江村だけど植木

January 29 [Fri], 2016, 22:29
人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。



外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使って作られているためです。
健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが一番良いでしょう。


今流行りのインプラント。
一度埋め込めばその効果は原則的には一生持つとされていますが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。

口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も短くなってしまいます。

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても当然、院内感染のリスクはゼロではありません。
いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが重要事項の一つになります。
感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で具体的に示している歯科医院も当然のようになっているので、調べるときは参考になるでしょう。インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。



歯磨きにも正しい仕方があります。歯科で指導してもらえるはずですから、サボらず毎日のケアを行ってください。
日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。
治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。

年々進化を続けるインプラントの技術。近頃では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、食事の際にグラグラと動いてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。



これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることの影響が多分にあります。
インプラント手術の経験と実績のある歯科を選ぶといいでしょう。
ネットのレビューなども参考になります。インプラント治療も医療行為ですが、普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、ただし、問題なく医療費控除を受けられます。



医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして収入から医療費を控除されます。確定申告をするときの注意点として治療のたびにもらっている領収書が支払いの証拠となるためなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。
インプラントの手術してからしばらくの間、自分の歯がうずく反応もよくあります。



麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周辺の歯の神経も刺激されたことが原因で時間が経つにつれておさまってくるケースが多いです。



ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、治療中に異変を感じたら間を置かず歯科医の診療を受けることを心がけてください。歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。
他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントが定着しなければ再び手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。それに、埋入手術の際には周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
混同されることの多いインプラントと差し歯。何が違うのでしょうか。

決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。
差し歯は、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。対して、インプラントは差し歯と異なり、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。インプラントはどのくらい保つのか、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保たせることが可能と考えていいようです。要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長い間自分の歯と同じように使えますが、日頃のケアが行き届かないと取り返しのつかない事態が起こってしまうということを肝に銘じておくべきです。ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントではしっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはインプラントにして良かった点の一つです。
隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい頑丈です。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。



現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、口の臭いが気になるようになったケースがままあるようです。義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、インプラントと隣の歯の間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっている可能性も考えられます。自分もそうかも、と思った方は、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。



様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。
ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば決してあきらめる必要はありません。

歯科医の腕と設備次第で、少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも相当数が治療できるようになってきました。現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で十分調べてください。歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどれだけ痛いだろうと心配になると思います。


インプラント埋入手術では、術中、強い痛みを感じることはないと思ってください。

麻酔が効いたことを確認した上で手術に取りかかるためです。麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛くなってくることもあります。



痛みに備えて、頓服薬を処方されるので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。この治療は治療費を確保してから始めなければなりません。
保険適用の可能性もゼロではありませんが、厳しい条件を満たさなければならず、治療のごく一部しか保険適用にならないのが高額の負担を強いる原因です。インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、難しい治療を受けるケースでは費用が数倍にもなる可能性があることを承知しておく必要があります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuushin
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/loateowrroip6h/index1_0.rdf