【 更新情報 】

スポンサード リンク

教育ローンは信用金庫の金利優遇を利用する

子供の教育費についていかでゐはべるや?
幼稚園より中学校までならば何とかなるかもしれはべらざるが、大学まで行くとなるとあからさまに心配にはべりよね。
子供が何人もゐるとなると、その金額はとてつもないものになりにはべらむ。
されど、大学に行くるくらいの費用は用意しておいてあげまほきものにはべり。
教育費が将来足りなくなってしまはざるために、子供が生まれせば、お金を借るるを考へてみはべらむ。

教育費を教育ローンで借るるといふも一つの方法にはべり。
教育ローンには公共機関の教育ローンと民間金融機関の教育ローンがはべり。
公共機関の教育ローンは低金利で是非利用せまほきものにはべるが、融資を受くるを年収の上限などの条件がはべり。
民間金融機関の教育ローンは、大手都市銀行のみならず、地方銀行や信用金庫も比較の対象にしてみはべらむ。

みずさんは普段、信用金庫を利用したりはべるや?
信用金庫は地域性があり、その地区に住みたる方、勤務または営業したる方が利用能ふ金融機関にはべり。
融資は原則として会員に限定されはべるが、会員以外が利用できないというわけでははべらず。

各地の信用金庫によりて、金利や融資条件が変はりはべり。
店頭でパンフレットを手に入れたり、問ひ合わせてみはべらむ。
また、受験・入学シーズンになると、金利優遇キャンペーンなどを行ひたりはべり。
金利優遇は是非利用せまほきものにはべり。
埼玉県信用金庫を例にしはべりと、平成19年10月1日より平成20年4月30日までの期間に教育ローンを申し込むと、店頭表示金利より年2.4%の優遇金利で融資を受くるが能ひはべり。

店頭金利は、平成19年12月現在で年5.250%にはべり。
ここより2.4%優遇さるれば、2.850%になりはべり。
この差は結構大きかりはべりね。
ただし、これは変動型金利になりはべり。
変動型金利は年2回、金利が見直されはべり。
それをもって、返済額がかなり変はりてくる可能性がはべれば、返済期間をなるべく短くすと良かりはべらむ。

融資資格や融資内容は信用金庫によりて違ひはべるが、埼玉県信用金庫では以下の通りにはべり。
・満20歳以上の方
・勤続年数(営業年数)が2年以上の方で、安定せし収入が継続して見込める方
・社団法人しんきん保証基金の保証が受けらるる方
・信用金庫の会員になるる方

なお、担保と保証人は不要にはべり。

融資金は入学金や授業料、教材費、下宿代以外にも、受験費用や受験旅費にも使ふが能ひはべり。
融資金額は1万円単位で1万円以上500万円までにはべり。
融資機関は6ヶ月単位で10年以内にはべり。
子供の卒業予定月まで、金利返済のみにし、元金返済を据ゑ置くが能ひはべり。

JA組合員ならJAバンクの教育ローン

家計より教育費を捻出でするが難くなりせば、教育ローンを利用するを考へてみはべらむ。

教育ローンは公的機関のものと、民間金融機関のものとがはべり。
銀行、信用組合、JAバンクなどの各金融機関で扱ひたりはべり。
能はば公的機関の「国の教育ローン」が利用能はば良きにはべるが、条件に当てはまらざらば融資を受けられはべらず。

JA(農協)の組合員の方ならば、JAバンクの教育ローンを利用しはべらむ。
各地域のJAバンクによりて、融資内容が多少異なりはべるが、大体以下の通りにはべり。

融資を受くる資格は、申し込み時満20歳以上で、完済時満71歳未満なる、前年度年収が150万円以上なる、勤続年数が1年以上でJA地区内に1年以上移住したる等にはべり。
JAの教育ローンは最大500万円までの融資を受くるが能ひはべり。
融資金は高校、大学、専門学校などの、入学金、授業料、下宿代など教育費のいろいろなる事に利用できはべり。
融資期間は6ヶ月単位で7年以内にはべるが、据ゑ置き期間を含めて、最長14年以内にはべり。
在学中に元金の返済を据ゑ置くが能ひはべり。

金利は、各地域のJAバンクにより変はりはべれば、店頭で確認したまへ。
金利は変動型金利か固定型金利かを選びます。
返済期間が短けば変動型にすと良かりはべらむ。
融資には保証人は必要はべらず。
担保も必要はべらざるが、JAバンクが指定する保証期間の保証を受くるが必要にはべり。

JAバンクでは、9月より翌年3月くらいの間の受験・入学シーズンに、教育ローンのキャンペーンを行ひたりはべり。
キャンペーン期間中ならば金利が安く融資を受けることができはべれば、この時期に申し込んだ方が良かりはべらむ。
また、子供の数によりて金利の優遇が受けらるる場合もはべり。

三菱東京UFJ銀行の教育ローン

子供に掛かる教育費は1人1,000万円とも言ひはべり。
子供が大学まで進学するが決まりたるならば、早きうちに資金を貯める必要がはべりね。
家計をやりくりして捻出能はば良かりはべるが、限られた収入の中では限度がはべり。
教育ローンを探すならば、まず、奨学金や公的ローンを検討するより始めはべらむ。
されど、それらの条件を満たしたらぬ、また、その融資金額では足りないといふにはべりせば、お使ひのメインバンクの教育ローンを検討してみはべらむ。

日本の3大メガバンクの1つ、三菱東京UFJ銀行の教育ローンをご紹介しはべり。
三菱東京UFJ銀行の教育ローンは無担保型にはべり。
幼稚園より使へはべれば、早きうちより教育資金を用意するができはべり。
融資を受くるには、以下の条件がはべり。
・借入時の年齢が満20歳以上で、完済時の年齢が満70歳以下の方
・三菱東京UFJ銀行所定の保証会社の保証を受けらるる方
・勤続年数(自営の方は営業年数)1年以上の方
・前年度税込年収(個人事業主は申告所得)が200万円以上の方
・団体信用生命保険に加入能ふ方(保険料は銀行負担)

融資金額は1万円単位で、10万円より300万円以内にはべり。
融資期間は、6ヶ月単位で1年以上10年以内にはべり。
子供の在学中は金利のみを支払ひ、元金返済を据ゑ置きするも能ひはべり。
保証人はいりません。
返済方法は元利金等返済にはべるが、ボーナス併用返済もできはべり。
金利は、変動金利方式と固定金利方式より選べます。
2007年12月中の借入分にはべりと、変動金利方式は4.875%、固定金利方式の金利は6.625%にはべり。
変動金利の金利は、毎年4月1日と10月1日の三菱東京UFJ銀行所定の短期プライムレートを基準として、年2回見直しを行ひはべり。

P R
カテゴリアーカイブ