祝を休みにすることもできます。
簡単なのは、病棟勤務から外来勤務に移ることで、そうすると、外来は土日はやっていませんから、看護師もお休みになります。まったく予想外の呼び出しによる出勤や、休日診療の当番が回ってくることもありますが、でも大体、土日祝日の休みは固いです。
あと、入院施設のない個人経営のクリニックとかだと、そういうところでは大体は土曜、日曜、祝日は、お休みです。自分にピッタリの看護師転職サイトを選ぶには、まず、あなたの希望をしっかりとあなた自身で知っておくことが大事なことなのです。


何も考えないで、「さぁ、転職!」と考えているようでは、自分にピッタリの転職先など見つかるはずがないと思いませんか。治療の補助や患者の各種ケアなど、看護師の業務は多岐に渡り、必要とされる度合いがとても高いですし、とても働きがいのある仕事であることは、間違いありません。
病棟のある病院では当然、24時間体制ですから、看護師も24時間、病院に滞在することになります。そこで、業務は日勤と夜勤という形に交代で勤務することになっています。


夜勤業務があるので、自然な生体リズムに逆らう生活をすることになり、うまくコントロールしないと思うように睡眠をとることもできなくなってしまいます。治験看護師は病棟の仕事仲間とパーッと飲んで騒ぐことがあります。



病院は忙しいので、みんなが集まることはなかなかありませんが、どうにか予定を合わせてどんちゃん騒ぎに参加します。


こんな患者さんがいた、こんなドクターがいた、と話は尽きないので、ストレスが昇華されて宴は大盛り上がりです。



退職金の金額を心配している看護師ももしかしたら、多いかもしれません。退職するときに看護師がもらえるお金は、国立や県立の病院では多くなります。
続いて、退職金の金額が大きいのは大学病院でしょうか。

小さいクリニックでは、多くありません。

やはり、夜間の勤務が多くなる職種なので、みんなに良い環境とはいえないですが、大規模な病院の方が待遇が良いです。一般的に、看護師が持つ悩みに多いものと言えば、職場での人間関係の難しさや勤務形態が不規則なこと等が挙げられるでしょう。
看護師には女性も多いので、派閥やいじめなど、ドロドロな人間関係が構築されていることも多いのです。

夜勤が多い勤務形態もストレスになるでしょう。

自分の健康を害するほどのストレスを溜める前に、潔く転職し、環境の整った職場へ移るのも選択肢に入れておきましょう。派遣で、看護師が働く時には、色々と良い所や悪い所がございます。まず、良い点としてはそこまで長期にわたって働かなくてよく、都合や条件に合わせて自由に他の職場に移れることです。不利益な部分は昇給やボーナスがないので、同じところで長期的に勤務するには適していないことでしょう。

給料の面で見ると、看護師は待遇がいいと思われがちですが、内実は夜勤の手当に依るところが大きいことによって総額が上がっている場合が多いです。

ですので、より高い給与を看護師の仕事で得たいのならば、勤務時間帯を重視し、日勤だけのところを避け、夜勤で働けるところにしましょう。当然ですが、夜勤の時間帯の勤務の有無によって給料の差は大きくなります。



看護師という職業は、過酷な仕事です。交代とはいえ、夜勤もあり、病院の方も経営が厳しくて、わずかな人数で回していかざるをえないのが現状です。過労で鬱病の症状が出る人も多くて、辞職率も高いです。

「白衣の天使」と称されますが、現状の業務は楽ではないようです。看護師さんはハードワークですね。
過労死を避けるように自らを気遣ったほうがいいかもしれません。
条件が満たされていなければ職場を変えることを念頭に入れてみてください。長期治療の必要な病気になれば、働くことすら、厳しくなります。あなたの体調のことは周囲の誰も守ってくれることはありません。少々手間もあるのですが、利点が多い看護師の能力評価については、近年ではだいぶ行なう病院が増えてきました。看護師の個々の能力を、間違いなく測定し、評価をつけられるよう、評価の基準になるものを、しっかりと一から作った病院もたくさんあります。
そして、この能力評価を月に一度の定例にしている所もあり、一年分、年に一度だけ行う所も多いということです。

こうして定期的にどう評価されているか知ると、次回の評価までにこうしたい、という目標ができますし、高いモチベーションを保てます。


以前は男性が看護師をしている場合に限って、士という漢字を使っていました。



ところが、今は男性の看護師や女性の看護師でも、看護師という職業に従事しているならば、師を使うように変更されています。
看護師と看護士の二つを使用していると、曖昧で分かり辛いので、一つの用語を使用するように変更されたのだと思います。かつての看護師は女性が担うものというイメージがありました。ですが、近年は看護師の名称が一般的に使われている事からも分かるように、男性が働くことも多くなってきました。看護師に求められる能力を考えてみると、こうした変化はごく自然な流れだと言えるでしょう。
女性的な優しさも大切ですが、仕事の基礎になる体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった能力も今の看護師に求められる大切な能力だと言えます。
転職する際の看護師の志望動機にはいろんなケースがあるでしょう。例を挙げると、最先端医療や高度な医療技術の習得と現場での実践経験を積むために、専門性の高い医療機関に転職したいなどの事例もあるでしょう。別の例としては、結婚して、出産などのライフスタイルに変化で、転職せざるを得ないケースも多くあります。看護師は、寝返りを打つのも難しいような患者の体の向き、位置を変えることや、一人で食事をとることのできない患者さんの介助、下の世話のような体力が必要な仕事も多々あります。

おまけに、その間にも治験看護師コールが鳴れば、速やかに応じなければいけません。

さらに、入院生活を余儀なくされている患者が少しでも楽しい入院生活が送れるように考えていくことも看護師の仕事です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Sou
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/loglelgvvmwor5/index1_0.rdf