オオシオカラトンボが川添

December 22 [Tue], 2015, 17:48
ご存じの通り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。ただし、問題なく医療費控除を受けられます。確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり収入から医療費を控除されます。確定申告をするときの注意点として歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が支払いの証拠となるためもらったものはしっかり取っておいて暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。多くのメリットを知られるインプラント治療。でも、そのマイナス面も知らなければなりません。全ての患者に関わるのは、高額な費用です。難しいケースでは数十万円かかることも覚悟してください。加えて、治療が失敗して健康被害が起きると、かなり深刻化する危険性も承知しておいてください。本当に深刻な例では、治療が原因で死亡することも過去にはありました。失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再び手術を行って骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、失った歯だけの治療で済ませたいという患者の希望がある場合です。ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、該当する歯の分だけ治療することになります。両隣の歯は健常なので、削りたくないという希望がある方にはインプラント治療を考えた方が良いですね。インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、極力安静を保って過ごさなければなりません。日常生活でも歯に負担がかからないようにして、負荷がかかる身体運動はしばらく行わないようにしましょう。傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、歯科医の意見を聞き、再開時期を確認しておきましょう。一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。使われるのは部分麻酔で、麻酔のために入院することはまずありません。血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院することや、複数の病院で手術することもあります。自分が当てはまるという方は、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が健全であれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。しかし、根から抜いた場合は入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。なぜ適用されないかというと、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。インプラントを埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせの調整などに時間がかかり時間に見合った医療費がかかります。治療の一部を保険適用にするだけでも、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の負担が重くのしかかる方もかなりいるようです。そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が増えています。現金で費用を一括払いする必要なく、インプラント治療に取りかかることは十分可能になりました。近年市民権を得てきたインプラント。人工歯の組成には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが必須になってきます。患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ayu
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lobjxaooebtblt/index1_0.rdf