深センの宝飾業調整策を国内に転戦する

January 22 [Tue], 2013, 12:07
貴金属やジュエリー玉アクセサリ企業標準連盟によると、国際市場の低迷の情況の下で、深センの各ジュエリー企業がリストラ策を国内市場向け。

近年、深セン宝石産業となったわが国の宝石産業の中心の本拠地および接続中外宝飾業のプラットフォームの中枢。現在、深センジュエリー企業は2300家、自社ブランド2200業界年以上、総800億元、連続長年国内市場シェアを占めてジュエリーの70%以上。

深セン市質監局副局長邝兵かつて貴金属やジュエリー玉アクセサリ企業標準連盟成立大会に強調し、「2009年に深センの宝石はとりわけ重要な年は金融危機による海外市場は困難で、国内市場では、深センジュエリーは依然として知名度が高くないが、消費者の認知能力が強くない劣勢、ジュエリー企業の協力を強化しなければならない、才能を高めリスクの能力を防ぐ。」

どのように逆境の中で生存して実現する産業の変革、深圳宝石産業は当面の最も重要な議題については、深センの各ジュエリー企業が次々と国内市場向け。深センのジュエリー委託加工型企業を適時に転換しなければならない、ただ強化の制品の品質は、ブランドイメージを固め、既存の消費市場に適応群の才能。

普林尼国際ダイヤモンド機構大中華圏市場部ディレクターとその柏强、本紙に対し、海外市場の急速な金融津波の影響を受け、大きく、国内市場は比較的遅く、小さく、現在、深センジュエリー業界が業務の重点を国内市場。どのように更に拡大する国内市場は、普林尼にとって、現在のやることは:1を製品のアップグレードを強化し、開発に本土市場の多くの製品は、デザインは多様で、ファッション、製品の多元、価格競争力を強化して、品質保証、アフターサービスを強化、顧客を保持し、既存の顧客群。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/loggcom/index1_0.rdf